ホーム > コラム > 知識・雑学 > 本格的な冬がくる前に!お燗をもっと楽しみたい時に試してほしい裏技8選!

本格的な冬がくる前に!お燗をもっと楽しみたい時に試してほしい裏技8選!

こんにちは。朝晩はかなり冷え込み、そろそろストーブを出したい季節ですね。そんな時に温かい食べ物と一緒に飲みたくなるのが、お燗。お燗って温度帯によって香りや味わいの変化が楽しめたり、ある裏技を使えばもっと美味しく飲めたり、なかなか奥深い飲み方なんです。そういう訳で今回は、お燗について様々な角度から徹底解説していきます。

お燗とは?

th_pixta_13241020_m


お燗は、加熱した日本酒のことです。燗酒(かんざけ)とも言い、寒い季節には人気の飲み方です。全ての日本酒に当てはまるとは言えませんが、温めることで味わいや香りがふくらみ、同じ日本酒でも変わった雰囲気で楽しめます。
 
お燗にするのにおすすめの日本酒は、どっしりとした旨みのあるタイプの日本酒です。「生酛」「山廃」などを含む純米酒系の日本酒は、お燗にしたときに炊きたてご飯のような香りがし、旨みが柔らかくなります。このように、お燗にすることで風味がアップする日本酒のことを「燗あがり」と言います。



お燗の温度帯早見表

日本酒のお燗には、それぞれ美味しく飲める温度があります。これを飲用温度といいますが、皆さんはご存知でしょうか?そこでここからは、お燗の飲用温度とその名称を紹介します。
 

温度帯 名称
55度以上 飛びきり燗(とびきりかん)
50度 熱燗(あつ燗)
45度 上燗(じょうかん)
40度 ぬる燗
35度 人肌燗(ひとはだかん)
30度 日向燗(ひなたかん)
20度 冷や
15度 涼冷え(すずひえ)
10度 花冷え(はなひえ)
5度 雪冷え(ゆきひえ)
0度 みぞれ酒

 
お燗にしてからお猪口に注ぐ、空気に触れて少しだけ冷めてしまいます。そのため、希望の温度帯がある場合は、それより少し熱めにお燗してみてくださいね。

お燗にする方法は?

340e7200c5fc341c7c8c2a629d2d63ae

出典:お燗は日本酒のおいしさを引き出す!上手にお燗をつける5つのテクニックをご紹介します。
 
お燗の方法は、3つあります。ここでは簡単に3つの方法を紹介します。

1:電子レンジでお燗する

電子レンジでお燗をする時の注意点は、徳利の首の部分まで日本酒を注がないようにすることです。さらに、徳利の上下で温度にムラが出やすいので注意が必要です。とは言え、徳利さえあれば、ご自宅でも気軽にできるお燗方法なので、初心者向きとも言えますね。
 

2:湯煎でお燗する

お鍋または酒燗器のお湯に、日本酒を入れた「徳利」や「ちろり」と呼ばれるお燗用の容器を入れて、ゆっくりと温める方法です。お湯に漬けることで日本酒に熱がじんわりと伝わるので、まろやかな味わいを楽しむことができます。ご自宅でやる際は少々手間はかかりますが、ぜひ試してみてくださいね。
 

3:直火でお燗する

日本酒をお鍋に直接入れて、直火で日本酒を温めてお燗する方法です。強火で約30秒くらい温めればお燗を作ることがメリットです。しかし、沸騰してしまうとアルコールが気化してしまうことがあるので注意したいところ。日本酒は急激に温めると風味のバランスが崩れやすくなるので、直火でお燗する時は、気をつけるようにしましょう。


お燗にする3つの方法を紹介しましたが、日本酒のうまみを引き出すには「湯煎」がおすすめです。アルコールが揮発する温度より低い状態で燗がつくため香りが抜けることがなく、過加熱を起こして辛すぎる酒になることもありません。

お燗をもっと美味しく飲むための8つの裏ワザ

th_img_9554

出典:【厳選】お燗をもっと美味しく飲むための裏ワザ8選
 
ここからは、お燗をさらに美味しくする8つの裏ワザを紹介します。お燗をもっと美味しく楽しみたいという方は試してみてほしい裏技ばかりを集めました。

1:アルミホイルを使う

電子レンジで温める場合に試してほしい裏技です。電子レンジで温める時には、容器の上にアルミホイルを被せてみてください。徳利のように頭が細くて体が太い容器を使用する場合は、上下にムラなく温めることができるのでおすすめです。詳しい温め方は、日本酒造組合中央会の公式HPでも紹介しているので、ぜひ試してみてください。

2:割り箸を入れて温める

こちらも電子レンジで温める場合に試してほしい裏技です。電子レンジに入れる前に、徳利、コップの中に割り箸を入れて温めてみてください。そうすることで、熱の回り方が変化して、ムラがなくなります。さらに、電子レンジで温めている途中で少し混ぜることで、さらに温度が均一になりますよ。木の香りが日本酒につくことで違った香りを楽しめることも、この裏技をおすすめしたい理由の一つです。
 

3:湯煎の途中で一度引き上げる

徳利で湯煎する場合に試してほしい裏技です。揚げ物を揚げる時の「二度揚げ」のイメージで、約1分ほど湯煎した後に、お湯から30〜40秒ほど引き上げます。そうすることで、徳利の内側のお酒にゆっくりと熱が伝わります。その後、もう一度お湯に徳利を戻し、再度温めれば完成です。一度引き上げる工程を挟むことで、日本酒の風味が引き立ち、まろやかなお燗が出来上がります。

4:徳利にお猪口をかぶせて湯煎する

こちらも、徳利で湯煎する場合に試してほしい裏技です。徳利にお猪口をかぶせる理由は2つあります。一つは、日本酒の香りが飛ばないようにするためで、これによりお燗ならではの風味を保つことができます。もう一つは、お猪口そのものを温めるためで、お猪口を温めておくことで、お燗した日本酒の温度を下げるのを少しだけ防いでくれる効果が見込めます。香りを飛ばさないという目的であれば、徳利にかぶせるものはラップやアルミホイルでも問題ないでしょう。

5:温めた後に「水につける」

電子レンジまたは湯煎する場合に試してほしい裏技です。日本酒を温めた後に、日本酒の入った徳利やちろりなどの容器を約5秒ほぼ水につけ、あえてお燗を冷やす方法です。一気に冷やすため、日本酒の味わいが落ち着きまろみが生まれます。ちょっとした工程を変わる味わいの変化が楽しい裏技です。

6:容器を移し替える

こちらも、電子レンジまたは湯煎する場合に試してほしい裏技です。まず、2つの容器を用意します。片方に日本酒を注ぎ、片方は空にしてきます。続いて、その2つの容器を同時に電子レンジまたは湯煎で温めた後に、日本酒の入った容器を空の容器に移し替えます。そうすることで、日本酒が攪拌(かくはん)し、ムラなくお燗を作ることができます。この裏技には、徳利かちろりがおすすめです。

7:水で割ってお燗する

「原酒」をお燗する場合に試してほしい裏技です。最初から徳利やちろりに水を少し入れておき、その後に日本酒を入れてお燗します。そうすることで、日本酒にまろみが出て、香りも引き立つようになります。もともとアルコール度数の高い「原酒」を水で割って温めるイメージなので、アルコール度数、濃度も自分好みに調整可能です。ただし、日本酒本来の風味が薄まる可能性があるので、水の入れすぎには注意しましょう。

8:柑橘系フルーツの果汁を入れる

いつものお燗では飽き足りない場合に試してほしい裏技です。お猪口やコップに、レモンや柚子など柑橘類を一滴搾って入れておいてください。
そこに温めた日本酒を注げば完成です。そうすることで、レモンや柚子の風味がふわりと引き立ち、いつもと違ったお燗が楽しめます。ただし、こちらも日本酒本来の風味を損なう可能性があるので、入れすぎには注意しましょう。


以上がお燗をもっと美味しく飲むための8つの裏技でした。簡単にできるものばかりなので、ぜひた試してみてくださいね。

お燗を楽しむアイテム

さて、それでは最後に、お燗をより楽しむためのアイテムを紹介します。ご自宅でも使えるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。
 

前川金属工業 アルミ 酒タンポ

71fnzgqx9ml-_sl1500_

出典:Amazon
 
こちらがいわゆる「ちろり」です。しかし、このちろりの凄いところは、熱伝導性がいいアルミを使用しているため、普通のちろりより日本酒の温まるスピードが早いこと。少ない量のお燗もできて、洗うのも楽なのがいいところ。キャンプなどのアウトドアにもおすすめです。

61-k7pgmn5l-_sy679_
アルミ 酒タンポ 2号 ESK5702¥972お酒の温度を自分の好みに・・・・【特長】・上の段までで 約270cc入ります。 【使用方法】(1)鍋などに引っ掛けて お酒を湯煎します。商品詳細はこちら

酒かん計

71xwq-1gmul-_sl1500_

出典:Amazon
 
日本酒専用の温度計です。温度だけではなく、先程紹介した飲用温度毎に表記してあるので、わざわざ飲用温度を調べずとも、お好みの温度にすることができます。一目で簡単にわかるのが特徴です。「あつかん」「のみごろ」「ぬるい」など一目で簡単にわかるのが特徴。徳利にひっかけることもできて、裏側にはちろり用のフックがついているところもおすすめポイントです。
 

日本計量器工業 酒かん計 BSY13¥1,321清酒用おかん温度計です。うまく飲ませる燗どころに活躍します!【特長】・お酒の燗どころをチェックするための、赤液温度計です。・熱燗、飲み頃、ぬるいを計ることができます。・測定範囲は約40〜60度です。・徳利にひっかかる形状をで、裏側にはちろり用のフックもついてます。商品詳細はこちら

片力商事 日本酒計

71v9faadbol-_sl1500_

出典:Amazon
 
「もっと細かい温度帯で楽しみたい!」という通向きのアイテムがこちらの日本酒計。通向きなので少し高いですが、こちらの日本酒計は飲用温度を細かく表記してあるので、より細かい温度帯でお燗の作り分けができます。
 

日本酒計 PY-130¥2,884●外寸:φ45×160 ●材質:表示部・ホルダー・感熱部:18-8ステンレス ●測定/調節温度範囲能力:5℃~55℃●こちらの商品はメーカー・取引先からの直送品となります。商品詳細はこちら

保温器付き酒器

41rbfckpsjl

出典:Amazon
 
こちらは、保温器付き酒器。飲食店で見たことある方もいるかもしれませんが、保温しながら飲める画期的な酒器です。徳利自体をお湯で温め続けてくれるので、徳利の中の日本酒が温かいままお猪口で日本酒を楽しむことができます。冷やの日本酒を温める時、お燗の日本酒を保温したい時、一家にこれ一台あればお燗ができるすぐれものです。

黒結晶 保温器付き酒器(小) ¥1,750中のお酒を外の容器で適温に保つので お気に入りの温度を長く楽しめます。 お二人でお話に花が咲いても 適温を楽しめます。 ぐい飲みもペアでどうぞ商品詳細はこちら


いかがでしたか?本格的な冬が来る前に、お燗について徹底解説しました。この冬は特に寒くなるそうなので、温かいお燗で体を温めましょう。

お燗を楽しめるお店はこちら

お好きなお酒でお燗を楽しみたい方は、下記の店舗がおすすめです。
 

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ