ホーム > 日本酒 > アルコール添加は悪酔いする?!「アル添酒」を知ればもっと日本酒がわかる!

アルコール添加は悪酔いする?!「アル添酒」を知ればもっと日本酒がわかる!

こんにちは!
岩手は盛岡市紺屋町、中津川のほとりの菊の司酒造16代蔵元予定の平井佑樹です!
 
「純米しか飲まないから…(アル添はいりません)」この業界にいればうんざりするくらいよく聞きます。
 
理由を聞いてみると、
 
「なんか悪酔いするイメージ…」
「アルコール臭くて美味しくない…」
「添加物が入っていない方が安心…」

 
たまに、純粋に純米酒の雰囲気が好きです、という方もいらっしゃいますが、9割はこんな答えが返ってきます。ぼくは悲しい。そういう方々こそ日本酒が大好きな人達です。アル添酒のホントを知らないのはもったいない!
 
ということで、今回はアル添酒の真実についてお話したいと思います。
 
 

そもそも「アル添酒」ってなんのこと?

kikunotsukasa-01


 
お酒のラベルに、「醸造アルコール」と書いてあるものを見たことがありますか?
 
「清酒の製法品質表示基準」(平成元年国税庁告示第8号)で以下のとおり定められています。

醸造アルコールとは、でんぷん質物又は含糖質物を原料として発酵させて蒸留したアルコールをいうものとする。
 
法律ってわざわざ難しい。翻訳すると、「醸造アルコールってのは、焼酎だよ。」って言ってます。笑
 
そう、アル添酒とは焼酎を足した日本酒のことなのです。そもそも、ぼくは「醸造アルコール」っていうネーミングが嫌いです。無機質な感じがするし、なんとなく体にも悪そうな、いかにも添加物ってイメージを持ってしまいませんか?
 
 



「アル添酒」を見分けよう

th_てづくり1800


 
とっても簡単です。お酒のラベルを見て、成分表記に「醸造アルコール」と書かれてあるものがアル添酒です。普通酒、本醸造、吟醸、大吟醸と書かれているものもそうです。
 
 

なぜアル添するの?

th_DSC_9241


 
酒造りにおいて、アル添をする目的は主にこの3つです。
 

・すっきりした味わいに仕上げたい

アル添することで、出来上がりのお酒にキレ辛味をプラスすることができます。日本酒の日本酒度(甘辛の目安)はだいたい±10程度で、超辛口と謳っているお酒でもせいぜい+20。アル添に使用する醸造アルコールは度数30%で日本酒度がおよそ+50ですから、そりゃあ、辛くなります。
 

・酵母の発酵をストップしたい

せっせと発酵してお酒をつくってくれる酵母ですが、実は自分がつくったアルコールで大半が死滅してしまいます。アルコール度数15~18度の液体の中でみなさん生きていられますか?微生物にだってそんな酒豪はそうそういません。ちょっぴり残酷なようですが、これ以上発酵して欲しくないときはアル添をします
 

・お酒を増量したい

その昔、「酔えればいい」時代にはこの目的でアル添された「三増酒」と呼ばれるお酒が普通でした。正直、これは擁護できません。はっきり言ってまずいです。
 
 



「アル添」だって酒造りの一部なのです

th_071


 
このように、目的があってアル添は行われています。アル添酒はピンキリです。実は一番奥が深いジャンル
 
安いチェーン居酒屋の飲み放題で出される名も無き「日本酒」もあれば、付きっきりで育て上げた鑑評会(お酒の大会)用の「大吟醸」まで。全部アル添酒です。添加するアルコールの量、原料、タイミングで全く違う酒になるのです。
 
すっきりしてるから飲みやすい。ついつい飲みすぎてしまうことだってあります。アルコールの刺激臭がする酒もあります。しかし、全国には調和のとれたアル添酒がたくさん眠っています。焼酎ですよ。体には全く害がありません。
 
 

アル添酒が美味い銘柄を探そう

まとめです。
 
・アル添酒とは焼酎を足した日本酒のこと
・アル添しても体に全く害はない
・キレや辛口のお酒にしたい時、酵母の発酵を止めたいときなどに、"アル添"される

 
アル添酒にはハッキリとその蔵の個性と技術力が表れます。美味しいアル添酒探しは、運命の銘柄と出会う一番の近道なのです。ぜひ美味しいアル添酒を飲んで、蔵人の素顔に触れてみましょう。
 
 
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
 
 

日本酒の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ