ホーム > ニュース > 新商品 > 蔦屋書店で先行販売!マイナス2度の”氷点下”で桜香る日本酒を楽しもう!

蔦屋書店で先行販売!マイナス2度の”氷点下”で桜香る日本酒を楽しもう!

東京の銀座・中目黒 蔦屋書店と、大阪の梅田・枚方 蔦屋書店の4店舗で、氷点下を2時間程度維持*できる保冷バッグ「テキオンラボ製保冷バッグ」が、2018年3月24日(土)に発売されました。また、あわせて桜の季節にふさわしい純米吟醸酒「桜樽酒」も発売されます。
※使用環境などにより保持できる時間は異なります。

日本酒を氷点下で楽しむことができるこの保冷バッグ。シャープ株式会社が、液晶材料の研究で培った技術をベースに開発した蓄冷材料でできています。昨年実施されたクラウドファンディングで、3000人以上の支持を集めた話題の商品です。

マイナス2度の日本酒を飲むと、最初は口の中でキリッとした冷たさを感じ、口内で温度が上がった瞬間、日本酒の香りや甘みが花開きます。

同時に発売される「桜樽酒」をこの保冷バッグでマイナス2度に冷やす事で、桜樽酒が持つ風味が口に含んだ瞬間に花開く感覚が楽しめます。

「桜樽酒」は桜酵母で醸した純米吟醸酒。桜の葉を入れて香りを移した杉樽に肌添えさせています。キリッとした飲み心地と、甘い桜葉の香りが特徴です。

氷点下で冷やされお酒の風味が、口の中で花開く感覚をぜひ体験してください。詳しくはこちら

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

新商品の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ