ホーム > コラム > 知識・雑学 > お風呂上がりの飲酒は危険?知らなきゃ損するお酒の怖い話

お風呂上がりの飲酒は危険?知らなきゃ損するお酒の怖い話

「寒い冬。たまには羽を伸ばして温泉旅行でも・・・」雪見温泉に美味しいごはん、そしてお酒。最高の組み合わせです。でもそこには危険がいっぱい。お酒を飲みながらお風呂に入ってはいけない?入浴前の飲酒は危険?入浴後の飲酒も実はダメ?知らなかった!知らなきゃ損する、お風呂とお酒の関係をご紹介します。

飲酒によって現れる体の変化

アルコールを摂取することで、わたしたちの体には様々な変化が起こります。

血液の循環が良くなる

お酒を飲むと心拍数が上り、血液の循環が良くなります。大量の血液が全身に回ることで、血液の流れに乱れが生じることもあります。そうなると脳や心臓の血液が減少してしまい、脳貧血や不整脈、心臓発作などを引き起こす可能性も出てきてしまいます。

一時的に血圧が下がる

お酒を飲むと、一時的に血圧が下がります。これは、血液の流れが良くなると圧力を高くしなくても全身に血液が流れるため血圧が下がるだけでなく、アルコールを飲むと血管が広がり、血液が流れやすくなるためでもあります。

水分が不足する

お酒を飲むとトイレが近くなることがあります。それは利尿作用が働いているからです。つまり体は水分不足状態。またアルコールの分解には水分が必要です。水分が不足することで肝機能が低下し、お酒が体から抜けにくくなってしまいます。

入浴と飲酒の関係

pixta_2382450_s

入浴前の飲酒

先ほど述べたように、飲酒によって体は血液の循環が良くなります。
血液の循環が良くなると血行が良くなり急速に酔いが回ります。飲酒で心拍数が上がると同時に、入浴でも心拍数が上がり、具合は悪くなる一方です。

入浴中の飲酒

入浴中は体内の水分が汗となって出て行っています。
ただでさえ飲酒によって水分が不足しているのに、汗となって水分が失われ始めたら脱水症状を起こしてしまう危険性もあります。
また、入浴すると血圧が一時的に下がります。飲酒によっても血圧が下がっているので、気を失って倒れてしまう場合も考えられるでしょう。お風呂場で気をしなうと、頭を強打する可能性があるだけでなく、湯船で溺れてしまう可能性も考えられます。、

入浴後の飲酒

では、入浴後の飲酒はどうでしょうか。たくさん汗をかいた状態で一杯目に生ビールを流し込む、そんなシチュエーションをよく見かけます。
入浴後は血行が良くなっているもの。入浴後にアルコールを摂取することで、アルコールの周りは早くなってしまいます。入浴後の飲酒もあまり良いとはいえないでしょう。

お風呂とお酒の上手な付き合い方

入浴中のニホンザル


お風呂とお酒は切り離して考えなければいけない?それは少し寂しいですよね。上手く付き合うことが出来れば、お風呂とお酒をちゃんと楽しむことが出来ます。

お酒を飲むタイミングは、入浴後30分時間を空けてから。

例えば、ビールには「アルコール」「炭酸」「苦み成分」という3つの性質を持っています。この3つの性質のおかげで、胃の働きは活発になります。
ビールは入浴によって鈍くなっている消火器の働きを助けてくれるのです。


お酒を飲んだ状態の体は負担がかかっている状態。ここで入浴をしてしまうことで体への負担はさらに大きくなってしまいます。酔っているときの入浴はあまりお勧めできません。もしものことを考えて、お酒が入っているときは翌日にお風呂に入るか、軽くシャワーで済ませてしまうか。体のことを第一に考えて、お酒と入浴とを上手く付き合わせてみてください。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ