ホーム > コラム > レビュー > 【レビュー】ストロングチューハイ研究家が『 サッポロチューハイ99.99 クリアシークヮーサー』をガチレビュー
2019.1.22
レビュー

【レビュー】ストロングチューハイ研究家が『 サッポロチューハイ99.99 クリアシークヮーサー』をガチレビュー

初めまして。ストロングおじさん(@strong_ojisan)と申します。普段はブログやTwitterにて、ストロング系チューハイを中心に*RTDに関するレビューを、パワポにまとめて投稿しています。*RTD:栓を開けてすぐ飲める缶や瓶入りのチューハイ・カクテル等の総称

今回より、NOMOOOにてRTDに関する記事を書かせていただくことになりましたので、よろしくお願いいたします!

さて、記念すべき第一回目は、2019年1月22日(火)に発売された、ストロング系チューハイ『 サッポロチューハイ99.99 クリアシークヮーサー』についてレビューしたいと思います!

「サッポロチューハイ99.99<フォーナイン>」シリーズとは?

「サッポロチューハイ99.99<フォーナイン>」シリーズは、2018年8月28日(火)にサッポロビールが発売したストロング系チューハイ。高純度のクリアウオッカを使用しているため、度数9%のストロング系とは思えないほど、アルコールのクセが少なく、グビグビと飲みやすいのが特徴です。

そのクリアなテイストから、今までストロング系チューハイを敬遠していた層からも支持を集め、昨年発売されたRTD新ブランドの中で、トップの初動売り上げを記録したのだそう!発売当初からネットや口コミ、SNSでもかなり話題となった、昨年最も“バズった”製品とも言えます。

第三弾のクリアシークヮーサーはどんな味に仕上がっているのか!?

第一弾で発売されたクリアレモン・クリアドライは甘さも控えめでかなりスッキリ系でしたが、第二弾として発売されたクリアグレープフルーツは、甘味料を添加したやや甘めの飲みごたえがあるテイストでした。

第三弾に当たる今回のクリアシークヮーサーがどのような味わいなのか!?飲む前から非常に楽しみです。

 

商品概要

商品名 サッポロチューハイ99.99 クリアシークヮーサー
容量 350ml、500ml
容器
希望小売価格 350ml缶:141円(税抜)
500ml缶:191円(税抜)
アルコール度数 9%

こちらが『サッポロチューハイ99.99 クリアシークヮーサー』。青みのかかったパッケージが実にかっこよく、これまで通りクールなデザインに仕上がっています。

成分情報を見ると、第二弾で発売されたグレープフルーツ同様「甘味料(スクラロース)」といわゆる人工甘味料が入っているのが気になります。これが吉と出るか凶とでるか?

さぁ、実際に飲んでみましょう!

『 サッポロチューハイ99.99 クリアシークヮーサー』を飲んでみた

グラスに注ぐと、キレイな透明のチューハイです。

飲んでみて最初に感じたのが、しっかりとしたシークヮーサーの香り。果汁0.1%のみとは信じられず、栓を開けただけで香ってくるほどです。

苦味や酸味はそれほど強くなく、シークヮーサーの爽やかな部分を中心に抽出した印象。さらに、クリアウオッカによるアルコール臭の少なさは健在で、純粋にシークヮーサーそのものの風味が楽しめます。

人工甘味料の影響は??

一方、人工甘味料を添加しているため、若干の甘みがあります

とはいえ、甘すぎることは決してなく、一般の人工甘味料を使用したチューハイに比べればかなり控えめだと言えるでしょう。果実の香りを損なわず、適度な飲みごたえを付与する絶妙な甘さを狙ってきたように思えます。

そして、最大の特徴といえるのが、その爽やかな後味です。通常、人工甘味料を使用したチューハイは、やや不自然な苦味が残るものですが、こちらはそれが非常に少ない印象を受けます。

前作のグレープフルーツも人口甘味料を使っているにしては爽やかでしたが、今回はそれにも増して爽やか!人工甘味料を使用しているとは全く気づかない方もいるのではないでしょうか?

さすが99.99シリーズ。第三弾にして、よりクリアさに磨きをかけて進化してきましたね!!

まとめ

99.99シリーズに共通して言えることですが、今回も度数9%のストロング系とは思えないほどアルコール感が少なく、グビグビ飲みやすいです!

飲みやすいからといって、ついつい飲みすぎてしまうことに注意をしつつ、ぜひとも99.99の新作『 サッポロチューハイ99.99 クリアシークヮーサー』を楽しんでいただければと思います!!

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ストロングおじさん

ストロングおじさん

ストロング系チューハイを中心に、日々RTDの研究に勤しむ34歳既婚のおじさん。得意のパワポを駆使し、新製品のレビューから企業の製品開発・プロモーション企画の支援まで手がける、自称・RTD consultant。

関連キーワード