TOP / お酒を選ぶ / ウイスキー / 正露丸の香りがするウイスキー!?「ラフロイグ」の魅力を徹底解説

ラフロイグは「アイラモルトの王」と親しまれているウイスキーです。

クセのある味わいの先に、女性のような甘さがある「アイラの女王」ボウモアとは反対に、ラフロイグは名前の通り男らしいスコッチウイスキーと言われています。

強いクセとスタイルをもつラフロイグは、多くの愛好家を魅了し続けている人気のウイスキー。

今回は、そんなアイラモルトの王「ラフロイグ」について詳しく解説していきます!

ウイスキー「ラフロイグ」とは??

ラフロイグの歴史

ゲール語で「広い湾のそばの美しい窪地」のことを指すラフロイグ。実際にラフロイグが造られているアイラ島の蒸留所は、海辺の美しい風景の中に建っています。

ラフロイグの創業者のジョンストン兄弟は、もともと牧畜業を営むかたわら、家畜の飼料となる大麦でウイスキーを製造していました。

兄弟が大麦を使用して製造したウイスキーは島内で評判となり、牧畜業を廃止。ウイスキーの製造業一本に絞り、1815年にラフロイグ蒸留所を設立します。

この蒸留所はブレンデッドウイスキーの飛躍に一役買っていて、スコッチのブレンデッドの味わいに、複雑さとスパイスを加える役目を果たしてきたのです。

アイラモルトの王と呼ばれる理由

「アイラモルトの王」と呼ばれる理由は、チャールズ皇太子の存在があります。

1994年にラフロイグは、その味わいや凄まじいスタイルと出来栄えの素晴らしさから、王室御用達のウイスキーとして認可されました。これはシングルモルトとしては初めての出来事
ボトルのラベルのマークは「プリンス・オブ・ウェールズ」称号の証なのです!

ちなみに、1920年以降のアメリカで禁酒法時代の真っ只中に、ラフロイグは薬用酒として法を逃れて飲まれていたと言われています。禁酒法という厳しい状況の中でも、多くの人に重宝されたお酒なんですね。

ラフロイグの製造工程

フロアモルティングという昔から変わらない方法で、ラフロイグは作られています。

大麦麦芽を乾かすためのピートは、オリジナルの物。蒸留所がアイラ島にあることから、ピートが採掘されている湿原は海藻類や海苔がたくさん混ざっています。 そのため、潮の香りが強く感じられる唯一無二のオリジナルな個性を持つウイスキーになるのです。

大麦の約80%は近くのポートエレンに製麦を依頼。ラフロイグ蒸留所で残りの15%ほどを製麦しています。この製麦の具合も、ラフロイグの風味が特徴的になるために一役買っていると考えられます。

ラフロイグの特徴

ラフロイグの特徴はなんといっても癖のある香りと味。ウイスキー愛好家の中でも、大好きか大嫌いになるかの二極化するとまで言われているんです!

特徴的な香りが魅力?

スコッチウイスキーといえば、スウィートな香りと旨味ですが、ラフロイグはとても癖が強く、個性ある香りをしています。 その香りは海藻や消毒液に例えられており、日本国内では「正露丸に近いニオイ」とも例えられることがあるほど。

しかしラフロイグの愛好家は、むしろこの香りを好んで飲んでいるのです。

スモーキーな風味の中に僅かに海の磯を感じることができるラフロイグの味わい。この独特なラフロイグ香から離れられないファンが世界中に山ほどいるんですよ!

ラフロイグのおすすめの飲み方

ラフロイグのおすすめの飲み方は、ストレートかロック。これは他のシングルモルトと同じですが、お酒に弱い方はあまり無理しないでください。 ラフロイグの強い香りと独特の味わいに興味が出てきたら、少しづつ挑戦してみましょう。

ソーダ割にしても、ある程度美味しさを保てるのがラフロイグの優れた点で、爽快な味わいとソーダでまろやかになったスモーキーな香りを同時に楽しむことができます。

ラフロイグの主な種類

お手頃のラフロイグ10年であれば、3,000円台~6,000円台で購入できます。
中間の価格帯であるラフロイグ18年は10,000円以上で、一番貴重なラフロイグ30年は安くても15万円以上はします。

以下では、ラフロイグの主な種類をいくつかご紹介します!

ラフロイグ10年

チャールズ皇太子の他にもたくさんのファンを持っている、ラフロイグ10年。 強烈なスモーキーな香りと、磯を感じるピート香が特徴です。

ラフロイグ初心者の方は、比較的リーズナブルなこちらをソーダ割にして飲むことをおすすめします。

created by Rinker
ラフロイグ
¥4,095 (2021/01/20 14:53:13時点 Amazon調べ-詳細)

ラフロイグ18年

バーボン樽で18年以上熟成された原酒を使用。 深い風味と膨大な香りを強く残すために冷却せず常温で製造しています。

チョコレートのような甘みがあり、飲んだ後も気品溢れる香りが口の中に残ります。

ラフロイグ30年

30年間熟成された深い甘さと味わいの双方を楽しめますが、全体的に出回る数が少なく、中々お目にかかれない一品です。

市場に出てもすぐに売り切れてしまうこちらは、深い甘さと香りの高さが特徴。

created by Rinker
ラフロイグ
¥154,963 (2021/01/20 14:53:14時点 Amazon調べ-詳細)

ラフロイグセレクトカスク

通常とは異なる数種類の樽で造り上げた至高のラフロイグで、ラフロイグ独特の香りとレーズンの香りがする味わいです。 スッキリとした酸味と苦みを感じる品になります。

created by Rinker
LAPHROAIG(ラフロイグ)
¥3,929 (2021/01/20 14:53:14時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ラフロイグはスコッチウイスキーの中でも群を抜いてクセが強く、抜群のスモーキーさと磯が混じったピート香を感じることができるため、ウイスキー自体に慣れてからロックやストレートで飲むのがおすすめです。

チャールズ皇太子も愛した「アイラモルトの王」にふさわしい威厳としたたかさを、ぜひその舌で味わってみてはいかがでしょうか?