TOP / ニュース / 新商品 / セントレア開港15周年記念!クラフトビール「TABI ALE(旅エール)」発売

中部国際空港から、「TABI ALE(旅エール)」が、2019年11月22日(金)より発売になります。

「TABI ALE」は、セントレア開港15周年を記念して造られたというオリジナルクラフトビール。1575年の創業以来、伊勢詣の旅人を迎え入れてきた老舗茶屋である、二軒茶屋餅角屋本店が醸造する「伊勢角屋麦酒」と共同し、発売する一品です。

セントレアの"晴れ晴れする空、深みのある海。清らかで美しい空港"というイメージと、伊勢を彷彿とさせる"爽やかでクリーンなボディ"をイメージした、爽やかな中にもほんのり苦味のある、飲みごたえある味わいが特徴。

この特徴に加え、伊勢角屋麦酒の社長自ら伊勢市内で採取した、自社酵母「KADOYA-1」が演出するフルーティーな香りを楽しめるのだそう。

中部国際空港セントレアで発売するという同商品。立ち寄る機会があれば、同商品を購入し、楽しんでみるのはいかがでしょうか?ビール好きの方へのお土産にも良いかもしれませんね。

詳しくはこちら

商品概要

商品名 TABI ALE(旅エール)
販売期間 2019年11月22日(金)~2020年3月末頃
販売場所 中部国際空港セントレア 第1ターミナル4階イベントプラザ
クリスマスマーケット会場他
価格 550円(税込)
容量 330ml