ホーム > コラム > レビュー > きき酒師が厳選!アマゾンで3,000円以下で買えるおすすめ日本酒10選

きき酒師が厳選!アマゾンで3,000円以下で買えるおすすめ日本酒10選

オススメ日本酒6【久保田 千寿 吟醸】

穏やかな香り、まろやかな口当たりの「久保田 千寿 吟醸」。3,000円以下の、デイリーユースできる日本酒として家に置いてあると嬉しい1本です。飲み飽きることがなく、好き嫌いが大きく分かれない1本だと言えます。

冷やはもちろん燗にしても抜群に飲みやすいので、冬の寒い時期鍋パーティーのお供として購入してみてはいかがでしょうか?

辛口の日本酒が好き、という人にはまず間違いない商品だと思います。日常的に飲むには少し高価ですが、来客時に一本あると重宝します。飲み方を選ばない懐の深さも素敵です。 出典:Amazon:久保田 千寿 吟醸

久保田 千寿 吟醸 1800mlの購入はこちら



オススメ日本酒7【越乃景虎超辛口 本醸造】

「越乃景虎超辛口 本醸造」は、日本酒が”甘口か?辛口か?”を表す指標である「日本酒度」が+12.0もある辛口の日本酒です。

辛口酒に最適と言われている、超軟水の仕込水を使用しているので口当たりはなめらか。すっきりとした辛口の日本酒が好きな”呑んべい”の方にプレゼントする1本として検討してみてはいかがでしょう。

超辛口となっていますがスッキリとした味わいで深酒しても翌日に残らないお酒です。 出典:Amazon:越乃景虎超辛口 本醸造

越乃景虎超辛口 本醸造 1800mlの購入はこちら

オススメ日本酒8【福光屋 加賀鳶 純米 勢 純米酒】

酸味と旨味のバランスのとれた味わいの「福光屋 加賀鳶 純米 勢 純米酒」。キレの良さが際立つ、すっきりとした辛口の日本酒です。

冷やでもお燗でも、そのバランスは崩れることないので季節を問わず幅広い楽しみ方ができます。焼き鳥やおでんなど、居酒屋の定番メニューをおつまみにして飲みたい”いぶし銀”な印象の日本酒です。

「今日は日本酒片手にじっくり語り合いたい.....。」そんな男同士の、サシ飲みのお供にいかがでしょうか?

「純米大吟醸なんて軟派な日本酒は好きじゃない」そんな父親が絶賛していました。かく云う私も同じような味覚で、とてもおいしいお酒だと思いました。ぬる燗がおすすめです。 出典:Amazon:福光屋 加賀鳶 純米 勢 純米酒

福光屋 加賀鳶 純米 勢 純米酒 瓶 1800ml [石川県/辛口]の購入はこちら

オススメ日本酒9【酔鯨 特別純米酒】

精米歩合を55%まで磨き、米のもつ本来の旨味を引き出した日本酒「酔鯨 特別純米酒」。徹底した品質管理のなかで醸されたており、サラりとした飲み口が特徴。

醸造時のコンセプトである”食事に合うお酒”の通り、食事の味わいを邪魔しない1本に仕上がっています。刺身などの和食はもちろんのこと、フレンチなどの洋食とあわせても美味しいですよ!

また、鯨のラベルが非常に印象的なのでプレゼントとしてもインパクトがありオススメです。

食中酒として作られたコンセプト通り、主張が強すぎず甘すぎず、サラッと飲める日本酒です。今は人気の獺祭などのような、甘くフルーティでトロッとしたテイストとは真逆で、サラリとしてキリリとした日本酒だと思います。 出典:Amazon:酔鯨 特別純米酒

酔鯨 特別純米酒 瓶 1800ml [高知県]の購入はこちら

オススメ日本酒10【紀土 純米吟醸】

くどくなく、しつこくなく、酸味は控えめ。優しい吟醸香と透明感のある味わいですいすい飲めるのが「紀土 純米吟醸」。落ち着いた味わいの辛口酒として、日本酒初心者の方にもプレゼントしやすい一本となっています。

「日本酒って難しくてよくわからない......。」そういった方が、日本酒を飲む入り口の1本としてもオススメです。

初紀土なのですが、いきなり大吟醸ではなく、これにしてみました。美味しいです。飲み飽きない。心地よい甘さに加え、あまりキリッとしすぎないくらいの日本酒らしい辛みが良いバランスを作っています。日本酒初心者のかたでもイヤにならずにスイスイいけますよ。 出典:Amazon:紀土 純米吟醸

紀土 純米吟醸 1800mlの購入はこちら


いかがでしたでしょうか?今回は、食中酒として楽しめる日本酒を多くピックアップしてみました。日本酒は旨味成分がたっぷりで、和食をはじめ比較的どんな料理とも相性が良いんです!また、冷やしても温めても美味しいということで季節を問わず楽しめるのも特徴。つまり、オールシーズン様々な場面で活躍が見込める日本酒はプレゼントとしてぴったりというわけです!!

気になる日本酒がありましたら、ぜひ大切な人にプレゼントして購入してみてください。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

1 2

レビューの関連記事

Latest - 新着記事

ページトップヘ