TOP / お酒を選ぶ / 日本酒 / “これ、本当に日本酒!?”最近人気の変わった日本酒10選

パッケージが一味違う!!SNS映え間違いなしな日本酒紹介

⚫︎三芳菊 残骸 責めブレンド

三芳菊酒造は1889年に創業した酒蔵です。
日本三大河川「吉野川」の上流に位置しており、仕込み水も同水系の伏流水を使用しているそう。

それにしてもパッケージもネーミングもすごいです。
いい意味で“全然日本酒らしくない!!”
思わずパケ買いしてしまいそうですよね。

「残骸」は味をわかりやすく表現しようとすると「まろやかな常夏パイナップルジュース」といった面白い味の日本酒です。

そのトロピカルな味からもはや日本酒を飲んでいる感覚ではなくなってしまうかも。
パッケージや名前だけでなく、味にも個性が爆発しています。
リキュールのようにアイスにかけて食べるのも良し。

商品名 三芳菊 残骸 責めブレンド
酒造ページ http://www.macserver.if.tv/cgi/miyoshikiku2/modules/wordpress1/
created by Rinker
三芳菊酒造
¥3,080 (2020/11/29 18:09:10時点 Amazon調べ-詳細)

⚫︎ちょびっと乾杯

花の舞酒造は1864年に創業しました。1864年はペリーが浦賀に来航した11年後、桜田門外の4年後、大政奉還の3年前なので幕末ですね。

日本国内だけでなく、アメリカやシンガポールへの輸出もしており、世界からの評価も高いことがうかがえます。

今回ご紹介するのは、米と麹だけで出来たシャンパンのような「ちょびっと乾杯」。
瓶の形がオシャレで、名前も可愛いですよね。

味も多様でメロン酒、イチゴ酒、ブルーベリー酒などがあります。
シャンパンのようにほのかに甘い口あたりで、アルコール度数も6度。
飲みやすい微発泡日本酒です。普段、日本酒を飲まない方にもお楽しみいただけます。

商品名 ちょびっと乾杯
酒造ページ http://www.hananomai.co.jp/chobikan/

⚫︎月うさぎ

梅乃宿酒造は1893年に創業されました。
少量高品質を守り、大和の地酒にこだわり続けています。

歴史を守ることだけでなく、、斬新な楽しみ方を提案することにも力を入れています。
若い世代や世界中の人々を魅了するような日本酒の開発を目指しているそうですよ。

今回ご紹介する「月うさぎ」はうすにごりの微発泡酒。
アルコール度数は低めの6%です。
ビン内二次発酵で生じた炭酸ガスの持続性と優しい香り、そしてしっかりとした味わいが魅力です。
和食はもちろん、フレンチやイタリアン、中華と料理を選びません
しっかりと冷やしてお召し上がりください。

商品名 月うさぎ
酒造ページ http://www.umenoya-honpo.com/
created by Rinker
梅乃宿
¥693 (2020/11/29 18:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

⚫︎酒を売る犬 酒を造る猫

美味しかった楽しかった! お酒は勿論だけど、料理も美味しいし、 お店の雰囲気も素敵でした😍 し・か・も! 店員さんはイケメンで優しい! お酒の説明も分かりやすくて、神対応でした🧚‍♀️ また行きたいお店だと思いましたー! . いろんな日本酒飲んで、特にこの子達が好きでした❤️ #酒を売る犬酒を造る猫 #僕とオカン #matchees #日本酒 #お洒落なお店 #幸せな時間#幸せな空間 #sakeba#渋谷 . ちなみにこの後携帯無くしました。 今回は一人だったから絶望的でした。 半ベソかきました。 1週間で2回も携帯無くすとか #厄年 #iPhoneを探すに感動

A post shared by Miho (@aidarake8) on

「酒を売る犬 酒を造る猫(略称「犬猫」)」は、“大切な友と呑み交わす酒”をブランドコンセプトに、2016年に誕生したブランドです。

犬猫を造る宝山酒造は、明治18年に創業した小さな酒蔵です。
新潟の奥座敷として知られる岩室温泉の地酒として、愛されています。

大量生産はせず、丁寧に醸す日本酒は絶品です。

今回ご紹介する「犬猫」で使用しているお米はすべて新潟県産五百万石。お米へのこだわりを強く感じます。
また、夏でもスッキリ飲めるような、少しドライでキレのある飲み口に、「新潟酵母」によって生まれるマスカットや青リンゴ系の青々とした香りをプラスしました。

パッケージだけでなく、味にもこだわった一品です。
こちらは時間無制限で100種類の日本酒が飲み放題の「KURAND」にて味わうことができますよ。
詳しくはこちら

商品名 酒を売る犬 酒を造る猫
酒造ページ https://takarayama-sake.co.jp/

⚫︎理系兄弟

「理系兄弟」は、KURANDと福島県白河市の有賀醸造が共同で企画・開発した日本酒です。
コンセプトは“日本一理系な兄弟蔵元が、綿密な酒質設計をもとに造った究極の食中酒”です。

理系兄弟を造った有賀醸造は1772年創業の酒蔵です。
代表銘柄は「有の川」ですが、近年では幻のマッコリの異名を持つ「虎マッコリ」が人気となっています。

「理系兄弟」は穏やかな香りでありながら、しっかりとしたお米の旨みを感じられる日本酒です。

口当たりがよく、食事に寄り添うやさしい味わいが特徴。

また、幅広い温度帯で楽しめることはもちろん、“究極の食中酒”として様々なジャンルの料理とよく合います。

特に塩味のあっさりとした料理や、フレッシュな野菜をつかった料理との相性がバッチリ。
こちらも「KURAND」にて味わうことができますよ。
詳しくはこちら

商品名 理系兄弟
酒造ページ http://sakenosakuraya.com/ariga.html

まとめ

いかがだったでしょうか?

日本酒の紹介のはずなのに、「シャンパン」とか「キメ細かい泡」とか、なんだか日本酒の説明をしている気になりませんでした。
徳利、おちょこの日本酒も風情があって美味しいものですが、シャンパングラスで飲むスパークリング日本酒もいいですね。

また日本酒の地味でおじさんくさいイメージを払拭するようなオシャレで可愛いパッケージの日本酒もたくさん登場しています。

ぜひこの記事を参考にしつつ、いろいろな日本酒に挑戦してみてくださいね!!