TOP / お酒を選ぶ / 日本酒 / うどんだけじゃない!香川県・讃岐の魅力を感じる日本酒「川鶴」をご紹介

おすすめの商品をご紹介

川鶴 山田錦70

酒造好適米「山田錦」を100%使用した、精米歩合70%の普通酒です。普通酒とはいえ、しっかり力を注ぎ込んで作られたこのお酒は、飲み飽きしない酒質が特徴。米の甘さを生かした、落ち着いた味わいです。

冷から熱燗まで、どんな温度でも楽しめます。

購入はコチラから

川鶴 讃岐くらうでぃ

麹を同社比3倍使用した、甘酸っぱい味わいかつ低アルコール(6%)の日本酒です。麹の旨みとフルーティーな吟醸香、クリーミーで甘ずっぱい爽やかな味わいが、讃岐の伝統料理「骨付鳥」のスパイシーな味わいによく合います。

おすすめはロックスタイル。普段あまり日本酒を飲まない方や女性にもおすすめです。

購入はコチラから

川鶴 純米大吟醸 wisdom

掛米に使った「オオセト」によって、このお米らしい力強い味わいと上品な香りが見事に重なり合った純米大吟醸酒です。

開栓するとまず感じられる甘い吟醸香や、その香りとの相乗効果で感じられる味わいは、完熟バナナのようなイメージ。その後には濃醇な酸味とコクが加わり、複雑に変化する香りと味わいが楽しめます。

購入はコチラから

川鶴 おいでまい 純米酒

香川県産米「おいでまい」を100%使用した、フレッシュでふくよかな味わいが特徴の純米酒です。

一般財団法人日本穀物検定協会が実施する「米の食味ランキング」で、平成26年産の「おいでまい」は最高ランクの「特A」と評価されました。そんな美味しい米を使ったこのお酒は、職人技を活かした箱麹法という手法で造られ、米の旨みが引き出されています。

購入はコチラから

川鶴の口コミ・評価

飲んだ人の感想を見てみると、爽やかであったり旨みがあるといった声があがっていますね。注目したいのは低アルコールの讃岐くらうでぃで、ぜひこの甘酸っぱさを味わってみたくなります。どれも飲みやすそうなので、口コミを参考に、色々飲み比べてみてはいかがでしょうか。

3月だというのに昼間は暑いくらいですね💦そんな時はゴクゴク飲める日本酒「讃岐くらうでぃ」 アルコールは6%しかありません。 香川県の骨付鳥に合うように作られたお酒だそうなので、骨付鳥は用意出来ないのでケンタッキーのチキンを用意しました。 味わいはとても甘酸っぱい❗ 乳酸菌系の香りと味わいがしますが日本酒っぽさはあまり感じない為、日本酒に慣れてない人に薦めるには良いかも。日本酒度も-70と、たぶんスパークリング清酒 澪とかくらいです。(味わいは全然違いますが) ロックがオススメ💡 #日本酒 #香川県 #川鶴 #讃岐くらうでぃ #アルコール分6度 #sake #Japanesesake #nihonshu

A post shared by Takahiro K (@kawakamitakahiro) on

最後に

個性豊かな米を使った「川鶴」のラインナップはいかがでしたか。讃岐産の「オオセト」や香川で誕生した「さぬきよいまい」で醸したお酒など、飲んでみたくなるお酒がたくさんありますね。

ぜひ香川のおいしい食べ物と一緒に、川鶴を味わってみてください。きっと川鶴に詰まった讃岐の魅力に、満足できることでしょう!

川鶴はインターネットから購入できます

購入はコチラから

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。