ホーム > コラム > 知識・雑学 > 【保存版】麦焼酎の人気銘柄ランキングトップ20|定番から幻の麦焼酎まで徹底解説

【保存版】麦焼酎の人気銘柄ランキングトップ20|定番から幻の麦焼酎まで徹底解説

麦焼酎のランキング11位【神の河】

「神の河(かんのこ)」が麦焼酎の人気ランキング11位にランクイン。樽で貯蔵、熟成させることにより琥珀色に輝いています。
原酒はホワイトオーク樽に3年以上貯蔵、長期熟成ならではのふくよかな香りとまろやかなでバランスの良い味わいが特徴です。
ストレート、ロック、水割りなどでお楽しみください。

貯蔵酒ならではのまろやかさと風味を楽しめる焼酎です。貯蔵酒の中でも風味は上。
貯蔵酒を一度飲むと、寝かせないお酒は飲めませんなあ。 出典:Amazon:神の河

乙 神の河 長期貯蔵麦 25°/薩摩酒造   720ML 1本の購入はこちら



麦焼酎のランキング12位【こふくろう】

可愛らしいラベルの「こふくろう」が麦焼酎の人気ランキング12位にランクイン。
焙煎大麦を醗酵、蒸留したことが「こふくろう」最大の特徴で、それにより醸し出される香ばしい麦の香りと、麦本来のほのかな甘味が感じられます。

また麦を焙煎することで、二日酔いのもととなる成分を除去したため、酔い覚めが非常に爽やか。二日酔いが辛いという方は、ぜひこの麦焼酎を飲んでみてください。
ちなみに「こふくろう」を原酒として長期熟成させたのが「梟(ふくろう)」。ネーミングにストーリーがあって面白いですね。

麦の香りとうま味に、甘味も感じられてお気に入りの麦焼酎です! 出典:Amazon:こふくろう

研醸株式会社 こふくろう 焙煎麦焼酎 25度 1800mlの購入はこちら

麦焼酎のランキング13位【山猿】

赤いラベルでインパクト大な「山猿」が麦焼酎の人気ランキング13位にランクイン。
実はこちらの麦焼酎、先ほども紹介した「百年の孤独」「中々」を造っている黒木本店があらたに建設した尾鈴山蒸留所というところで作られている麦焼酎なんです。

山深き森の中の尾鈴山蒸留所ではすべて手造り、常圧蒸留にこだわっています。地元で栽培された大麦を原料に、自社栽培による独自の酵母菌を使用。徹底した造り仕込みののち貯蔵熟成させて仕上げたのが麦焼酎「山猿」です。

こだわり抜かれて造られた「山猿」は芳醇でまろやかな麦の香りが楽しめます。
ちなみに尾鈴山蒸留所は米焼酎で「山せみ」。芋焼酎で「山ねこ」を販売しています。山シリーズを揃えて飲み比べるのはいかがでしょうか。

実はそんなに焼酎を飲む方ではなく、自分で焼酎を買ったことはありませんでした。たまたま友人と入った飲み屋にこの山猿があって、飲んでみたら美味しかったので、買ってしまいました。食事にも合わせやすく、気に入りました。 出典:Amazon:山猿

黒木本店 尾鈴山蒸留所 麦焼酎 山猿 25°720mlの購入はこちら

麦焼酎のランキング14位【三段仕込み】

麦焼酎の人気ランキング14位は「三段仕込み」です。最大の特徴は名の通り3回に分けられて仕込まれていることです。日本酒は三段仕込みが普通ですが焼酎だと珍しいです。

製造元の岩倉酒造場は、なんと家族4人で全ての製造工程が手作業で行われている酒蔵。麦焼酎「三段仕込み」がご家族の手で1回1回丁寧に仕込まれていくのが目に浮かびますね。

そんな丁寧に造られた「三段仕込み」は芳醇な旨味、少しきついと感じるほどのしっかりとした麦の香り、また落花生のような軽い香ばしさと旨みも感じれる麦焼酎に仕上がっています。プレミア度が非常に高く入手困難なため独り占めはしないでくださいね。

大事に飲みたいお酒です。ゆっくりと過ごしたい時などにグラスを傾けてはいかがでしょうか・・ 出典:Amazon:三段仕込み

月の中 三段仕込み 麦焼酎 1.8L 1800mlの購入はこちら

麦焼酎のランキング15位【耶馬美人】

麦焼酎の人気ランキング15位の「耶馬美人」(やばびじん)は昭和57年に第6回国税庁鑑評会に於いて日本一になったこともある銘柄で、製造元の旭酒造は全て手作りにこだわっています。

「耶馬美人」に使われているのは麹、掛ともに100%麦。この製法は旭酒造が初めて開発、「耶馬美人」を大分麦焼酎の元祖として今日に至らしめました。
麦焼酎の独特の味、香りを楽しめる「耶馬美人」は、ザ・麦焼酎な一本を楽しみたいという方に特にオススメの麦焼酎です。

焼酎は芋派で、麦焼酎はなんだかアルコール飲んでます!って感じであまり好きではなかったのですが、この耶馬美人はウイスキーみたいな感じで好きです。 出典:Amazon:耶馬美人

耶馬美人 麦1.8L 25°旭酒造の購入はこちら

1 2 3 4

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ