ホーム > ニュース > 新商品 > これぞ究極の甘酒!赤ちゃんや妊婦さんでも飲めるみんなに優しい「自然米の甘酒」が新発売

これぞ究極の甘酒!赤ちゃんや妊婦さんでも飲めるみんなに優しい「自然米の甘酒」が新発売

茨城県日立市の味噌蔵有限会社内山味噌店は、人気商品である「糀の甘酒」の新商品展開として開発した「自然米の甘酒」を2017年7月5日(水)に直売店及びインターネット通販で販売開始いたします。

甘酒の機能性が注目されて「甘酒ブーム」が起こっているなか、「おいしく、飲みやすい」と同時に、素材の安全性や作り手の思いのこもった、安心・安全なものを求める声が多くなりました。さらに、原料であるお米を作る農家自身が、収穫量よりも農業従事者自身の健康被害の撲滅を目指し、農薬に頼らない肥沃な土壌づくりに執念を燃やす姿も多く見られるようになってきています。

今回発売される「自然米の甘酒」は、農家の方々が長年かけて栽培ができるようになった「無農薬・有機栽培米」を使用。飲む人・作る人・環境すべてに優しい三方よしの甘酒です。

「自然米の甘酒」開発背景

内山味噌店では、それを食べる人はもとより、それを加工する生産者、さらには原料になるお米を育てる環境にも優しいものを本当に“いいお米”と考えています。

近年、農作業中の農薬散布による農業従事者自身の健康被害は表に出ませんが、大きな社会問題となっており、そのなかで農家自身が、収穫量よりも農業従事者自身の健康被害の撲滅を目指すという声も多く聞かれるようになってきました。内山味噌店ではそんな農家の思いを知り、農薬や化学肥料に頼らない真に肥沃な土壌づくりによって作られたお米を探し求め、茨城県内で「無農薬・有機栽培米」を栽培している農家と巡り合うことができました。

“いいお米”を作るためにはただ農薬を使わないというだけでなく、害虫や雑草に負けない生きた土壌づくりが欠かせません。12年間にもわたり、幾多の試行錯誤を繰り返し、目に見えない土中の微生物の環境を整えることにより、病気にも強い苗が育つのです。そうして作られた自然が育んだ真に“いいお米”を使用して「自然米の甘酒」を商品化いたしました。

「自然米の甘酒」のこだわり

赤ちゃんや妊婦さんでも安心してお召し上がりいただける滋養飲料としての甘酒を目指し、無添加・砂糖不使用・ノンアルコールです。また、様々なビタミンやミネラルを含む発酵ドリンクとして手軽にとっていただきたく、そのまま飲めるストレートタイプに仕上げました。夏バテ防止に冷蔵庫で冷やし、そのままコップに注いですぐにお飲みいただけます。

商品基本情報

商品名 自然米の甘酒
販売価格 900ml 900円・500ml 650円(すべて税別)
発売日 2017年7月5日(水)~

購入はコチラから

詳しくはプレスリリースにて。

新商品の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ