ホーム > ニュース > 新商品 > シトラスを思わせるホップのフレーバー!「FRESH HOP IPA」サンクトガーレンより販売

シトラスを思わせるホップのフレーバー!「FRESH HOP IPA」サンクトガーレンより販売

サンクトガーレンは、この夏に山梨県北杜市で収穫したホップで仕込んだ「FRESH HOP IPA(フレッシュ ホップ アイピーエー)」を2018年9月5日(水)から数量限定で販売中です。このビール、何の成分も失われていない摘みたてホップをそのまま使用しています。とれたてホップを使ったビールは、ビール醸造所とホップ畑の距離が近いという限られた場所、ホップの収穫時期である限られた時期にしか造れない特別なもの。
それをこの「FRESH HOP IPA」は山梨県北杜市で8月2日に収穫した、採れたての“かいこがね”ホップをすぐに神奈川の工場に持ち帰り醸造したビールなのです。かいこがねホップは、“甲斐で生まれた黄金色のホップ”がその名の由来。若い頃は名前の通り黄金色をしていて、成長とともに濃い緑色になります。香りは柑橘系で、欧米の柑橘系ホップと比べると金柑を思わせる"和"な雰囲気があるのも特徴です。

国産ホップのフレーバーは、海外のものに比べるととても繊細。そのフレーバーを存分に引き出せるよう、ボディ(糖度)を極限まで落とし、ドライに仕上げています。

同社のレギュラーIPAビールのYOKOHAMA XPAの糖度は4前後、レギュラービールで1番飲み口の軽いゴールデンエールでも3前後あります。でも、このFRESH HOP IPAの糖度は、ほぼ0。極限にまで糖度を落としているのです。ドライなビールの飲み口は一体? シャープで硬い飲み口を想像する方が多いと思いますが、このビールはその逆。タンパク質の多い小麦麦芽やオーツ麦を使用し、クリーミーで柔らかな飲み口に仕上がっています。

ホップの苦味が抽出されない麦汁煮沸後に投入した結果、苦味は微かで、シトラスのようなホップフレーバーだけをビールに凝縮させています。
糖度はほぼゼロでありながら、口に含むとホップのフレーバーから甘さを感じることが出来る、香り高いIPA。口中に広がる圧倒的ホップ感は、まるで“ホップのシャンパン”のようなビール。数量限定ですからいますぐ飲まなくちゃ。詳しくはこちら

【商品概要】

名 称 FRESH HOP IPA(フレッシュ ホップ アイピーエー)
アルコール度 6.5%
内容量 330ml
希望小売価格 429円(税別)
販売場所 オンラインショップ、東武百貨店池袋店ほかサンクトガーレン取扱い各店。
公式サイトに随時掲載。
ホームページ https://www.sanktgallenbrewery.com/
その他 Twitter: https://twitter.com/SanktGallenSHOP
Facebook: https://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
Instagram:https://www.instagram.com/mikisanktgallen/
Google+:https://plus.google.com/+Sanktgallenbrewery

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

新商品の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ