ホーム > コラム > 知識・雑学 > 禁酒ならぬ節酒?お酒を上手に控えたい方のための「節酒」のコツ

禁酒ならぬ節酒?お酒を上手に控えたい方のための「節酒」のコツ

皆さんこんにちは。
酒呑みの皆さんであれば毎日の晩酌は欠かせないものかと思います。しかしこれから忘年会シーズン。お酒を飲む機会が増えてくると、健康上の理由でお酒を控えなければならないこともあるかと思います。

今回はそんな酒の飲み過ぎを防ぐための禁酒ならぬ「節酒」のコツについてご紹介していきましょう。

節酒とは?

GREEN_YA20140125


節酒とはその名の通り「飲む酒の量を減らすこと」です。断酒や禁酒とは違い、お酒を飲む量を徐々に減らし、健康的な飲酒生活を送れるようにします。

節酒のコツ

ここでは簡単にできる節酒のコツをお伝えします。

お酒の代わりに飲むものを考える

ec6e334a0fbe8b09c6b1628de166b22a_m

まず重要なのがここです。お酒が飲みたいと思った時に、代わりに飲むものを考えます。毎日晩酌するという方はそれぞれ、節酒の目的に合わせて代わりに飲むものを用意するといいでしょう。単純にアルコールを控えたいという方であればノンアルコール飲料を飲むのがオススメです。

アルコールを控えると同時にダイエットも考えているのであれば、炭酸水を代わりに飲むことをオススメします。

飲酒記録を漬ける

160129cbb20bab6227f01dcb65fb696c_m


節酒を考えているのであれば、飲酒記録をつけるのも重要です。毎日お酒をどんなお酒をどのぐらい飲んだか、簡単に記録しておくといいでしょう。しっかりと節酒できているかどうかを確認する指標にもなります。

自分がどれだけ節酒できているかを見ながら、対策を考えていくといいでしょう。

自分へのご褒美を考える

686110b97628fb949176c4ca8d6e0c58_m


最後は節酒している自分へのご褒美を考えることです。お酒を控えれば、その分お酒に回すはずだったお金の分余裕ができるので、初めにこれだけ節酒できたら自分にこんなご褒美を与えると決めておくと良いですね。これだけ節酒すればこれを買うと決めておくことで目標設定もできます。

 
 
以上、お酒を上手に控えたい方のための「節酒」のコツについていかがでしたでしょうか。お酒を上手に付き合うには、自分で飲酒量をコントロールすることが大切です。禁酒とまではいかなくても、上手に節酒して、健康的にお酒を楽しんでください。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ