いちばん身近な呑み仲間

飲み過ぎ注意!ドイツ人から愛される極上ビール「ボック」とは!?

日本で飲まれている主流のビールは「ピルスナー」と呼ばれているタイプのビールです。 ビルスナーは淡色ビールなどともいわれており、下面醗酵の軽快で喉ごしのよいアルコールが低いタイプ。 そんな「ピルスナー」が主流の日本ですが、 …

お酒を選ぶ ビール・発泡酒
スクリーンショット 2018-08-31 17.22.36
  • スクリーンショット 2018-08-31 17.22.36
  • 飲み過ぎ注意!ドイツ人から愛される極上ビール「ボック」とは!?
  • 飲み過ぎ注意!ドイツ人から愛される極上ビール「ボック」とは!?
  • 飲み過ぎ注意!ドイツ人から愛される極上ビール「ボック」とは!?
  • 飲み過ぎ注意!ドイツ人から愛される極上ビール「ボック」とは!?

日本で飲まれている主流のビールは「ピルスナー」と呼ばれているタイプのビールです。
ビルスナーは淡色ビールなどともいわれており、下面醗酵の軽快で喉ごしのよいアルコールが低いタイプ。

そんな「ピルスナー」が主流の日本ですが、ドイツにも代表的な下面醗酵ビールがあります。それが「ボック」。
今回は多くのドイツ人に愛されている、ボックビールについてご紹介していきたいと思います。

ボックとは?


ドイツ発祥のビール

ボックビールはドイツのアインベックという街が発祥の下面醗酵のビール。

ドイツ南部のバイエルンで人気となったことで知られているため、バイエルンが発祥と思われていますが、実はアインベックが発祥の地となっています。

近年では、淡色が主流となっているボックですが、なかには濃色のタイプも用意されているなど、その種類の幅はかなり広いといわれています。

名前の由来

ボックの名前の由来は、発祥地のアインベックから名付けられた説があります。

また、ボックのパッケージにはヤギが描かれています。ドイツ語で雄ヤギの意味をもつボック。
ボックを飲んだ人が「若い雄ヤギのように元気になる」というちょっぴりユニークな説もあるようです。

アルコール度数が高め

実はボックは下面醗酵でありながらも、日本のピルスナータイプに比べてアルコール度数は高め。平均でも6%を超えるものが多いようです。
飲みやすいうえにアルコール度数も高いため、世界中のビール好きにも大人気のビールとなっているようです。

ドッペルボックとは?


アルコール度数が高めのビールとして人気のボックですが、よりアルコール度数を強くした「ドッペルボック」なるものが存在しています。

ドッペルボックはダークブラウンから濃色まで揃っており、アルコール度数は7.5%!かなり強いお酒として親しまれています。

飲みやすくフルーティーでキレもあるため、ややアルコールに強い方が飲むとガンガン飲めてしまうことから、ドイツ本国では少々喧嘩が始まってしまうこともあるよう。
ドイツの南部地方では4月頃の春先によく飲まれているようで、陽気の良さも関係してテンションが上がってしまうのかもしれませんね。



ボックの種類


ドイツの人気ビール「ボック」は、上記で紹介したドッペルボックをはじめ、さまざまな種類があることで知られています。

トラディショナルタイプ

日本で手に入りやすいものは、「トラディショナルタイプ」と呼ばれているボックです。

トーストやナッツのようなモルトアロマを感じることができ、アルコール度数は6.3%~とやや強め。色合いの幅も広く、ボック初心者でも楽しめます。

アイスボック

また、「アイスボック」と呼ばれている、ダブルボックをさらに強力にしたタイプもあります。

アイスボックは、先述したダブルボックを凍らせて濃縮させた液体で造られているビール。
凍らせて凝縮しているため、アルコール度数も倍以上に濃縮。強いものになると14%を超えるものまであるようです。

ただし、アルコール度数が高いためホップ由来の苦みはとても弱め。さらにアロマも弱いために、ビールらしさという観点からは少しずれているビールのようです。

ヴァイツェンボック

もし、麦芽の味わいを感じたいのであれば「ヴァイツェンボック」がおすすめ。

ヴァイツェンボックは小麦を主原料としているボック。酵母を使用しているために、酵母由来のイースト香、バナナ、さらにはクローブなどの香りを呈します。

苦みが弱いタイプなので、なめらかで飲み口が良いようです。
色合いもボックにしては明るめのゴールドタイプなので、初心者でも飲みやすいタイプでしょう。

飲み過ぎに注意してボックを楽しもう


ボックの特徴は、なんといってもアルコール度数の高さと飲みやすさ
しっかりと自分のなかで、ラインを引いておかないと飲み過ぎで酔っぱらってしまうことも......。

美味しいお酒こそ、ゆっくりと、味わいながら飲むことが大切です。
興味がある方は、ぜひ「ボック」の世界に飛び込んで、ドイツの味を楽しんでみてはいかがでしょうか?

《まりん》
まりん

まりん

ビール好きな女子大生。女性がよりお酒を楽しめるような情報を大学生の目線でわかりやすく発信していきたいなぁと思っています。

特集

page top