ホーム > コラム > 知識・雑学 > いいの悪いのどっちなの?お酒を飲んだ後のお風呂・サウナについて

いいの悪いのどっちなの?お酒を飲んだ後のお風呂・サウナについて

普段は帰宅後にお風呂に入りますが、飲み会後に帰宅したときは、入浴しても大丈夫なのか気になりますね。そこで今回は、お酒を飲んだ後にお風呂やサウナに入るとどのような影響があるかやどうすれば良いかなどについてご紹介します。

結論はどっち?

お風呂でアルコールは抜けない?

a0002_006558_m


お風呂で温まると、抹消血管が拡張して血流が良くなるぶん、内臓を巡る血液量が減ります。しかし、アルコールを酢酸にまで代謝するのは肝臓であり、肝臓の血流が悪くなるとその機能が低下します。そのため、お風呂に入るとアルコールの代謝速度が遅くなります。



サウナなんてもってのほか!

0000009286


上記の血流に関するメカニズムはサウナでも同様ですが、それに加え、サウナに入ると汗をたくさんかくので、脱水症状がより心配です。
アルコールには抗利尿ホルモン(尿をつくるのを妨げるホルモン)を抑える働きがあるので、利尿作用があり、体内の水分が排出されます。

運動もNG

machines-91849_640


運動もお風呂と同様、抹消の血流が良くなり、内臓の血液量が減るので、アルコール代謝にはマイナスです。さらに、運動をすると心拍数が増加し、お酒を飲んでも心拍数が上がるので、心臓に負担がかかります。

風呂上がりのビールもダメ?

OZPA_945920141025150720


風呂上りは抹消に血液がいっているため、肝臓のアルコール代謝は少し落ちているかもしれませんが、だんだん温度は下がってきます。そのため、多少の影響はありますが、ゆっくり飲むのであれば、お酒を飲んでから入浴するほどの、負担や危険はないと考えられます。
お風呂で汗をかいて体内の水分が減っているので、利尿作用があるビールだけを飲むのではなく、アルコールを含まない飲料で水分補給をしてからビールを飲むほうが望ましいでしょう。

発汗でアルコールは抜けない。二日酔い対策はどうする?

基本は水分補給!

bottles-60479_640


お酒を飲むと、飲んだ水分量以上に尿として排出されることがあります。血液中の水分が減りすぎると、脳や消化管に影響を与え、頭痛や吐き気が起こる可能性があります。これたは二日酔いを悪化させるので、水分補給を忘れないようにしてください。

おまけ:お酒風呂はOk?

ビール風呂

cans-3093_640


お風呂で吸い込むアルコール量は少ないので、特にお酒に弱い方でなければ、上記のような問題はないと考えられます。ただし、アルコールがつくと肌が赤くなる方は、肌に合わない可能性があります。ここからはお酒風呂の効果についてお話します。
ビール風呂はドイツで流行していて、酵母の力で肌にツヤが出るほか、炭酸の効果で血行が良くなり温まることができます。

日本酒風呂

fd401469


日本酒に含まれるアミノ酸がお肌にうるおいをもたらし、もろみの発酵成分に保湿作用があります。長澤まさみさんや藤原紀香さんが行っているといううわさです。

焼酎風呂

a0006_000466_m


日本酒同様もろみは保湿作用があります。お風呂にコップ1~2杯の焼酎を入れれば、アルコールの力で体が温まります。

ワイン風呂

a0006_000480_m


芳醇な香りがして、ブドウの果実酸やポリフェノールが肌を引き締めます。

 

お風呂で転倒してケガをするとか、浴槽で寝てしまい溺死するリスクがあるので、酔っている状態での入浴は危険です。お酒を飲んだ後、寝る前にお風呂に入りたいときは、酔いを覚ましてから入浴してください。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ