ホーム > コラム > レビュー > 【2020年度版】芋焼酎の人気銘柄ランキングトップ20〜定番から幻の芋焼酎まで徹底解説〜
2020.2.22
焼酎

【2020年度版】芋焼酎の人気銘柄ランキングトップ20〜定番から幻の芋焼酎まで徹底解説〜

nomooooオススメ芋焼酎ランキング20位〜11位を紹介してきました!あなたの好きな芋焼酎は、ランクインしていましたか?もしかしたら、はじめて名前を聞くレアな芋焼酎が入っていたかもしれませんね。
ここからは、nomoooオススメの芋焼酎ランキングトップ10をご紹介!ランキング上位には、プレミアム芋焼酎の他、手軽さや価格も含めて、定番の芋焼酎が多数ラインナップ!たくさんの種類がある芋焼酎、ぜひ新しい芋焼酎の世界をご覧ください。

芋焼酎のランキング10位【森伊蔵】

芋焼酎の人気ランキング10位は、森伊蔵酒造の森伊蔵(もりいぞう)です。この芋焼酎はみなさんご存知だと思います。魔王、村尾に並ぶ3Mの1つで、プレミアム焼酎のなかでもトップクラスの芋焼酎です。鹿児島県産の有機栽培のサツマイモを使用し、かめつぼ仕込みで生産しています。芋焼酎の独自の臭みが無く、まろやかな味わいで、日本を超えて世界でも人気を博している芋焼酎です。ランキング10位の森伊蔵についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、興味ある方はぜひご覧ください。芋焼酎・森伊蔵の入手方法まで紹介しています。

created by Rinker
森伊蔵
¥13,900 (2020/03/29 23:44:38時点 Amazon調べ-詳細)

芋焼酎のランキング9位【村尾】

芋焼酎の人気ランキング9位は、鹿児島県の村尾酒造による村尾(むらお)です。魔王・森伊蔵と共に3Mというプレミアム芋焼酎として知られています。村尾は、伝統的な「かめ壺仕込み」による芋焼酎で、お酒が発酵する際にかめ内で自然に対流がおこり、ナチュラルな状態で発酵が行われ、まろやかな味わいに仕上がっています。甘さのなかに爽やかな芋の味も感じられ、とても飲みやすい芋焼酎です。ランキング9位の村尾についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

created by Rinker
村尾酒造
¥9,990 (2020/03/29 23:44:39時点 Amazon調べ-詳細)

芋焼酎のランキング8位【一刻者】

芋焼酎の人気ランキング8位は、宝酒造の一刻者(いっこもん)です。居酒屋やコンビニでもよく見かける芋焼酎で、手軽さと値段と美味しさから、芋焼酎ランキング8位となりました。一般的な芋焼酎には「さつまいも・米麹」が原料に使われていますが、一刻者は「芋麹」を使用した、芋100%の芋焼酎。米麹を使用していないため、芋本来の香り、キレのある味わいが特徴です。一刻者についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。一刻者のソーダ割り、おすすめですよ。ランキング8位の一刻者はスーパーやコンビニでも手軽に変えるので、ぜひお試しください。

created by Rinker
一刻者
¥3,036 (2020/03/29 23:44:39時点 Amazon調べ-詳細)

芋焼酎のランキング7位【三岳】

芋焼酎の人気ランキング7位は、屋久島の三岳(みたけ)です。三岳はランキング上位の芋焼酎のなかでも、定番的な芋焼酎で、プレミアムな芋焼酎に比べれば手に入りやすく、芋焼酎ランキング7位となりました。屋久島では寿司屋、カラオケなどでも、気軽に三岳が飲めるみたいですね。芋の風味やまろやかさは、焼酎好きも納得の味わいです。蔵の生産量はそこまで多くないため、希少な芋焼酎になりつつあります。ランキング7位の屋久島の芋焼酎の三岳についてはこちらの記事にも詳しく記載していますので、興味ある方はぜひご覧ください。

created by Rinker
三岳
¥2,010 (2020/03/29 23:44:40時点 Amazon調べ-詳細)

芋焼酎のランキング6位【伊佐美】

芋焼酎の人気ランキング6位は、甲斐商店による伊佐美(いさみ)です。手に入らない人気な芋焼酎として有名で、30年程前から幻の芋焼酎と言われています。焼酎ブームが起こる前から、芋焼酎ファンの間に人気を博していて、一時は地元でも入手困難な芋焼酎となっていました。伊佐美は黒麹を使用していて、濃厚な味わい、クセが強すぎないバランスがよく、多くの芋焼酎ファンを抱えています。あなたの芋焼酎ランキングにも入っていましたか?ランキング6位の伊佐美についてはこちらの記事にも詳しく記載していますので、興味ある方はぜひご覧くださいね。

created by Rinker
伊佐美
¥3,200 (2020/03/29 23:44:41時点 Amazon調べ-詳細)

芋焼酎のランキング5位【佐藤 黒】

芋焼酎の人気ランキング5位は、佐藤(さとう)の黒。鹿児島県の佐藤酒造による本格芋焼酎で、正式名称は「佐藤 黒麹仕込」です。魔王を含む3Mに並ぶプレミアム焼酎として人気で、多くの芋焼酎ファンからも高い評価を得ています。また佐藤には白麹仕込みの本格芋焼酎「佐藤」もあり、佐藤の黒と白ともに手に入りにくい人気芋焼酎となっています。本格芋焼酎の佐藤の黒に関しては、こちらの記事にも詳しく記載していますので、興味ある方はぜひご覧ください。ランキング4位の佐藤の黒、ぜひお試しください。

created by Rinker
佐藤
¥3,140 (2020/03/29 23:44:41時点 Amazon調べ-詳細)

芋焼酎のランキング4位【さつま白波】

芋焼酎の人気ランキング4位は、薩摩酒造のさつま白波(しらなみ)です。今日の焼酎のブームを築いた、芋焼酎のパイオニア的な存在でもあります。鹿児島産のさつま芋「黄金千貫」を原材料に作った本格芋焼酎は、日本全国の芋焼酎好きに広く愛されている人気銘柄です。芋焼酎はさつま白波、と決めてる方も多いみたいですね。ランキング4位のさつま白波、ぜひお試しください。

created by Rinker
薩摩酒造
¥1,770 (2020/03/29 23:44:42時点 Amazon調べ-詳細)

芋焼酎のランキング3位【黒霧島】

芋焼酎の人気ランキング3位は、霧島酒造の黒霧島(くろきりしま)です。今やもう全国ブランドで、黒霧島を見ないスーパーやコンビニは無いですよね。醸造元の黒霧島酒造の歴史は黒麹の焼酎が始まりのため、この黒霧島はまさに蔵を代表する芋焼酎なのです。トロリとした甘み、芋焼酎らしい独特な後味は、多くの方に愛され続けている人気銘柄です。芋焼酎人気ランキング3位であることも納得ですね。2012年に黒霧島が9年連続だった麦焼酎「いいちこ」抜き、焼酎業界のトップとなったのも新しいです。他の霧島シリーズと飲み比べで確かめてみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
霧島酒造
¥1,909 (2020/03/29 23:44:43時点 Amazon調べ-詳細)

芋焼酎のランキング2位【魔王】

芋焼酎の人気ランキング2位は、白玉醸造合名会社の魔王(まおう)です。焼酎業界のプレミアムランキングでも上位で、森伊蔵、村尾に並ぶ3Mと呼ばれる銘柄の1つです。数ある芋焼酎のなかでも特に人気を誇る1本で、今でも入手困難な状態が続く人気銘柄です。魔王についてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので、人気ランキング2位の魔王についてもっと詳しく見たい方は、ぜひ読んでみてください。

created by Rinker
魔王
¥3,980 (2020/03/29 23:44:43時点 Amazon調べ-詳細)

芋焼酎のランキング1位【赤霧島】

栄えある芋焼酎の人気ランキング1位は、霧島酒造の赤霧島(あかきりしま)です。赤霧島は、幻の紫芋と言われるムラサキマサリを原材料に使用しています。一時は人気で入手も難しく、酒屋さんが仕入れるとすぐに売り切れてしまうほどでした。いまでは赤霧島をスーパーでも見かけることもあります。芋焼酎とは思えない甘みや香りが人気で、ランキング1位の結果となりました。筆者のなかの芋焼酎ランキングでも見事1番で、居酒屋で赤霧島を見るとついつい頼んでしまいます。ランキング1位の赤霧島、いまは手軽に購入することができる芋焼酎ですので、ぜひお試しください。

芋焼酎=おじさんのイメージはもう古い!

芋焼酎は「おじさん臭い」「臭いがきつい」「アルコール臭い」などネガティブなイメージがありましたが、最近はフルーティーな芋焼酎も多く生まれていて、若い女性や芋焼酎を飲み慣れてない方でも、美味しく飲めるものが沢山あります。特にランキング上位の芋焼酎は、今までの芋焼酎のイメージを覆す、華やかな香りのものが多いです。普段、芋焼酎を飲み慣れてない方も、まずはランキング上位の芋焼酎から試してみても良いと思います。筆者が個人的に、芋焼酎をあまり飲み慣れてない方におすすめするのは、ランキング11位の本格芋焼酎「茜霧島」、ランキング20位の「晴耕雨読」です。芋焼酎とは思えないほど、華やかな香りが広がり、ロックで飲むとより引き立ちますよ。なかなか手に入らない芋焼酎ですが、見かけたらぜひお試しください。

あなたの好きな芋焼酎、知ってる芋焼酎はランキングにありましたでしょうか。このランキング以外にも、美味しい芋焼酎、飲みやすい芋焼酎、変わった芋焼酎はたくさんあります。このランキングで紹介してる芋焼酎だけでなく、色々な芋焼酎を飲み比べてみて、ぜひ自分に合った芋焼酎を探してみてくださいね。こちらの記事では同じく麦焼酎のランキングも紹介しています。

こちらの記事も読まれてます





この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

りょうへい

りょうへい

2013年に日本酒利き酒師取得。日本酒品質鑑定士、Food and Beverage Navigator。お酒は大好きですが、酒の場で語られるウンチクは苦手。酒は語るものでは無く、愉しむものだと思っています。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation