ホーム > コラム > 知識・雑学 > 日本酒"超"激戦区!「東北地方」の日本酒オススメ銘柄10選
2018.9.27
知識・雑学

日本酒"超"激戦区!「東北地方」の日本酒オススメ銘柄10選

5位「新政 エクリュ (生成) 純米」秋田県

新政 エクリュ (生成) 純米」は、秋田市に蔵を構える新政酒造が醸す日本酒です。

酒米に秋田県産の酒こまちを使用し、精米歩合30%まで磨いた酒業界の革命児が醸す銘酒。平成26年度の秋田県清酒品評会で優等賞を受賞した出品酒です。

ナチュラルな口当たりと、その中に漂う清潔な甘みが特徴。風味のバランスが良く、心地良い余韻を感じることができる一本です。

購入はコチラから

4位「出羽桜 桜花 吟醸酒」山形県

出羽桜 桜花 吟醸酒」は天童市に蔵を構える、出羽桜酒造が醸す日本酒。

吟醸酒ならではの華やかでフルーティーな香りが心地良い銘酒。米の旨みと甘味がふくよかに広がり、やがて程良い余韻を感じさせてくれるのが特徴です。

吟醸酒の普及に貢献したと名高い、同蔵自慢の一本。ぜひその舌でお確かめください。

購入はコチラから

3位「飛露喜(ひろき)純米大吟醸」福島県

飛露喜 純米大吟醸」は河沼郡に蔵を構える、廣木酒造が醸す日本酒です。

酒米には山田錦のみを使用。精米歩合は麹米40%・掛米50%と贅沢に磨いた一本です。

純米大吟醸酒を生詰めしてあるので抜群にフレッシュ。洗練されたスッキリとした風味が特徴のプレミア日本酒です。

購入はコチラから

2位「田酒 特別純米酒」青森県

田酒 特別純米酒」は青森市に蔵を構える、西田酒造店が醸す日本酒です。

青森県産の酒造好適米「華吹雪」を使用。米の味わいがしっかり詰まった特別純米酒です。

辛口のキレがありながら深いコクもあり、そのバランスが心地良い。程良い香りと相まり、最終的にはてスッキリと飲めてしまう銘酒です。

購入はコチラから

1位「高木酒造 十四代 本丸 秘伝玉返し」山形県

高木酒造 十四代 本丸 秘伝玉返し」は、村山市に蔵を構える高木酒造が醸す日本酒です。

あまりの人気にプレミア価格で取引されることも多々ある銘酒。本醸造酒ながら吟醸酒を思わせるような仕上がりからも、そのクオリティーを窺い知ることができます。

鼻腔を刺激する品のある香り、米の甘味とキレのバランスが非常に良くスイスイと盃が進む一本です。

購入はコチラから

まとめ

いかがでしたでしょうか?

さすが日本酒の激戦区「東北地方」。有名銘柄がずらりと並びましたね。TOP10では紹介しれきないほど、銘酒が揃っているのがこのエリアなのです。

日本酒通なら飲んでおきたい逸品の数々。ギフトにも自分用にも、ぜひ今回ご紹介した日本酒をご利用ください!

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ワキヤ

ワキヤ

日本酒を愛する元バンドマン。趣味は昼から飲むはしご酒。よく千住で一人酒してます。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation