TOP / お酒を選ぶ / 日本酒 / 各国首脳にも贈答されたお酒『会津ほまれ』!喜多方の名水で仕込まれた銘酒の魅力に迫る

会津ほまれのオススメの商品

会津ほまれのオススメの商品をご紹介します。名前からして「会津のお酒だな」とわかるので、お酒好きな方への贈り物にも最適です。ぜひお気に入りの一本を見つけてください。

会津ほまれ 上撰辛口 本醸造

会津では以前、濃い保存食に合うよう甘口で濃醇なお酒が主流でした。新鮮な食材が手に入るようになってからは、淡麗辛口酒の需要も増えてきます。この上撰辛口本醸造は会津の辛口の酒のひとつで、辛口でありながらも、会津の酒の特徴である旨味も感じられるお酒です。ぬる燗がおすすめで、焼き鳥や焼きイカなど焼き物との相性が抜群です。

created by Rinker
ほまれ酒造
¥1,381 (2021/09/23 02:09:46時点 Amazon調べ-詳細)

会津ほまれ 純米大吟醸 極

ちょっと贅沢な家飲みがしたいときに、手頃な価格で楽しむことができるの純米大吟醸酒。良い意味で価格と品質が釣り合っていない商品です。一般の加工米を掛け米として使用することで価格を抑えていますが、会津杜氏の中島氏が造る、気品ある香りとキレのある味わいはまさに実力派です。淡麗・中口のお酒なので、白身魚や貝などの刺身、生ハム、鴨のスモークなどに合います。

会津ほまれ 播州山田錦 純米大吟醸

2016年の伊勢志摩サミットにおいて、各国首脳に贈答するお土産品として採用されたのがこのお酒。播州産山田錦を40%まで精米し、喜多方名水で仕込んだ純米大吟醸酒です。果実を思わせるような華やかでフレッシュな香りと、辛口ながらも、口に含んだ時に広がる爽やかで綺麗な甘みとキレのある、気品ある味わいが特徴です。贈り物にもぴったりな一本です。

会津ほまれ ならぬことはならぬものです

このお酒の特長は、香りよりも味のバランスを重視している点。9号系の酵母を使用し酸をおさえることで、搾った後のとげとげしさを和らげています。淡麗辛口でありながら原酒の深みと、丸みのある味わいで、飲むとほっと安心できるお酒に仕上がっています。

お酒の名前になっている「ならぬことはならぬものです」は、会津藩士の子弟が小さなころから教え込まれる「什の掟」に由来します。年長者の言うことに背いてはならない、卑怯な振舞をしてはならないといった掟を締めくくる言葉として、「ならぬことはならぬものです」とあります。名前から会津藩士の武士道を感じられるこのお酒は、歴史好きの人に送ると特に喜ばれるかもしれませんね。

まとめ

喜多方の名水と会津杜氏の技によって醸される会津ほまれ。

数々のIWC受賞歴や、伊勢志摩サミットでのお土産品に選ばれるなど、輝かしい経歴を持っているこのお酒は、酒好きならぜひ一度味わってみたいものですね。さらに会津の歴史に思いをはせながら味わえば、楽しみが一層増すかもしれません。