ホーム > ニュース > 新商品 > ”造り手たちのクラフトマンシップが詰まった”新しい日本酒ブランド 「Single Origine Sake」がKURANDから新発売!

”造り手たちのクラフトマンシップが詰まった”新しい日本酒ブランド 「Single Origine Sake」がKURANDから新発売!

全国各地の酒蔵と提携し、日本酒を中心としたオリジナル商品を開発・販売するオンラインストア「KURAND(クランド、以下「KURAND」)」は、造り手たちのクラフトマンシップが詰まった新しい日本酒ブランド「Single Origine Sake(シングルオリジンサケ)」シリーズを開発しました。

同シリーズから、石川県・数馬酒造と共同開発した、奥能登の魅力を伝える日本酒「Single Origine Sake 奥能登」と、新潟県・玉川酒造と共同開発した、魚沼の魅力を伝える日本酒「Single Origine Sake 魚沼」の2商品を、KURANDオンラインストアにて、2018年9月13日(木)より販売されます。

同時にKURANDの直営店である日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」全店(渋谷、新宿、池袋、上野、新橋、横浜、大宮、船橋)にて、2018年9月13日(木)より提供されます。さらに、同シリーズのプレミアムバージョンとなる限定酒を伊勢丹新宿店、日本橋三越本店にて、2018年9月19日(水)〜10月2日(火)の2週間の期間で数量限定販売されます。

”造り手たちのクラフトマンシップが詰まった”日本酒ブランド「Single Origine Sake」

「Single Origine Sake」シリーズは、”造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯”をコンセプトに、単一農家が造る同一品種の米だけを原料に使用し、日本の職人の技術によって手作業で心を込めて生み出されたブランドです。

地域それぞれの気候や風土の中、蔵元の強い思いによって醸された「Single Origine Sake」は、酒蔵で丁寧に瓶詰めされ、手作業で一本一本にラベルを貼って出荷しています。

造り手たちのクラフトマンシップを一本の瓶に詰め、地域の風景を思い浮かべながらストーリーと共にお楽しいただける日本酒に仕上がりました。

Single Origine Sake(シングルオリジンサケ)とは?

「Single Origine Sake」とは、品種の違うお米をブレンドすることなく単一農家の米のみを原料にした日本酒のことを指します。米農家は土壌に合った品種を、その土地の気候環境にあった栽培方法でつくっているため、おのずと米にもその土地ならではの個性が生まれます。

また、農家の顔が見える日本酒は、追跡可能性(トレーサビリティ)*にも優れ、安心安全な日本酒と言えます。

*商品の生産から消費、廃棄段階まで追跡が可能な状態のこと。



「Single Origine Sake 奥能登」のこだわり

「Single Origine Sake 奥能登」は、奥能登が育んだ水と単一農家が造る同一品種の米だけを原料に使用し、日本の職人の技術によって手作業で心を込めて生み出された日本酒です。奥能登で育った米の甘みを引き出した、飲み疲れしない穏やかなテイストを、奥能登で生きる造り手たちのストーリーと共にお楽しみいただける商品です。

①奥能登への想いが詰まった酒米

原料に使用した「五百万石」は、耕作放棄地を水田にかえ、奥能登の田園風景を蘇らせる米農家と蔵元の取り組みからつくられた酒造好適米です。

”奥能登の田園風景を想像してもらえるような味わい深い日本酒をつくりたい”。「Single Origine Sake 奥能登」は、そんな造り手たちの想いとストーリーが込められた酒米を原料に使用しています。

②奥能登の大地が育んだ天然の湧き水

日本酒づくりに適した理想の水として、能登半島で唯一海に面していない旧柳田村山の湧き水を仕込み水に使用しました。硬度が1.7と超軟水な水質は、柔らかい口当たりとふくらみのある味わいを生みます。

八割が水で出来ている日本酒において、「Single Origine Sake 奥能登」は奥能登の大地が育んだ上質な仕込み水にこだわりました。

③米の味を引き出す伝統の「山廃仕込み」

「山廃仕込み」とは、自然界に存在する乳酸菌を利用する生酛系の酒母造りの伝統製法です。職人の高い技術と手間暇が掛かることから現代では主流の製法ではありませんが、米の個性を引き出し、深い味わいを楽しんでいただくために山廃仕込みを用いています。

”奥能登で育ったお米本来の味を生かすこと”が「Single Origine Sake 奥能登」の酒造りのこだわりです。

商品概要

商品名 Single Origine Sake 奥能登
特定名称 純米吟醸酒
原料米 五百万石(石川県奥能登産100%使用)
精米歩合 60%
酵母 EK-7(愛媛酵母)
仕込み水 旧柳田村山の湧水
アルコール度数 16度
日本酒度 -4
酸度 2.3
容量 720ml
販売価格 1,980円(税別)
醸造元 数馬酒造(石川県)

「Single Origine Sake 奥能登」購入はコチラから

数馬酒造とは

1869年(明治2年)に創業した数馬酒造は、世界農業遺産に認定された「能登」の地にて、能登の美酒「竹葉」を醸しています。

「心和らぐ清酒(さけ)造り 心華やぐ会社(いえ)作り 心豊かな能登(まち)創り」の想いを胸に「米・水・技」全てを能登産にこだわり、地域と共にある地酒を目指す数馬酒造。世界中のトップシェフ・料理ジャーナリストが集う世界最高峰の食の祭典「マドリッドフューション2014」にて、全国から選ばれた4蔵に選出されました。

代々受け継がれてきた「能登を想う心」が数馬酒造のスピリットです。

数馬酒造公式HPはコチラ

「Single Origine Sake 魚沼」のこだわり

「Single Origine Sake 魚沼」は、魚沼が育んだ水と単一農家が造る同一品種の米だけを原料に使用し、日本の職人の技術によって手作業で心を込めて生み出された日本酒です。魚沼で生きる造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯をストーリーと共にお楽しみください。

①米農家と蔵元の魚沼への想いが詰まった酒米

原料に使用した「一本〆」は、魚沼の米農家・小岩氏と蔵元である風間氏が、高齢化で米作りから離れていく米農家に働きかけ、「一本〆」を育てることで”魚沼の美しい景観を守りたい”と考えつくられた酒造好適米です。

「Single Origine Sake 魚沼」は、そんな造り手たちの想いとストーリーが込められた酒米を原料に使用しています。

②魚沼の大地が育んだ天然の湧き水

日本酒づくりに適した理想の水として、酒蔵より2キロ先の裏山より湧き出ている大清水を仕込み水に使用しました。水質はきわめて軟水(31ppm)に分類され、鉄分のないすっきりと綺麗な水です。軟水は浸透が早く吸収性に優れており、米の旨み、香りを引き出しやすく、酒造りには最適とされています。

八割が水で出来ている日本酒において、「Single Origine Sake 魚沼」は魚沼の大地が育んだ上質な仕込み水にこだわりました。

③魚沼の米と相性の良い「新潟限定酵母」

日本酒の味わいに大きな影響を与える酵母には、新潟県でしか使用することが出来ない新潟限定酵母「G9CRNF酵母」を使用しました。魚沼の米と相性の良いものをと研究を重ね選ばれた酵母です。

”魚沼で育ったお米本来の味を生かすこと”が「Single Origine Sake 魚沼」の酒造りのこだわりです。

商品概要

商品名 Single Origine Sake 魚沼
特定名称 純米吟醸酒
原料米 一本〆(新潟県魚沼産100%使用)
精米歩合 60%
酵母 EK-7(愛媛酵母)
仕込み水 石動山伏流水
アルコール度数 16度
日本酒度 +3
酸度 2.0
容量 720ml
販売価格 1,980円(税別)
醸造元 玉川酒造(新潟県)

「Single Origine Sake 魚沼」購入はコチラから

玉川酒造とは

1673年(寛文13年)から続く玉川酒造は、全国でも有数の豪雪地帯にあり、その雪を利用し、県内でもいち早く雪中貯蔵を始めた酒蔵です。

今一度酒造りを改め、「日本酒を通して健康に楽しく」をテーマに地域・人・風土を活かした酒造りに取り組んでいます。

2015年には地元農家と協同で、田植えから稲刈りまでを魚沼出身の蔵人全員で行ない収穫した、魚沼産五百万石で醸した<オール魚沼>の「越後一会」が誕生しました。

「越後一会」は雄大な自然と共に育まれた魚沼の風土が生んだ銘酒です。

玉川酒造公式HPはコチラ

伊勢丹三越にてプレミアムバージョンを限定販売

「Single Origine Sake」シリーズのプレミアムバージョンとKURANDと三越伊勢丹が共同企画・開発した日本酒「Single Origine Sake 奥能登 海中熟成」と「Single Origine Sake 魚沼 雪中熟成」を伊勢丹新宿店、日本橋三越本店にて「Single Origine Sake 奥能登 海中熟成」を、2018年9月19日(水)~10月2日(火)の2週間の期間で数量限定販売いたします。

同商品は、KURANDスタッフが実際に現地に足を運び、開発過程を視察し、品質にもこだわって企画された商品です。

「Single Origine Sake 奥能登 海中熟成」について

「Single Origine Sake 奥能登 海中熟成」は、「Single Origine Sake 奥能登」を石川県・能登の海で数ヶ月間熟成させた商品です。

同商品には、地元で生きる造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯を追求するため、海中の波動により熟成が地上よりも早く進むとも言われる「海中熟成」を採用。「海中熟成」させることにより、まるで長期熟成のようにやわらかく、まろやかな旨みを帯びた純米吟醸酒に仕上がりました。

「Single Origine Sake 魚沼 雪中熟成」について

「Single Origine Sake 魚沼 雪中熟成」は、「Single Origine Sake 魚沼」を新潟県・魚沼の雪でできた熟成蔵で数ヶ月間熟成させた商品です。地元で生きる造り手たちのクラフトマンシップが詰まった一杯を追求するため、理想的な条件下で日本酒を熟成させることが可能な天然の雪蔵で熟成させる「雪中熟成」を採用。

「雪中熟成」させることにより、新酒のような爽やかさと柔らかな口当たりを堪能できる純米吟醸酒に仕上がりました。

気になった方は、ぜひ伊勢丹新宿店、日本橋三越本店で購入してみてください!

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

新商品の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ