ホーム > ニュース > 新商品 > サンクトガーレン「マンゴーIPA」のセカンドバッチが限定発売!マンゴー1.3倍の味わいは!?
2018.5.15
新商品

サンクトガーレン「マンゴーIPA」のセカンドバッチが限定発売!マンゴー1.3倍の味わいは!?

サンクトガーレンから、マンゴーを使用した甘くトロピカルな味わいのビール「マンゴーIPA(アイピーエー)」のセカンドバッチが、2018年5月17日(木)より限定発売されます。

今回発売されるセカンドバッチは、ゴールデンウィークに発売していたファーストバッチに比べ、マンゴーを1.3倍に増量し、マンゴーの風味が一層アップした商品。さらに、同社のビール「ゴールデンエール」の1.3倍の麦芽と、6.75倍のホップが使用されています。

大量に使ったホップのメインは“モザイク”というトロピカルな香りが特徴の品種。通常、ホップを大量に使うと苦味の強いビールになりますが、この商品ではホップのトロピカルなフレーバーだけがビールに凝縮されています。本物のマンゴーが加えられ、その甘くねっとりした味わいは、まるでマンゴージュースのよう。

販売場所は厚木のビアレストラン「Bakery&Beer Butchers (ベーカリー アンド ビア ブッチャーズ)」と、日本最大級のフードフェス「まんパク」、日本最大級のビアガーデン「ヒビヤガーデン」、日本最大級のクラフトビールイベント「けやきひろば 春のビール祭り」の各サンクトガーレンブースです。

この季節にぴったりなトロピカルなマンゴーIPA。限定発売なので、販売場所や時期要チェックです。詳しくはこちら

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

nomoooニュース

nomoooニュース

nomoooで最新のお酒ニュース情報をお届けします。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation