TOP / お酒を選ぶ / ビール・発泡酒 / 世界的ビール大国の味わいを堪能せよ!!本場ドイツビールのススメ

ドイツビールの種類

 

ドイツのビールにはかなりの種類があります。そのなかでも代表的なものを紹介します。

アルト

アルト」はデュッセンブルフで発展した銅褐色のビール。
アルトはドイツ語で「古い」の意味であり、実際に古くから続く伝統的な方法で醸造されています。

強い苦味が特徴で、上級者向けのビールです。

ボック

ボック」はアインベック発祥の下面発酵ビールです。アルコール度数がやや高めで、爽やかな飲み心地が特徴。

ボックはドイツ語で「強い」の意味があり、実際にそのアルコール度数は6%以上。ドイツ人たちも大抵酔っぱらってしまい、大騒ぎしてしまうそう。
お酒が弱い方は飲みすぎ注意ですね!

ミュンヒナー

「ミュンヒナー」は下面発酵ビールの一種です。近頃、日本でも良く耳にするので、ご存知の方もいるのではないでしょうか?

硬水が使われているので色が濃く、カラメル麦芽を使用していることからかなりコクのあるビールです。ユニークなところでいうと、「ラオホ」もおすすめです。バイエルン名物で「煙(ラオホ)」で燻した、燻製麦芽が使用されています。低温熟成による、香り高いビールとなっています。

ピルスナー

「ピルスナー」はドイツ全域で親しまれているビール。
日本のビールに近いとされているので、日本ビールが好きな方はまずはこちらをチャレンジしてみると良さそうですね。

ドゥンケル

ドイツ語で「暗い・濃い」の意味があるドイツの南部で飲まれている黒ビールです。
しっかりした麦芽の香りとまろやかさは、黒ビール初心者の方にオススメ

ドイツビールでおすすめの1本

ドイツビールは数多くあるので、どれがいいのか迷ってしまいますよね。
ドイツビールで比較的入り口としておすすめなのが、「シェッファーホッファー ヘフェヴァイツェン」です。

小麦麦芽、大麦麦芽、ホップという珍しい組み合わせにより、軽やかでありながらもコクがあるという、奇跡のバランスをつくりだした名品です。
また、アルコール発酵時に生成されるエステルの効果により、バナナ様の香りを呈したり、やや柑橘系の香りを楽しめるところもポイントでしょう。

そして、面白いのがそのシルクのような飲み心地です。スーッと喉を通り過ぎる感覚は、気がついたら1本無くなってしまうような軽やかさ!ぜひ、機会があればお試しいただきたい1本です。

created by Rinker
Schofferhofer(シェッファーホッファー)
¥5,999 (2021/09/23 03:44:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

ドイツビールファンになったら抜け出せない!

ドイツビールは、地域によってさまざまな銘柄が存在しています。そしてその魅力も無限大!ドイツビールにハマッてしまったら抜け出すのが難しくなるかも!!

まだ飲んだことのない方は、ぜひドイツビールの世界を覗いてみてくださいね。