TOP / お酒を選ぶ / ビール・発泡酒 / ビール好きなら覚えておこう!ビールの“泡”が持つ役割と上手な注ぎ方

ビールの上手な注ぎ方講座

ビールを上手に注ぐためにオススメしたい方法が「3度注ぎ」です!!
その方法を詳しく解説していきます。

①グラスは立てたまま、グラスの真ん中をめがけて低い位置から高い位置に持っていき勢いよく注ぐ

グラスが泡でいっぱいになってしまっても大丈夫!!
泡とビールの割合が5:5になるまで少し待ちます。

②グラスの真ん中をめがけて優しく注ぐ

2度目は優しく注ぎます。
泡をつぶさないようにするイメージで、グラスにビールがいっぱいになったら少し休憩。
泡とビールの割合が4:6になったらいよいよ3度目に入ります!

③泡を持ち上げるようなイメージでゆっくりと注ぐ

2度目で作った泡を壊さずに持ち上げるイメージです。この時もグラスの真ん中を目標にして注ぎましょう!!
飲み口から1cm~1.5cmぐらい上に泡が来るようにします。

さて、3度注ぎで黄金比率のビールが作れましたか??
これであなたもビールマスター!!

上手く注げない…そんな時には文明の利器に頼っちゃおう!!

超音波振動によって簡単にきめ細かくクリーミーな泡が作れちゃう便利グッズです。

自宅にいながらビアホールのようなふわふわな泡を楽しむことができます。

電池で動いているので、屋外でも使用することができますよ。
キャンプやBBQでも大活躍しそうですね。

さらに350ml缶だけでなく、500ml缶にも対応しているため、大人数でも使用可能です。

お手入れもしやすく、機械の付け替えも簡単なので、ビールが上手く注げない!!という方はぜひ試してみてくださいね!!

こんなに映える!!ビールの泡ってすごい

View this post on Instagram

☆ 東京都渋谷区の恵比寿は、かつてヱビスビールの工場があったことから地名が「恵比寿」になりました。 そんなヱビスビールの工場跡地にあるヱビスビール記念館。 その中央で光り輝くのは銅釜です。 これは、ビールをつくる仕込釜で、1960年代後半に設置され、1987年まで恵比寿工場で活躍したものです。 高度経済成長期、ビール需要も大きく拡大する時代に活躍していたビール工場の重要設備。 是非、ご来館いただき実際にご覧ください。 #サッポロビール #yebisubeer #yebisubeermuseum #恵比寿 #恵比寿ガーデンプレイス #gardenplace #yebisugardenplace #beer #ビール #見学 #記念館 #ビール好き #歴史 #銅釜 #仕込釜

A post shared by サッポロビール公式アカウント (@sapporobeer.jp) on

View this post on Instagram

発売以来、多くの方に愛されている本麒麟🍺選び抜かれた素材と伝統の製法が実現した力強いうまさとコク。  ぜひ、お試しください 😆 ✨   飲んだよ~という方は #きょうのキリン のハッシュタグ付きで 投稿してもらえると嬉しいです!   #キリン #kirin #ビアスタグラム #キリンビール #ビアスタグラマー #お酒好きな人と繋がりたい #いんしゅたぐらむ #秋の味覚 #シアワセなヒトトキ #ビール好きな人と繋がりたい #ビール女子 #🍺 #🍻 #ビール部 #ビール党 #ビールのある生活 #生ビール #beer #beerlover #beerstagram #ペーパーファン #手持ち倶楽部

A post shared by キリンビール (@kirin_brewery) on

まとめ

見た目だけではなく、味の側面からもビールの”泡”にはとても重要な役割があります。

上手に泡を作ることができるようになれば、さらにおいしくビールを味わえるようになりますよ。

ぜひこの記事も参考につつ、ビールの楽しみ方の1つとして”泡”の質を追求してみてくださいね♪