ホーム > コラム > 知識・雑学 > SAKE COMPETITION 2017 純米酒部門にて1位に輝いた「作」の魅力

SAKE COMPETITION 2017 純米酒部門にて1位に輝いた「作」の魅力

6月5日(月)に、出品酒数世界最多の日本酒コンペティション「SAKE COMPETITION 2017」の表彰式が開催され、全7部門の結果が発表されました。
 
このコンペティションで、清水清三郎商店の「作」がスゴイと話題になっています!「純米酒部門」では、「作 穂乃智」「作 玄乃智」がトップ2を独占しました。また、純米吟醸部門では「作 奏乃智」が4位に、「作 恵乃智」が8位にランクインしています。
 
なぜ「作」は、2部門で4種類がトップ10にランクインしたのでしょうか。「作」に隠された秘密に迫ります!

「作」はどのような日本酒?

「作」は、清水清三郎商店の「作」の代表銘柄です。地元産の原料にこだわり、鈴鹿山脈の伏流水と、肥沃な伊勢平野で栽培された米のみを使用しています。
 
「作」は、国内・海外の多くの鑑評会やコンペティションで受賞しています。また、「作 智(さとり)」は、伊勢志摩サミット初日のワーキングランチの乾杯酒に採用され、会期中には「作」合計3種類が使用されました。
 
ガンダムに登場する架空の兵器を連想させるネーミングから、それが理由で知っているという方も少なくないようです。
 

「作」の名前の由来は?

「作」のブランドページには、次のように書かれています。
 

飲む人やそれを提供する人たち
出会ったみんなで酒を作り上げる酒という願いを込めて
「作 ざく」と名付けられました。 出典:「作」ブランドページ

 
「作」の名前には、”みんなで作り上げる”という意味が込められているんですね!
 



「作」のこだわり


「作」の特徴は、「こだわり抜いた調和と透明感」です。気軽に付き合う、気心の知れた仲間と過ごすように、リラックスした雰囲気で楽しめる日本酒です。
 
「作」の原料には鈴鹿山脈の伏流水と、肥沃な伊勢平野で栽培された米のみを使用し、華やかでさっぱりした香味を実現します。また、「作 プレミアムシリーズ」には、酒造好適米の高級品種である山田錦を使用しています。
 
常に高品質の酒を追求した「作」は、大吟醸だけではなく、すべての種類の酒を少量仕込み・手造りで行っています。
 

「作」の醸造元・清水清三郎商店

清水清三郎商店は、1869年(明治二年)に創業しました。蔵を構える鈴鹿市若松は海に面しており港も近いために、かつては酒造りでさかえていましたが、現在では鈴鹿市で唯一の蔵元として三重県を代表する蔵元になりました。
 
地元・鈴鹿は鈴鹿の酒の歴史は古く、「倭姫命世記」(やまとひめのみことせいき)という古文書に「味酒鈴鹿国(うまさけすずかのくに)」と書かれています。今でも鈴鹿川流域の川俣神社では、毎年「味酒祭」が行われています。
 

「作」の商品一覧

作 陽山一滴水

作プレミアムシリーズの「作 陽山一滴水(ようざんいってきすい)」は、精米歩合40%の酒造好適米・山田錦を、低温でゆっくりと醸した純米大吟醸酒です。やさしい陽の光に包まれるような柔らかな味わいと、爽やかな香りが特徴です。
 
作 陽山一滴水の購入はこちら
 

作 雅乃智

作の代表とも言える「作 雅乃智(みやびのとも)」は、香り高い純米吟醸酒と深い味わいを持つ純米吟醸酒の2種類をブレンド配合した純米吟醸酒です。
 
やさしさと気品を兼ねそなえた、エレガントな吟醸香。コクと甘みを併せ持つ奥行きのある味わい。多くの人がそのとりこになっています。
 
作 雅乃智の購入はこちら
 

作 雅乃智 中取り

「作 雅乃智 中取り」は、雅乃智を製造する過程で、もろみを搾る際最初に出た”荒走り”と、最後の”責め”の部分を除いた、一番クリアな”中取り”のみを詰めたお酒です。
 
雅乃智の特徴がより際立ち、デリケートでエレガントな味わいです。お米の旨味と飲み口の良さのバランスが良いお酒です。
 
作 雅乃智 中取りの購入はこちら
 

作 恵乃智

「作 恵乃智」は、自社保存酵母を使用して作った純米吟醸酒です。「作 恵乃智」には2種類あり、オレンジ字の恵乃智は、香りや甘味に膨らみを持たせた特別仕様、緑字の穂乃智のスッキリした辛さのオールラウンダーな辛口酒です。
 
「作 恵乃智(オレンジ)」は、洋ナシを思わせる程よい吟醸香が心地よく、エレガントな甘みはだれが飲んでもおいしいと思わせる、わかりやすい味わいです。
 
作 恵乃智の購入はこちら
 

作 奏乃智

「作 奏乃智」は、作シリーズの新作です。香りおだやかで、飲み口はシャープながら、旨味をほんのり感じられます。
 
作 奏乃智の購入はこちら
 


いかがでしたか?隠れた銘醸地・鈴鹿で唯一、その歴史を紡ぎ続ける清水清三郎商店の「作」の魅力をお伝えしました。
 
どの「作」もバランスがよくすっきりとした味わいで、まさに「こだわり抜いた調和と透明感」を実現しています。
 
世界中でその味わいが認められている「作」を、ぜひ味わってみてください!

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ