ホーム > コラム > 知識・雑学 > 徹底的に生酛造りにこだわった究極の日本酒!山形の銘酒「初孫」の魅力
2019.5.28
日本酒

徹底的に生酛造りにこだわった究極の日本酒!山形の銘酒「初孫」の魅力

本日は山形の銘酒「初孫」をご紹介します。

「皆に愛され喜ばれる酒にしたい」という想いがこもったこの日本酒には、様々なこだわりが込められているのです!

それでは、「初孫」の魅力に迫っていきましょう!!

「初孫」とは?

「初孫」は、山形県酒田市の「東北銘醸」が造る山形を代表する地酒です。

名前の通り、初孫の誕生祝いなど贈り物としての人気が高く、「縁起のいいお酒」として高い知名度を誇っています。

●こだわりは生酛造り

東北銘醸の特徴は、すべての酒を創業以来の伝統技法「生酛(きもと)造り」で醸造していること。

もちろん初孫も生酛造りを採用しています。

生酛造りとは、空気中にある乳酸菌の力を活用して酵母を造る手法

米や米麹をすり潰し、乳酸菌の好む環境を作り出すのは根気だけでなく、かなりの重労働を伴います。
現在では乳酸菌を添加する速醸酛を採用する蔵も多いので、このように伝統を守る製法を守り続けていること自体稀なことなのだそう。

●徹底した品質管理

生酛という伝統的な製法を守る一方で、先進技術も上手く活用していることも特長。

例えば、計量や温度管理、工程制御などは機械化を導入し徹底的に管理。

人の手で丁寧に職人技を駆使することと、現代の先進技術の両立を行い、効率化と品質の安定の両方を実現させているのです。

●生酛らしくない味わいが人気!!

生酛造りは空気中にいる、自然の乳酸菌を使用するので、少し酸味のある力強い酒質になりやすいという特徴があります。

しかし、「生酛造り」でレシピや製法を少しアレンジすることで様々な味わいを生み出すことができます。

実際に、初孫には生酛由来の力強い日本酒から、さっぱりと軽い口当たりのものやフルーティーなものまでいろいろな味わいを楽しむことができるんです!

商品によって味の違いが楽しめるというところも「初孫」の人気の理由の1つと言えますね。

好みの日本酒も見つけることができるはず!

「東北銘醸」とは

「初孫」を醸す「東北銘醸」明治26年した酒蔵です。

回船問屋を営んでいた初代が酒造技術を学び、「金久(きんきゅう)」という銘柄を売り出したことから酒造りが始まります。

その後、当時の当主に長男が誕生したのを機に、「皆に愛され喜ばれる酒にしたい」という願いの込めた坂名「初孫」に改名してから全国に名前が知られるようになりました。

オススメの「初孫」シリーズ

ここからはオススメの「初孫」シリーズをご紹介していきます。

●初孫 輝く星座8205

山形オリジナルの酒米「出羽の里」を使用した1本です。

吟醸の華やかな香りと、程よい旨味、スッとした後味が特徴的。

「輝く星座」はこの後味の綺麗さを表しているのでしょう!

●初孫 伝承生酛

生酛らしい力強い、しっかりとした濃醇な味わいが特徴的な日本酒です。

お好みでお燗にしても美味しくいただけるので、寒くなる季節にもオススメ!

おでんや鰹のたたきと相性◎。

●初孫 魔斬 純米本辛口

山形県産「美山錦」を精米歩合55%まで磨いた純米酒。

切れ味の良さと、深みがありつつもスッキリとした味わいが特徴的です。

日本酒が苦手でも飲めた!というネットの声もあったほど、スッキリした辛口純米酒。

料理を邪魔しないので、和食と抜群の相性を発揮しますよ!

まとめ

日本酒好きの方の中でも、「生酛造り」に苦手意識のある方もいるかもしれませんが、「初孫」なら好みの味わいが見つかるかもしれません!

飲んだことのない方は、ぜひ1度味わってみてくださいね。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

まりん

まりん

ビール好きな女子大生。女性がよりお酒を楽しめるような情報を大学生の目線でわかりやすく発信していきたいなぁと思っています。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation