ホーム > コラム > 知識・雑学 > プレミア芋焼酎「三岳」鹿児島は屋久島が生んだ"定番"の逸品を紹介!
2018.3.9
焼酎

プレミア芋焼酎「三岳」鹿児島は屋久島が生んだ"定番"の逸品を紹介!

こんにちは!本日は、鹿児島プレミア芋焼酎三岳」を紹介します。

焼酎に詳しくない、、、そんな方でも、この「三岳」の名前は知っているのではないでしょうか?
焼酎ブームで火がつき、今や日本中に広がった「三岳」は、定番のプレミア芋焼酎として大変人気です。
都内でも、たくさんのお店で「三岳」は楽しめ、常連さんがキープしているのを見るのもしばしば。

さて、もしあなたが「三岳」についてあまり詳しくなかったり、「三岳」の魅力を再確認したいなら、是非この記事を読んでください。
読み終わった時には、きっと「三岳」が飲みたくなっていますよ!

「三岳」とは?

比較的手に入りやすい、定番のプレミア焼酎といえばこの「三岳」。鹿児島から南へ約60kmの海上に浮かぶ、屋久島で「三岳」は育まれています。
屋久島は、九州最高峰の宮之浦岳などが連なる降雨量が多い島。「三岳」という名は、その屋久島の宮之浦岳・永田岳・黒味岳の三山から命名されました。

雄大な森林から湧き出る水を使い、仕上げた「三岳」は、上品な芋の香り、まろやかでかつ、スッキリと飲みやすい味わいが特徴です。
焼酎ブームで人気に火がつき、今では芋焼酎の定番的存在。しかし、蔵の生産量が少ないため、希少な芋焼酎になりつつあります。

さて次は、そんな「三岳」を醸す蔵元を紹介しますよ!

「三岳」を造る「三岳酒造」とは?

三岳酒造は、鹿児島県熊毛郡屋久島町の酒蔵。昭和33年に、姶良郡のとある蔵元を買収、屋久島へ移転し芋焼酎造りを始めたのが三岳酒造の始まりです。

世界自然遺産に登録されている屋久島。三岳酒造は、その雄大な自然の中で上質な焼酎造りを行なっています。

数千年の歴史が育む、杉の原生林で濾過された豊かな水は、「日本名水百選」にも抜粋。
「三岳」の芳醇な味わいは、この大自然から生み出されているといって良いでしょう。

大量生産ではなく、1本1本丁寧に焼酎を醸す三岳酒造。そのスタイルは、焼酎ブームで人気に火がついた今でも続いています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

鈴木 將央

鈴木 將央

日本唯一の利酒師エンジニア。「日本酒は難しい」「お酒のウンチクは嫌だ」という方でも、楽しく読んでいただけるようなライティングを心掛けてます。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation