ホーム > コラム > 知識・雑学 > 今流行のオーセンティックバーってどんなもの?大人のバーの楽しみ方を伝授

今流行のオーセンティックバーってどんなもの?大人のバーの楽しみ方を伝授

バー

バーの店内のBGMを聴きながら、静かにお酒を一人で楽しむ。「マスター、いつもので」なんて言葉を言えたらとてもかっこいい、そう思うことはありませんか?ドラマなどで大人なイメージのバーが出てきて憧れることがありますが、実際に行くとなると勇気がいりますよね。今回は最近話題のオーセンティックバーというものをご紹介して、「あれ、これは行けるんじゃないか?」と、バーへの道を一歩開いてもらいたいと思います。

オーセンティックバーとは

オーセンティックバーとは、静かに語らいながらお酒を楽しむ場所のことです。普通のバーよりも少し敷居が高い、いわば正統なバーになります。バーカウンターと酒棚(バック・バー)、そして粋な会話術で勝負するバーで、マスターのこだわりが見え隠れする場所です。



バーの種類

「バー」といっても実はいろいろな種類があります。

ダイニング・バー


食事とお酒が楽しめるタイプのバーが、このダイニング・バーです。レストランにバーがついているのをイメージしてもらえばいいと思います。ご飯を食べながら美味しいお酒を飲みたいときに使われるダイニング・バー。テーブル席がある所が多いので、3,4人程の人数で行くこともできます。

ショット・バー


お酒をワンショット(一杯)ずつ量り売りするタイプのバーです。バーというとチャージ(席料)が高く取られがちなイメージですが、ショット・バーはチャージが安い店が多く、カジュアルなバーといえます。

お店を出る時にお会計をするタイプと、キャッシュオンデリバリーの所があります。
キャッシュオンデリバリーだと使いすぎる心配がなくなるから安心です。

オーセンティックバー


さて、こちらが今話題のオーセンティックバー。カウンターがあって、専門のバーテンダーがいる本格的なバーとなります。
オーセンティックとは日本語に訳すと「正統なバー」という意味で、名の通り本来のバーのスタイルに忠実である、という意味合いがあります。
あくまでも静かな雰囲気の中で「正当な」という意味。お酒を純粋に楽しむ場所なので、一人か二人の少人数で行く事をおすすめします。
ホテルにあるバーの場合、男性はジャケット・ネクタイ着用、女性はそれなりにフォーマルな服装、という暗黙の了解があるようです。

バーへ行く時に押さえておきたいポイント

おしゃれをしてみる

静かな雰囲気と音楽、そして酒に酔う時間を楽しめるのがバーです。折角だからおしゃれをして行きましょう。ジャケットやネクタイの着用が暗黙の了解であるバーもあります。スニーカーやサンダルといった普段の恰好ではなく、いつもより少しいい服を着ていくと自分の気持ちも高まるのではないでしょうか。

下調べをしてから行ってみる

お店によってドリンクやチャージ料は異なってきます。チャージ料はだいたい800円から1500円程度で、ドリンクは1000円から2000円程度。特別なものを使うカクテルは高額になってくるので注意してください。
また、老舗のオーセンティックバーという場所は初心者からするとかなりハードルが高い場所です。インターネットなどで下調べをしてから行くことでバーのドアを開けやすくなります。

マナーを知る

オーセンティックバーではあまりうるさくしないことがマナーです。隣の人にやたら話しかけたり酔いすぎたりしてはとても迷惑。その空間を壊さないようにしましょう。席に着くときもマスターに一言確認をしてから着くとさらに良いでしょう。

オーセッティングバーに行った方の反応


マスターに作ってもらうカクテルは格別です。ご自分の一杯を見つけてみてください。


バーには普段目にしない珍しいお酒もたくさんあります。飲んだことのないお酒を今日はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


オーセンティックバー、どのような場所かお分かりいただけたでしょうか。はじめは誰でも緊張してしまいます。行きつけのバーがあるお友達に連れて行ってもらうのもいいでしょう。分からないことはマスターに尋ねてみてもいいですね。是非オーセンティックバーを楽しんでみてください。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ