TOP / ニュース / 新商品 / 酒蔵×日本ワイナリーのプロジェクト!「《長岡》 純米大吟醸 2019」がMakuakeで受付中

酒商山田から、「《長岡》 純米大吟醸 2019」のプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて実施されています。

「《長岡》 純米大吟醸 2019」は、酒蔵×日本ワイナリーのコラボ第三弾として発売になる、新感覚日本酒。

銘酒「山城屋」を醸す新潟県の老舗酒蔵「越銘醸」と、新潟県内の日本海にほど近い海岸砂丘に醸造所を構える、マイクロワイナリー「フェルミエ」がコラボ。

新潟県長岡市栃尾地区大川戸で栽培された酒米「越淡麗」を、贅沢にも30%まで磨き上げ、昔ながらの生もと造りで醸した純米大吟醸酒を、フェルミエのフラッグシップワインである「アルバリーニョ」を熟成させていた樽で、熟成させた逸品なんだそう。

日本メーカー同士のコラボから生まれる、未知なる味わいを堪能してみるのはいかがでしょうか?詳しくはこちら

「《長岡》 純米大吟醸 2019」概要

価格 1本:9,500円(税込・送料込)
2本セット:19,00円(税込・送料込)
3本セット:28,500円(税込・送料込)
販売方法 クラウドファンディングサイト<Makuake>にて受付中。
【商品紹介URL】https://www.makuake.com/project/nagaoka/
※商品発送は2019年12月中を予定。
販売店 株式会社 酒商山田