ホーム > コラム > 知識・雑学 > 酒好きなら一度は飲みたい!「ヴィンテージウィスキー」の魅力とは
2018.9.17
ウイスキー

酒好きなら一度は飲みたい!「ヴィンテージウィスキー」の魅力とは

ヴィンテージウィスキーの紹介

時々、メーカーが醸造期間の長い原酒のみを使ったヴィンテージウィスキーを作ることがあります。とても高い値段ではありますが、ぜひ一度試してみたいものでもありますね。

次に紹介するのはネットで購入できるものです。ぜひチェックしてみてください。

◆山崎50年

ジャパニーズウィスキーとして有名な「山崎」。その山崎が何年かに一度製造しているのがこの「山崎50年」です。

売り出しの定価でも100万円という高さですが、完売後はさらに値段が上がり、香港のオークションでは3250万という値段で売り買いされたこともあります。
サントリーシングルモルトウイスキー 山崎50年 700ml 2005年の購入はこちら

◆グレングラント 50年

またスコッチウィスキーのグレングラントにも50年物のウィスキーがあります。こちらAmazonで10万程。
50年物のウィスキーとしては、比較的リーズナブルな商品です。
グレングラント 50年 (ゴードン&マクファイル) 40度 700mlの購入はこちら

職人がこだわり抜いたヴィンテージウイスキーを楽しもう!

大きなロマンを持ったヴィンテージウィスキー。

希少さも相まって手に入ることは少ないと思いますが、それだけに蓋を開けた時のワクワクは、既存のお酒ではなかなか味わえません。

大切な人の生まれ年のウイスキーをプレゼントするととても喜ばれそうですね!お祝いのときなどにぜひ一度は購入してみてはいかがでしょうか?

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

Hosumin

Hosumin

普段はIT業界で働いてます。お酒イベント大好き!お酒についても日々勉強を怠らず、もうすぐ利き酒師などの資格を取得します。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation