ホーム > コラム > 知識・雑学 > 【米焼酎】人気ランキングtop20!味わい〜飲み方まで徹底解説つき
2018.1.18
焼酎

【米焼酎】人気ランキングtop20!味わい〜飲み方まで徹底解説つき

米焼酎ランキング10位【獺祭】

米焼酎ランキング10位は「獺祭」です。
日本人なら一度は耳にしたことのある、日本酒「獺祭」を世に放った、山口県の旭酒造。

「酔うためではなく味わうための酒を」という理念で、酒造りを行う同社の粕取り焼酎「獺祭 焼酎」もまた絶品です。
吟醸造りに魂を込めた、職人が成せる醸造技術は、米焼酎獺祭にもまた受け継がれています。

獺祭焼酎は、日本酒の「獺祭」を製造する際に生成される、清酒粕のみを仕込みに用いています。
上質な吟醸酒の風味をそのままに、丹念に蒸留された獺祭焼酎は、米焼酎特有のまろみと、吟醸のすっきりとしたキレを演出しています。

全国でも珍しい粕取り焼酎の、トップレベルに立つ獺祭焼酎。
酒好きの方へのプレゼントに、間違いなく喜ばれる逸品となっています。

獺祭焼酎は、日本酒特有の甘い果実風味と、米焼酎のまろみを同時に感じさせてくれる粕取り焼酎です。
飲みやすいのでロックでも美味しいですし、柑橘割やソーダ割りも女性に優しく飲みやすいでしょう。

米の焼酎自体初めてで、ビビりながら注文したが、結果うまし。まず甘い。そして米の香りがいい。高価な日本酒の様だ。フルーティーという表現も間違いでない。癖はなく飲みやすい。 出典:Amazon:獺祭 焼酎 39度 720ml

購入はコチラから

米焼酎ランキング9位【十四代】

米焼酎ランキング9位は「十四代」です。
日本酒の伝説「十四代」を作った、山形県、高木酒造が生み出した米焼酎「十四代」。

十四代にはそれぞれ「秘蔵 乙焼酎」「隼」「鬼兜」など様々な種類がありますが、どれも入手困難。
焼酎好きだけでなく、日本酒通の方々からも切望される、唯一無二の贅沢米焼酎です。

十四代は、日本酒の大人気銘柄「十四代」の製法を取り入れた、格別に旨い米焼酎です。
低温でじっくりと蒸留された十四代は、まさに大吟醸のような華やか且つ、すっきりとした味わいに仕上がっています。

非常に日本酒に近い風味を持つ「秘蔵 乙焼酎」「隼」、一方「鬼兜」は樫樽熟成を行っているため、ウイスキーやラムのような芳醇さも持ち合わせています。

十四代は、全国の日本酒・焼酎好きから愛される、米本来の旨味をもったフルーティーな米焼酎です。
ロックやストレート、またはソーダ割りにしても、本来の味を感じることが出来るでしょう。

一言で言えば日本酒の様な焼酎…ロックでスイスイいける…感動です。 出典:Amazon:十四代 秘蔵焼酎 25度 720ml

購入はコチラから

米焼酎ランキング8位【純米焼酎 天草】

天草25度1800ml価格1,694円(税込1,830円)天草酒造は、天草群島下島の新和町小宮地にある焼酎蔵元です。
1899年(明治32年)創業の伝統のある蔵で 蔵の定番「天草」は長く地元・天草で長く愛飲されてきました。

選びぬかれた熊本産のヒノヒカリを原料に、復活させた兜釜式蒸留器で減圧蒸留しています。

余りクセのないまろやかな口あたりに仕上がっていて、コクもあります。
バランスも良く飲み飽きしません。

ロック、水割り・・と何でもあいますが、当店試飲では旨味の引き立つお湯割り派が多数でした。商品詳細はこちら

米焼酎ランキング8位は「純米焼酎 天草」です。
米焼酎の球磨、麦焼酎の壱岐、そして芋焼酎の鹿児島が、隣接した地域に構える天草酒造。

古酒や特酎で知られる天草ですが、この純米焼酎天草は、本格米焼酎に挑戦したい方に、ぜひ飲んで頂きたい名品です。

純米焼酎天草は、仕込みの米に熊本県産ヒノヒカリ、水に竜洞山から流れ出る水を使用。
飲みごたえ抜群の純米焼酎天草は、その芳醇な米の風味を、やはり減圧蒸留で引き立たせています。

またじっくりと仕込むことで、深い後味に余韻を残し、米焼酎ならではのコクを表現しています。

純米焼酎天草は、その厚みあるコクとまろやかさ、そして後を引く深い余韻が非常に旨い米焼酎です。
お湯割りで、その芳醇な香りを存分に楽しんでください。

熊本産のお米を原料とした純米焼酎、夏はこれでしょう。
ロックでも水割りでも美味しく飲める焼酎で麦も旨いけれど米も旨いです。
ある評論家に言わせると米焼酎のベスト5に入ると言われています。 出典:Rakuten:天草25度1800ml

購入はコチラから

米焼酎ランキング7位【七田】

米焼酎ランキング7位は「七田」です。
水車業がルーツとなり、酒造りを始めた天山酒造。
純米酒が有名なこの蔵元が持つ、隠れた名品が「七田」です。

清酒醸造から得た製法が、最大限に生かされた米焼酎。
クセがなく、純米本来の旨味を表現した、フルーティーで日本人に寄り添う暖かい焼酎です。

七田は、日本酒醸造に使う高級米「山田錦」を使用。
この酒米は黄麹及び、吟醸酵母を用いて仕込まれます。
そして、純米の旨味に雑味が被さらぬよう、減圧蒸留にかけて丹念に原酒作りをします。

近年、再び注目を集め始めた七田は、焼酎が苦手な方や女性にも人気を博しています。
七田の味わいは、洗練された純米の風味と、甘い果実のような華やかな旨味が特徴です。
すっきりと飲める水割りや、オンザロックでぐびっと飲んでみてください。

ストレートでもお湯割りでもOK。 出典:Amazon:七田【しちだ】 純米焼酎 720ml

購入はコチラから

米焼酎ランキング6位【白岳】

米焼酎ランキング6位は「白岳」です。
「いい米、いい水、いい人で。」という企業テーマを掲げた、高橋酒造が誇る本格球磨焼酎「白岳」。

モンドセレクション4年連続金賞受賞。
日本で一番売れている白岳は、上品で飽きない米の旨味を演出しており絶品です。

日本でも4つしか許されていない、産地呼称ブランド。
白岳を作り出した蔵元、高橋酒造は「球磨焼酎」という名を担うことに誇りを持ち、伝統製法を重んじています。

しかし、そこに新たな革新も求め、出来上がった高橋酒造の歴史的逸品が白岳です。
減圧蒸留で、米の雑味を除いたこの米焼酎は、非常に飲みやすく何杯でもいける旨さがあります。

白岳の上品な風味、淡いまろみとさっぱりとした後味を愉しむためには、水割りがおすすめと言えるでしょう。
または、上質な香りを立たせるために、お湯割りにするのも良いです。

さらりと飲めて満足。
ストレートでもお湯割りでもOK。 出典:Amazon:白岳 米 35度 1800ml

購入はコチラから

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ワキヤ

ワキヤ

日本酒を愛する元バンドマン。趣味は昼から飲むはしご酒。よく千住で一人酒してます。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation