TOP / お酒を選ぶ / ビール・発泡酒 / ビールを1番飲むのはどこの国?知って楽しい「世界のビール事情」

ビール好きな国民が作る!チェコのビールを楽しんでみよう

さて、今回はそんなビール大消費国チェコ共和国のおすすめビールを2本紹介しちゃいます!!

ピルスナーウルケル

世界中で飲まれているビール市場の80%以上を占めるピルスナービールの元祖となるのがこの「ピルスナーウルケル」

この“ウルケル”というのは“元祖”という意味を持っているんですよ。

黒褐色の濃色ビールしかない時代に生まれた淡色のビール。
当時、ガラス製のグラスが普及し始めており、その色の美しさも人気となり世界中に広まるようになりました。

日本で多く普及しているビールが生まれたのも、このピルスナーウルケルが誕生したおかげなんですね。

ピルスナーウルケルは現在も伝統的なデコクションという糖化方法を繰り返す醸造法を採用しており、昔からの味わいを守り続けています。

味わいはとってもスッキリしていて、優しい苦味とやわらかな香りを楽しむことができます。
どんな方でも飲みやすいビールになっていますよ!!

created by Rinker
ピルスナーウルケル
¥450 (2021/09/23 02:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

ブドヴァイゼル・ブドバー

ブドヴァイゼル・ブドバーはチェコ南部にある、チェスケー・ブディェヨヴィッツェという街の醸造所で造られています。
チェスケー・ブディェヨヴィッツェって日本人だと発音が難しいですよね、噛みそうです。

「ブドヴァイゼル・ブドバー」はチェコ産のザーツホップとこだわりのモルト、地下300mの良質な地下水を使用しています。
味わいはかなりしっかりとしていて、パンやバターのような香りを感じることもできます。

お肉料理と合わせて楽しむことがオススメですよ!!

まとめ

世界のビール事情に詳しくなれたでしょうか。

“とりあえずビール”な文化が根付いている日本よりもビール好きの多い国はたくさんあるんですね。

そんなビール大国のビールは......美味しいに決まっていますよね!!!!!

ぜひ、世界のビールにも目を向けて、もっとお酒を楽しんでみてくださいね!!