ホーム > コラム > レビュー > 【レビュー】史上最高のライチ感を味わえる!『アサヒ贅沢搾り期間限定ライチ』をガチレビュー
2019.4.24
レビュー

【レビュー】史上最高のライチ感を味わえる!『アサヒ贅沢搾り期間限定ライチ』をガチレビュー

こんばんは。RTD研究家のストロングおじさん(@strong_ojisan)です。

平成最後の新作RTDガチレビューは、2019年4月23日(火)に発売された『アサヒ贅沢搾り期間限定ライチ』を飲んでみたいと思います!

「アサヒ贅沢搾り」シリーズとは?

アサヒ贅沢搾り」シリーズはアサヒビールが販売している高果汁系チューハイ。2018年3月に発売されると、瞬く間に人気となり、アサヒビールのRTDの代表製品の一角となっています。

レギュラー製品としてレモン・グレープフルーツ・桃・キウイの4種がラインナップされており、他にも期間限定フレーバーが不定期で発売されています。

高果汁系チューハイといえば、キリンビールの「本搾り™チューハイ」が先駆者ですが、こちらはアルコール度数が4%とやや低めなことや、果実の風味に合わせ糖類や香料を添加していることから、より飲みやすい味わいに仕上がっており、その点で差別化ができています。

果実感に関しては、甲乙つけがたく両者ともに素晴らしい出来!

高果汁系チューハイには珍しい!?期間限定フレーバー「ライチ」

今回紹介するライチは、期間限定の新フレーバー。

ライチはRTDでは良く使われるんですが、高果汁系の製品は非常に珍しいんですよね!先輩の「本搾り™チューハイ」も今までリリースしたことがありません。

そして、今回はアサヒビールの開発担当の方にお話をお伺いできたので、レビュー前に簡単なインタビューを行ないました!

アサヒビールの担当者様にインタビューしてみた!

さぁ、やって来ましたアサヒビール本社!みなさんご存知の特徴的なあのビルが見えてきましたよ。

中に入ると、アサヒビールのRTDの3本柱である「もぎたて」「ウィルキンソン・ハードナイン」そして今回紹介する「アサヒ贅沢搾り」が展示されています!

と、見ている間に、担当者様がいらっしゃいました!

担当者様の『贅沢搾り』にかける想いとは!?

こちらが今回インタビューをさせていただく、アサヒビールの開発担当者様です。製品を並べて、お話をうかがいました!

ストロングおじさん

「アサヒ贅沢搾り」が発売されて、約1年がたちましたね!市場での評判はいかがですか?

開発担当者様

消費者の方からは特に、本物に近い果実感を評価いただいています。

「アサヒ贅沢搾り」はアルコール度数をやや低めにしていることもあり、お酒よりも果汁の味のほうをしっかり感じられる、という声が多いんです!

ストロングおじさん

なるほど!私もそう思います。度数が低いのはあまり飲まないのですが、このシリーズは果汁しっかりとした飲みごたえが好きで、ついつい飲んじゃうんですよ笑。

さて、今回ライチを新フレーバーとして発売しますが、ライチを選んだ理由は何でしょうか?

開発担当者様

ライチは弊社の「もぎたて」でも期間限定フレーバーとして発売しており、消費者の人気が高いフレーバーです。

また、時期的に初夏に差し掛かるので、季節を感じられるフレーバーが良いと思いました。

今回は贅沢に、一缶にライチ2個分を使用しています!

ストロングおじさん

おー!これは期待大ですね!!ところで、ライチの味を表現するのに、苦労した点はありますか?

開発担当者様

近年、ライチはジュースとして人気です。ライチのみずみずしさは出したいのですが、かといってジュースっぽくなってしまうと、お酒としての満足感は得られません。

南国フルーツらしい濃厚なライチの果実感を出しつつ、お酒ならではのすっきりした飲みやすさを表現するため、細かい調整に苦労しました!

ストロングおじさん

なるほど~!最後に、ファンに向けてメッセージをお願いします!

 

開発担当者様

果物に対して、エネルギーや明るさをイメージする方が多いと思います。

明日もがんばろう、という元気を与えられるような、果実感にあふれるフレッシュな缶チューハイをこれからも作っていきます!

ありがとうございました!!それでは、レビューのほうにいってみましょう!!!

商品概要

商品名 アサヒ贅沢搾り期間限定ライチ
容量 350ml、500ml
容器
希望小売価格 141円、191円(ともに税別)
アルコール度数 4%

こちらが『アサヒ贅沢搾り期間限定ライチ』のパッケージ。

このシリーズ、どれもオシャレなデザインですが、その中でも際立ってオシャレですね~。果汁は8%と、同シリーズの他のフレーバーに比べるとやや少なめですが、ライチでこの果汁量の多さは他に見たことがありません!

成分については、ライチ果汁に加え、一般糖類を添加して甘さを表現しているようですね。これは他のフレーバーも同様です。

さぁ、それでは、実際に飲んでみましょう!

『 アサヒ贅沢搾り期間限定ライチ』を飲んでみた

グラスに注ぐと、やや濁りはありますがほぼ透明の液体です。

栓を開けた瞬感、さっそくライチの香りが漂ってきました!

さて、飲んでみると......。

おー!これは過去最高のライチ感だ!!

もう、ライチのみずみずしさが口中に溢れる感じ。担当者様のおっしゃる通り、アルコール度数が低めなこともあり、本当にストレートにライチの風味を感じますね。

甘さは、結構甘めの部類かと思います。ですが、果汁感とこの甘さによって、お酒ではあるんだけど、あたかも高級なデザートを楽しんでいるかのような幸福感があります!

甘めですが、ライチのみずみずしい風味のおかげで、後味は比較的スッキリとしています。香りの余韻がずっと残るのも、非常に印象的でした。

氷を入れたりグラスを変えて、また違う風味を楽しもう!!

そのまま飲んでも美味しかったですが、氷をいれると甘さが和らぎ、よりスッキリした味わいになります。また、元のライチ感が濃厚なので、氷をいれても全く香りは薄らいでいるように感じません!

本製品に限らず、高果汁系チューハイに共通して言えるのですが、グラスの形状によって果汁の香りの広がり方が異なるため、グラスを変えるとまた違った風味を楽しめるんですよね。

氷だけでなく、色々グラスも試して、自分の好みの飲み方を見つけるのもいいかもしれません!

まとめ

いやー、今回の「アサヒ贅沢搾り」も、今までのフレーバーに負けないくらい果実感にあふれるフレッシュな味わいでした。

アサヒビールは、このシリーズに"まるかじりチューハイ"というキャッチフレーズをつけているんですが、まさにその通りライチを丸かじりしたようなジューシーさでした。

お酒を楽しむのはもちろん、果実の香りや風味もしっかり楽しみたいという方には、本当におススメのシリーズ!

ライチに加え、今後の限定フレーバーも期待大です!!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ストロングおじさん

ストロングおじさん

ストロング系チューハイを中心に、日々RTDの研究に勤しむ34歳既婚のおじさん。得意のパワポを駆使し、新製品のレビューから企業の製品開発・プロモーション企画の支援まで手がける、自称・RTD consultant。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation