ホーム > 飲みに行く > まとめ > 「大人の遠足」してみない?休日に行きたい東京近郊で見学できる日本酒蔵9選+α
2018.8.3
知識・雑学

「大人の遠足」してみない?休日に行きたい東京近郊で見学できる日本酒蔵9選+α

中村酒造(東京都あきる野市)

出典:中村酒造ホームページ

奥多摩の清涼な水を使用して、酒造りに励む「中村酒造」。代表銘柄は「千代鶴(ちよつる)」。

味の特徴は、淡麗型。しかしながら、米のうま味もしっかりと感じさせるバランスのとれた味わいに仕上がっています。
蔵見学に加えて、「酒造り資料館」も用意。同施設では200年余りの歴史の中で用いられてきた、伝統の酒造り用具や貴重な資料が展示されています。

歴史にまで深く触れたいという方は、ぜひとも足を運んでみて下さい。

蔵見学について

予約方法 電話:TEL:042-558-0516
料金 無料
人数 規定なし
時間 約1時間
住所 〒197-0826 東京都あきる野市牛沼63
アクセス 電車を使う場合:JR五日市線秋川駅下車、徒歩約11分 。
備考 GW中の営業及び見学は、直接HPあるいは電話にてお問合せください。
URL  http://www.chiyotsuru.jp/

松岡醸造株式会社

埼玉県比企郡に位置する「松岡醸造」代表銘柄「帝松」。こちらの銘柄は、嘉永4年(1851年) の創業から、丁寧に醸し続けられているロングセラーな一品です

蔵の近くには、県指定の天然記念物「古寺鍾乳洞」があります。仕込み水として使用するのは、石灰岩で浄化された地下130mのミネラルが豊富な深層天然水、主原料は山田錦等の優れた好適米。現在でも、伝統的な技術を駆使した日本酒造りをしています。

品評会にて数多くの賞を受賞をしている、実力派の蔵。ぜひご自身の舌で、その絶品日本酒を味わってみてください。

蔵見学について

予約方法 電話:TEL:0493-72-1234  午前9時~午後16時
料金 無料
人数 30名まで
時間 約30分
住所 〒355-0326 埼玉県比企郡小川町下古寺7-2
アクセス 小川町駅からタクシーで10分程度。(駐車場あり)
URL http://www.mikadomatsu.com/index.html

旭鶴(千葉県佐倉市)

佐倉の老舗酒造 【旭鶴】さんへ酒蔵見学に 行ってきました ・ 創業1830年の酒蔵 ・ 最寄りのバス停からさらに徒歩20分 自力で行きました(๑˃̵ᴗ˂̵) ・ 蔵人の方が酒蔵を とっても親切に案内してくださいました ・ 20分の見学のあと 試飲を6種類 ランチ前でほろ酔い😊💕 熟成3年 山田錦の 大吟醸の勘三郎 がおいしくって のどごしよくまろやか ・ お土産は4本購入❗️ さらに大吟醸の酒粕を6袋😊 ・ イヤ〜😅💦 重い‼︎ 香港から来たばかりの主人に 荷物もちお任せでした ・ ・ ・ #旭鶴 #旭鶴酒造 #地酒 #酒蔵見学 #日本酒おいしい #佐倉地酒

A post shared by Masae Kobayashi (@masae1212jp) on

千葉県・「旭鶴」は、女性の杜氏が醸す全量「槽搾り」による手造りの蔵として有名。代表銘柄銘酒「旭鶴(あさひづる)」をはじめ、食中酒として最適なお酒造りがされています。

都心から約1時間という好アクセスなのも、嬉しいポイント。田園風景と、八坂神社の森林に囲まれた昔ながらの蔵の雰囲気とを両方味わうことが出来ます。

普通酒でも精米歩合60%と、高精米の酒米のみを使用しているのが特徴であり、蔵見学では、蔵の作りを始め、その製品を利き酒体験として味わうことができるため、蔵の味を存分に味わうことができる蔵見学になっています。

蔵見学について

予約方法 電話:TEL: 0120-65-0002 (9:00 ~ 18:00(月〜土)またはメール:tsuru.tanaka@nifty.com

見学の7日前までに電話又はメールで問い合わせ。

料金 お一人様300円 1団体20名様以上で6000円限り
人数 1名様から見学可能
時間 見学20分 利き酒20分程度
住所 千葉県佐倉市馬渡918
アクセス 電車を使う場合:JR佐倉駅または京成佐倉駅から出ている市内循環バス「馬渡坂上行」に乗り、終点ひとつ手前「八坂神社入口」が最寄の停留所となります。
URL  http://www.asahiduru.jp/

小澤酒造(東京都青梅市)

東京の奥座敷・奥多摩で酒造りを営む蔵元である「小澤酒造」代表銘柄は「澤乃井(さわのい)」

こちらは、敷地内にさまざまな施設があるのが特色の蔵。「清流ガーデン澤乃井園」は、自然探索やハイキングの休憩・くつろぎの場所としても好評の美しい庭園です。

売店では「澤乃井」をはじめ、「生原酒タンク量り売り」「手作りまんじゅう」「わさび漬け」「酒まんじゅう」など、日本酒以外にも様々な蔵の商品を購入できるのでお土産購入にも最適です。

また有料ではありますがが、澤乃井直営の「きき酒処」にて、常時10種類程のお酒で利き酒を楽しむこともできるんです。アトラクションが多い蔵見学なので、最初から最後まで楽しめますね!

蔵見学について

予約方法 電話:TEL: 0428-78-8210 またはホームページから(10名以上は電話のみ)
料金 無料
人数 1名から10名以内(10名以上は団体予約)
時間 所要時間45分
住所 〒198-0172  東京都青梅市沢井2-770
アクセス JR沢井駅より徒歩4分
備考 予約の際には、日にち、時間(11時・1時・2時・3時)、代表者氏名、代表者連絡先、人数、交通手段が必要となります。
URL http://www.sawanoi-sake.com/

【番外編・小旅行に】竹野酒造(京都府京丹後市)

東京近郊ではありませんが......、ぜひオススメしたいのが京都府にある「竹野酒造」です

10種類もの日本酒の試飲ができるのあ、ファンにとっては嬉しい限り!!

京都観光ついでに訪れるのにも最適ですので、長期休みの旅行先として検討してみてはいかがでしょうか?

蔵見学について

予約方法 電話:TEL: 0772-65-2021
料金 無料
人数 1名から10名以内(10名以上は団体予約)
時間 所要時間40分~2時間
住所 〒627-0111 京都府京丹後市弥栄町溝谷3622-1
備考 蔵見学の予約状況によって変化していくことが考えられます。あらかじめご了承ください。
URL https://yasakaturu.co.jp/

まとめ

お酒を味わいながら、蔵の歴史を学ぶ。酒蔵見学は、幼い頃に学校の修学旅行で味わったドキドキを思い出させてくれるまさに「大人の修学旅行」。

お酒にまつわるストーリーを知ることで、今まで飲んでいたお酒が一味も二味も美味しく感じることでしょう。

いつもは行かないような場所に、ちょっと足を伸ばして酒蔵見学を楽しむ週末。素敵だと思いませんか?

 

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

三寺悠仁

三寺悠仁

高知県の酔鯨酒造で2年間蔵人として勤務、現在はKURANDの商品開発に関わる日本酒のプロ。日本酒の素晴らしさを世に伝えるべく、日夜活動中。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation