ホーム > コラム > 【ある女子大生の春休み】行くぜ東北!東北風土マラソンで食べて飲んで楽しんできた
2018.4.24
コラム

【ある女子大生の春休み】行くぜ東北!東北風土マラソンで食べて飲んで楽しんできた

華想い50【鳩正宗株式会社】

鳩正宗酒造は1899年に稲本商店醸造部として青森に創業しました。

創業当時は、近くを流れる稲生川から「稲生正宗」という銘柄でしたが、昭和初期に一羽の白鳩が蔵に舞い込み神棚に住みついたことから、この鳩を守り神として大切に育てたそうです。
亡くなってからも“鳩神様”として祀り、その後銘柄を「鳩正宗」と改名しました。

鳩正宗がこだわっているのは日本酒に米の旨みを出すこと。
創業から、日本酒の伝統や文化を継承し続けており、現在も「旨口の酒」をコンセプトに日本酒を造り続けいます。

今回の日本酒フェスティバルでいただいたのは限定酒の「華想い50」。
「山田錦」と「華吹雪」を親にもつ「華想い」は、青森で開発された新しい酒米です。

「華想い」という品種は、高精白が可能な品種なので、大吟醸酒や吟醸酒に向いています。

こちらのお酒はそんな華想いの良さを引き出した、やわらかな香りとさっぱりとキレのいい酸味が特徴的です。

お刺身だけでなく、お肉料理との相性も良さそうです。

公式HPはこちらをご覧ください。

Nature-H Sparkling【楯の川酒造】


一緒に写真を撮っていただきました!ありがとうございました!!

楯の川酒造は1832年に山形県で創業された酒蔵です。
この土地の水の品質がとても良かったことがきっかけとなり、酒蔵の創業につながりました。

日本酒はもちろん、オリジナルグッズや酒粕の販売も行っています。
酒粕については、蔵元オススメのアレンジ方法も紹介していますよ。

今回ご紹介するのは「Nature-H(ナチュルフ)」というシリーズのスパークリング日本酒「Nature-H Sparkling」です。

人工的に炭酸を加えるのではなく、酵母が作り出す炭酸ガスのみで生まれた柔らかな炭酸を味わうことができます。
また、麹と米が織り成す優しい甘さもポイント。

人工的に「作る」ことはせず、自然と人の手が調和し生まれた自然な日本酒
ラベルに記されている「respect for nature」という言葉がぴったり合っています。

公式HPはこちらをご覧ください。
またNOMOOOサイトで詳しく解説しているので、こちらの記事もぜひ読んでみてくださいね。

3.11未来へつなぐバトン〜特別純米生原酒〜【株式会社一ノ蔵】


一緒に写真を撮っていただきました!ありがとうございました!!

株式会社一ノ蔵は1973年に宮城県内の有名酒蔵4つが集まって誕生しました。

米所の宮城県で生産された美味しいお米と大松沢丘陵地の地下水の仕込み水を使用した酒作りを行っています。
最新機器・設備の導入を積極的に行いつつ、人によって伝承された技術で多彩な製品展開を可能にしています。

ラインナップが豊富で、超辛口日本酒から女性でも飲みやすい甘口低アルコール日本酒のひめぜん、まるでシャンパンのような味わいのすず音など、自分の好みに合わせて商品が選べるところも魅力的です。

今回ご紹介するのは「3.11未来へつなぐバトン〜特別純米生原酒〜」
こちらは東日本大震災の支援として造られている日本酒です。
一ノ蔵は、被災時の多くの方からの支援への恩返しとして「未来へつなぐバトン 醸造発酵で子供たちを救おうプロジェクト」を2011年12月にスタートしました。

「3.11未来へつなぐバトン〜特別純米生原酒〜」の売り上げの全額は、東日本大震災で被災した子供たちへの支援基金「ハタチ基金」に寄附しています。
“蔵元が受けた「ご恩」をバトンに見立て、将来を担う子供たちに渡し、さらに次の世代へつないで欲しい”という願いが込められているそうです。

使用しているのは「特別栽培米 蔵の華」。
日本酒らしい柔らかさと味わいの深を感じることのできる日本酒です。

感謝の気持ちや子供達への想いに溢れたとっても優しいお酒
ぜひ、味わってみてくださいね。

公式HPはこちらからご覧ください。
また、詳しく知りたいという方はぜひNOMOOOサイトのこちらの記事を読んでみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか??

2回にわたりお送りいたしました、春休みの東北特集。

記事でも紹介していきましたが、東北って本当に魅力がたくさん!!

実はまだ伝えきれていないものがたくさん、これでもかなり厳選しているんです(笑)

そんな魅力あふれる東北。
ぜひ皆さんも足を運んでみてくださいね!!

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新してい!!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

まりん

まりん

ビール好きな女子大生。女性がよりお酒を楽しめるような情報を大学生の目線でわかりやすく発信していきたいなぁと思っています。

関連キーワード