ホーム > ビール > ワインのようなビール「麦のワイン」がボジョレー・ヌーボー解禁日に発売

ワインのようなビール「麦のワイン」がボジョレー・ヌーボー解禁日に発売

神奈川県厚木市の元祖地ビール屋サンクトガーレンは2017年11月16日(木)のボジョレー・ヌーボー解禁日に、10%のワインに匹敵するアルコールを持ち、ワインのように年単位で長期熟成が可能なビール“麦のワイン”2種類を各8000本限定で発売します。
 

麦のワインは19世紀に寒冷でブドウ栽培が出来なかったイギリスが、フランスワインの人気に対抗してビールでワインのようなものを造ったのがはじまりと言われています。“ワイン”と名に付くようにビールでありながらワインに匹敵するアルコールを持ち、ワインのように年単位での長期熟成が可能です。

当時は大麦麦芽を主原料とした“バーレイワイン(Barley Wine)” 1種類でしたが、1980年代にアメリカで小麦麦芽を主原料にした“ウィートワイン(Wheat Wine)”が誕生。サンクトガーレンでは2006年よりバーレイワインを発売し、2012年よりウィートワインを追加しております。詳しくは公式HPにて。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

ビールの関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ