TOP / お酒を選ぶ / ビール・発泡酒 / お酒は何度で凍る?夏に飲みたい「フローズンビール」の作り方を伝授

自宅でフローズンビールを作ってみよう

自宅で凍らせることのできるビールは、少し工夫をするだけで「フローズンビール」として楽しむことができます。
フローズンビールとはクリーム状に凍らせた泡のシャリシャリとした食感が楽しい、夏にオススメの飲み方です。

用意するものはお好みのビールと蓋つきのアルミ製ボトル(コーヒーの缶やエナジードリンクの缶などでOK、必ず蓋つきのもの)だけ。

まずアルミ製のボトルの1/4ほどにビールを注ぎ、冷凍庫で3時間凍らせます

3時間たったら冷凍庫からボトルを取り出し10~20回ほど上下に振ります
強く振りすぎると蓋を開けるときに噴きこぼれる可能性があるので要注意です!

冷蔵庫で冷やしたビールをグラスに注ぎ、その上から凍らせたビールを注いで完成!!

キーンとした冷たいビール、暑い日にぜひ試してみてくださいね。
(ビールの缶ごと凍らせると中身が膨張し、破損する恐れがあり危険なので絶対にしないようにしましょう!)

【番外編】パーシャルショット

逆に「アルコールは凍りにくい」という性質を生かした「パーシャルショット」という飲み方も合わせてご紹介します。

パーシャルショットとは度数の高いお酒を瓶ごと冷凍庫に入れて、キンキンに冷やして飲む飲み方のことです。

焼酎は冷凍庫に入れることで少しシャリシャリとしたシャーベットのような飲み口に、ウイスキーやウォッカはトロッとした口当たりになります。

特にウイスキーは甘みが強調され、飲みやすくなりますよ。
さらに口の中に入れた瞬間の香りも驚くほど豊かになります。

アルコール感も抑えられるためついつい飲み過ぎてしまいそうになってしまうので、アルコール度数がかなり高いということは忘れずに覚えておきたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

冷蔵庫で固まる、固まらないといったお酒の性質を使って、少し変わった飲み方を楽しむこともできます。

アルコールの特性を利用して、今年の夏はより充実したお酒ライフを送ってみてはいかがでしょうか?!