ホーム > コラム > 知識・雑学 > 「辛い」ってどういう意味?日本酒の「辛口」がどんな味なのか徹底解説!
2018.8.13
日本酒

「辛い」ってどういう意味?日本酒の「辛口」がどんな味なのか徹底解説!

つまり甘口ではないお酒が「辛口」!

甘口ではないお酒が業界では辛口と呼ばれ、本格辛口というフレーズとともに世間に浸透。

これが、日本酒の辛口が辛くない(Hotじゃない)のにも関わらず辛口と呼ばれる所以なのです。

しかし、一口に甘口ではないお酒といっても、そのタイプは様々ですよね。甘みが強くても、それ以上に酸味が強ければ辛いと感じることさえありますし、甘口であっても旨味が先行するようなタイプは辛く感じたり、、、

たとえ辛口に仕上げても、吟醸酒などのフルーティーな香りは味わいを甘く感じさせることもしばしばあります。

甘口じゃないなら辛口というのは少し大雑把に感じませんか?

理想の辛口に出会うために

辛口の定義は大雑把。

ですから「辛口の酒」という括りだけでは、自分の好きなタイプの辛口かどうかは分かりません。

そこで大切になってくるのは、どういった辛口のお酒が好きなのか、それを絞り込むことです。

「スッキリした辛口」「旨味がしっかりした辛口」「インパクトがありどっしりとした辛口」「軽くあっさりとした辛口」などなど。

プラスアルファのキーワードを意識すると、お店で注文する際や、説明書きを読んでお酒を購入する際に失敗する確率を大幅に減らせます。

ちなみに日本酒度が+であるものは辛口とされていますが、これはあくまで目安です。自分の感覚を信じて、理想の辛口のお酒を探してみてくださいね!

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

三寺悠仁

三寺悠仁

高知県の酔鯨酒造で2年間蔵人として勤務、現在はKURANDの商品開発に関わる日本酒のプロ。日本酒の素晴らしさを世に伝えるべく、日夜活動中。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation