ホーム > 飲みに行く > 訪問 > イタリアン風中華バル?恵比寿『京鼎樓バル』で、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!

イタリアン風中華バル?恵比寿『京鼎樓バル』で、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!

中華料理店に行った時によく目にする紹興酒といえば、宝酒造の「塔牌(トウハイ)」ではないでしょうか。その「塔牌」ブランドから、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉が10月27日(火)に発売されたことを皆さんはご存知ですか?
 
この〈麗美〉という紹興酒、今までの紹興酒のイメージを覆すほど飲みやすいんです!紹興酒本来の美味しさそのままに、飲みやすく軽やかな味わいで食事によく合うお酒なんです。

そこで今回は、モデルのsatomiさんと一緒に、イタリアンと中華を融合した、カジュアルな中華料理を提供することで人気のある恵比寿の中華バル「京鼎樓バル(ジンディンロウ)」に行って、〈麗美〉を飲んでみることにしました!
 
▼宝酒造 紹興酒「塔牌」陳五年〈麗美〉の情報はこちら 
http://www.takarashuzo.co.jp/products/touhai/lineup/page03.htm
 

020人物紹介:satomi
日本文化をこよなく愛するモデル。特技はお箏(琴)を弾くこと。食べる料理に合わせてお酒を選ぶそうで、中華料理を食べに行った時は、紹興酒を真っ先に注文するんだとか。

 

新感覚の紹興酒〈麗美〉って?

まずは、今回ご紹介する〈麗美(リーメイ)〉についてご説明しましょう!

IMG_0031_01_02


〈麗美〉は、宝酒造の紹興酒「塔牌」の伝統的な手造りの製法により、本来の紹興酒の美味しさそのままに、熟成した5年貯蔵酒の中から飲みやすく口当たりのよい原酒を選定し上澄みだけを使用したものです。さらに、アルコール度数を14度と低めにしたことで、軽やかで飲みやすい新感覚の紹興酒に仕上がっています。
 
食卓でより一層映えるようにと採用されたスリムでスタイリッシュなボトルシェイプは、まるでワインのよう。このボトルシェイプと牡丹と唐草をモチーフにしたラベルデザインは、これまでの紹興酒のイメージをガラリと変えるものです。
 
 



中華料理を提供するお店とは思えないほどカジュアルな店構え!

JR恵比寿駅の西口を出て、恵比寿郵便局を目指してバス通りを歩くとこ徒歩3分。グルメな大人が通いそうな、オシャレで落ち着いた店構えの飲食店が立ち並ぶエリアに、「京鼎樓バル」はありました。
 
th_IMG_9991
西洋風なレンガ調の外装は、中華料理をメインにするお店とは思えないほどカジュアルな印象を与えてくれます。開放感のあるいかにも"バル"らしい店内。すっと吸い込まれてしまいそうです。

th_IMG_9997


カウンターもあるので、一人で来ても愉しむことができます。近年、急激に増加している"バル"形態の魅力は、この気軽に入れるカジュアルさにも人気の理由がありそう。 
 
 

いったいどんな味?〈麗美〉を飲んでみた!

さて、〈麗美〉を飲んでみましょう。

th_IMG_0133


オシャレなボトルだから、女性でも気軽に注文できそう!オシャレな店内にマッチしています!

th_IMG_0128


紹興酒らしい芳香を残しつつ、甘みを感じる上品な香り。赤ワインくらいに少し冷やした〈麗美〉をワイングラスに注ぐことで、香りが一層楽しめますね!
 
th_IMG_0176
口に含んだ瞬間広がる味わいはまさに紹興酒!しかし、口の中にまとわりつくような甘さはなく、軽快ですっきりとした飲み心地です。
 
th_IMG_0148
これは新感覚!飲みやすさに驚きです!
 
th_IMG_0162
 
 

オシャレな雰囲気のお店で、オシャレな中華料理と一緒に〈麗美〉を味わってみよう!

今回は、京鼎樓バルの店長さんに〈麗美〉に合うオススメの料理を5つ選んでいただきました。それでは、さっそくいただいてみましょう!

th_IMG_0057


 

オリジナルソースが決め手!ジャスミンの葉でスモークした三種の燻製

まずは、ジャスミンの葉でスモークした燻製の三種盛りです。
 
th_IMG_0070

三種の燻製盛り合わせ
「鶏モモ肉のSmoke レモンと共に」「広東チャーシューのSmoke コクの実と蜂蜜のソース」「真ダコのSmoke ツブマスタード添え」の三種類の燻製の盛り合わせです。オリジナルソースとの相性抜群のおつまみ。

 
th_IMG_0137
薫製の美味しさは、風味と香りにあるのではないでしょうか。ほのかにスモーキーな香りがたまりません!
 
th_IMG_0180
添えられた塩ホイップは、どの燻製に塗っても美味しい!味わいをまろやかにしてくれます。
 
th_IMG_0216

th_IMG_0226

燻製の香りを損なうことなく調和する〈麗美〉の料理との合わせやすさには驚きました!
 
th_IMG_0096
 
 

この発想はなかった!バジルソースのかかった小籠包?

小籠包と言えば、具材を包み込む皮を破いた瞬間溢れ出す、アツアツの肉汁をすするあの感覚がなんとも言えませんよね。そんな小籠包をイタリアン風に仕上げたのがこの「小籠包 バジルソース」。

th_IMG_0102

小籠包 バジルソース
自家製バジルペーストをかけた同店オリジナルの小籠包。れんげに乗せた小籠包の中を破くと肉汁が溢れ出します。料理長イチオシのボリュームある逸品。女性にも大人気のメニューです。

 
th_IMG_0273
料理を運んできてくれた人気のイケメン店長さんから、小籠包の正しい食べ方をレクチャーしていただき、さっそくいただきます。

th_IMG_0281


待ってました!このジワッと溢れ出る肉汁こそ小籠包の醍醐味!

th_IMG_0337


レンゲに溜まった黄金色に輝く肉汁のスープをズズッとすすって一口でパクり!

th_IMG_0305


 
バジルシースと少し酸味の効いたトマトソースが、小籠包でありながらイタリアンを思わせる味わいを演出。イタリアンと中華を融合した中華バルだからこそ提案できる、まさに、このは発想はなかった!と思えるアイディア料理です。
 
th_IMG_0104
中華の王道・小籠包と新感覚の紹興酒〈麗美〉との相性もピッタリ!ワインのように飲みやすい〈麗美〉と、イタリアンのような小籠包の味わいの化学反応は、食べた人にしかわからない、なんとも言えないハーモニーを味わえます。
 
 

モチモチ感がたまらない!トルティーヤ風海老チーズ春巻き!

一見、普通に見えるこの春巻き。実は、北京ダックの皮でチーズと海老をくるんだ逸品なんです!外はサクサク、中はとろ〜り。食べたらやみつきになる食感です。

th_IMG_0074

海老チーズ春巻き 台湾トルティーヤ風
大葉とチーズと小エビを北京ダックの皮で包み、カラッと揚げたトルティーヤ風の海老チーズ春巻き。オーロラソースで味わいをを引き締めてくれる逸品です。クセになる食感は、一度食べてみる価値あり!

 
th_IMG_0549
揚げたての香ばしい香りと、オーロラソースの食欲をそそる香りが店内に漂います。

th_IMG_0567


噛んだ瞬間はサクサクしているのに、噛みしめるうちにモチモチっとした食感…。海老のプリプリとした食感も相まって、これは新感覚の食感です!

th_IMG_0602


優しい口当たりの〈麗美〉だからこそ、揚げ物料理にもよく合います。

th_IMG_0081


食中酒として、料理の味わいを引き立たせる〈麗美〉にはもってこいの組み合わせでした。この組み合わせは一度試してみる価値ありです!
 
 

もち米のお酒×もち米の料理!もち米焼売

今更ですが、紹興酒の原材料をご存知ですか?紹興酒はもち米を醸造して熟成させたお酒なんです。そして、同じもち米を使用して作った料理が、こちらの「もち米焼売」です。これは合わないはずがありません…!

th_IMG_0033

もち米焼売
文字通りもち米を使って蒸し上げた焼売。モチモチっとした食感は、想像以上に弾力があるので、くれぐれもご注意を。少し変わったメニューを頼みたい方にはオススメです。

 
th_IMG_0354
蒸し上がったばかりの焼売が登場!出来たてアツアツの焼売を召し上がれ!

th_IMG_0355


蒸籠(せいろ)から立ち上がる湯気が食欲をそそります。

th_IMG_0464


箸で焼売を半分にするのにも一苦労…。もっちもち!とにかくもっちもちです!小ぶりのように見えて、ボリューム感のある逸品です。

th_IMG_0381


もち米の旨みと甘み、それを引き立たせる〈麗美〉のキレのよい酸味。お互いがお互いを引き立たせる、素晴らしい組み合わせです。
 
 

麻婆にバケット?とにかくオシャレな麻婆ディップ

ピリ辛の麻婆をそのままツマミにするのもアリですが、もっとオシャレに食べたい!そんな時に食べたいのが、中華バルならではの発想から生まれたこの麻婆ディップです。

th_IMG_0654

麻婆ディップ バケットを添えて
ピリ辛…いやいや、これが結構辛い。四川風激辛麻婆にバケットをディップして食べるのがオススメ。辛いのに食べることをやめられない、やみつきになる辛さがたまらない逸品です。

 
th_IMG_0722
マグマのようにグツグツと煮え立つ麻婆を、スプーンですくってバケットに乗せて食べるのもあり!

th_IMG_0728


激辛だけどやめられない!そんな辛さがやみつきになる美味しさです。

th_IMG_0791


激辛料理を食べた後に〈麗美〉を一口。

th_IMG_0642


四川風激辛麻婆の辛さを包み込むように、〈麗美〉の甘みが口の中で広がります。
 

おわりに

th_IMG_0799

いかがでしたでしょうか?オシャレな中華料理を食べながら紹興酒を飲みたくなりますよね。スタイリッシュなボトルデザインも相まって、ワインのような感覚で楽しめる〈麗美〉。アルコール度数も低めで飲みやすく口当たりのよい紹興酒だから、きっとどんな料理にも合うはず。あなたならではの組み合わせを見つけてみてはいかがでしょうか?
 
 

店舗概要

店名 京鼎樓バル (ジンディンロウバル)
住所 東京都渋谷区恵比寿4-9-5 1F
※JR恵比寿駅東口より徒歩2分
電話番号 03-5422-7305
営業時間 月〜金:LUNCH 11:30〜15:00 / DINNER 17:30〜24:00
土:12:00〜23:00
日・祝日:12:00〜22:00
※ラストオーダーは1時間前&土、日、祝30分前
定休日 年末年始
店舗ブログ http://jin-din-rou.net/shop_ebisubar.html

 
▼宝酒造 紹興酒「塔牌」陳五年〈麗美〉の情報はこちら 
http://www.takarashuzo.co.jp/products/touhai/lineup/page03.htm
▼宝酒造 紹興酒「塔牌」の情報はこちら
http://www.takarashuzo.co.jp/products/touhai/
 
 
提供:宝酒造
 

訪問の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ