ホーム > ニュース > 新商品 > “あなた好み”でセレクトできちゃう!ワイン愛好者から初心者の方まで幅広く楽しめる「ボジョレー・ヌーヴォー2017」をラインナップ

“あなた好み”でセレクトできちゃう!ワイン愛好者から初心者の方まで幅広く楽しめる「ボジョレー・ヌーヴォー2017」をラインナップ

酒類・食品類の小売・卸および輸入事業を行う徳岡は、ワイン初心者の方から愛好家の方まで楽しめるボジョレー・ヌーヴォーを今年もラインナップいたしました。

ボジョレー・ヌーヴォー紹介サイト

このマークは、世界を舞台に活躍する日本人の“ワインプロフェッショナル”が日本の食卓を彩るために選び抜いたワインである証です。プロフェッショナル達が日本人の味覚や感性に好まれる味わいをセレクトしたため、ワイン初心者の方でも手に取りやすいものになっています。

1.トロフィー・リヨンで最高金賞を獲得した日本人好みに仕立てたヌーヴォー
ミッシェル マーレ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー 2017

フランス語で「村」を意味する ワンランク上の品質となる 「ボジョレー・ヴィラージュ」。 ミッシェル・マーレは、毎年生産者との協力体制の下、その年の作柄により異なる原酒の特長から、香り・酸・果実味の素晴らしいバランスを目指しブレンディングし、日本人のデリケートな味覚や豊かな感性に好まれる味わいに仕立てました。2015年にトロフィー・リヨンにて最高金賞を受賞している贅沢な逸品です。

最高金賞を受賞した「トロフィー・リヨン・ボジョレー・ヌーヴォー」とは?

「フランス醸造技術士協会」が後援する、「ボジョレー・ヌーヴォー」唯一の公式コンクールです。「ボジョレー・ヌーヴォー、ボジョレー・ヴィラージュヌーヴォー」をワインのプロフェッショナルが審査し、賞を決定します。



2.「和」のデザインで日本を彩る、 手軽に楽しめる 高品質の“ペット ヌーヴォー”
ジャン フルール ボジョレー ヌーヴォー 2017

コンクールで連続金賞受賞の実績のあるヌーヴォーが、ペットボトルでよりお手軽に楽しめます。 日本の食卓を彩るため、ラベルは「フルール(花)」をモチーフにした、「和の心」との融合を目指した和モダンのデザインです。色彩鮮やかでフォトジェニックなデザインは、ワインシーンを華やかに彩ります。

2014年、2015年と2年連続金賞を受賞している実績のあるヌーヴォー

受賞歴があり高品質、高級感漂うフォトジェニックな和のデザイン、手が届かなそうに見えて実はお手軽に味わえる“ペット ヌーヴォー”で、ワイン初心者の方でも手に取りやすい、贅沢な逸品です。

厳選したオーガニック栽培農家のブドウをブレンド、繊細な果実味とミネラルが感じられ、自然な風味を大切にしたヌーヴォー
シャルル・ヴァン・カネット ボジョレー プリムール2017

初リリースは2016年。香り高いアロマと少しのスパイシーさがあります。シルキーで丸みを帯び、ピュアなストロベリーの果実味と、ソフトで細かい酸とタンニンのバランスが良く、エレガントさが秀逸です。

若きスター生産者として注目される、シャルル・ヴァン・カネット氏とは?


シャルル・ノエラの偉大な歴史を受け継ぐブルゴーニュの人気ドメーヌ「アラン・ユドロ・ノエラ」の現当主であり、栽培から醸造まで全てを担っています。偉大な畑と、ブルゴーニュの歴史、ワイン造りの情熱を引き継いだシャルル氏は、ドメーヌの評価を高め、若きブルゴーニュのスター生産者として注目を集めている人物です。
そんな彼がグラン・クリュやプルミエ・クリュの葡萄から極少量リリースしている、自身の名を冠したブランドが「シャルル・ヴァン・カネット」です。シャルル氏のボジョレー・ヌーヴォーは昨年の2016年から始まり、今年は2ヴィンテージ目となります。

大好評だった昨年に続く「Clos Leo」の篠原麗雄氏が監修するスペシャル・ヌーヴォー
ボジョレーヌーヴォー レオ セレクション 2017

色が紫がかった赤色で、香りは赤色の果実や夕張メロン、オレンジピール、チューインガム等の香りがします。口に含むと柔らかなタンニンが覆い、全体のバランスが良くフィニッシュはボジョレー独特の細やかな甘みが口の中に残ります。抜栓してから数日経っても香りも味も落ちることなく、反対に向上します。(2016年ヴィンテージに対する篠原麗雄氏コメント)

昨年大好評のスペシャル・ヌーヴォー を監修した篠原麗雄(しのはられお)氏とは?

2000年、若くして単身フランスに渡り、シャトー・ヴァランドローのジャン・リュック・テュニュヴァンの下で研鑽を積みました。ボルドー、サン・テミリオン近くのカスティヨンに畑と自宅兼醸造所を購入し、2002年、念願であったワインの醸造を開始し、「Clos Leo」をリリースしました。

2016年ヴィンテージの取り組みに対する篠原麗雄氏コメント

「ボルドーでは、異なる土壌による数種類のブドウをブレンドして、生産者の個性を表現します。今回私が監修するボジョレーはガメイという単一品種のブドウで造りますが、樹齢の違いや異なる土壌のブドウをブレンドする事により、より複雑な味わいを表現したいと思いました。ガメイと言う単一品種で、フレッシュさ、果実味を大切にしながら、樹齢や土壌から来る強さや複雑さも兼ね備えるヌーヴォーにチャレンジしようと思いました。」

詳しくはプレスリリースにて。

新商品の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ