ホーム > ニュース > 新店情報 > 東京・赤羽に日本酒を飲んで、納得して、好きな量で買える和酒専門店「沼野酒店」がオープン!

東京・赤羽に日本酒を飲んで、納得して、好きな量で買える和酒専門店「沼野酒店」がオープン!

東京の酒屋「リカー・イノベーション」は、地域に根付いた「町の酒屋さん」を再生させる「町の酒屋さんプロジェクト」の一貫として、2016年11月25日(金)に、東京都・赤羽に昭和初期に創業し2012年に閉店した酒屋「沼野酒店」を復活させ、日本酒を中心とした和酒専門店「沼野酒店(ぬまのさけてん)」として新たにオープンする。

沼野酒店について

numano01

▲昭和3年創業。現在の沼野酒店の様子。

東京・赤羽の「沼野酒店」は昭和3年に創業、二代目の経営者が高齢化と競争激化により、2012年に酒屋を閉店した昔ながらの町の酒屋だ。「リカー・イノベーション」と「沼野酒店」の先代経営者に縁があり、日本酒を中心とした和酒専門店「沼野酒店」としてリニューアルオープンする運びとなった。
 
「リカー・イノベーション」は、「沼野酒店」という古き良き酒屋を生まれ変わらせることで、この赤羽の地から新しい日本酒文化を発信していきたいと考えているという。
 
そんな「沼野酒店」では、日本酒のプロスタッフが全国を歩きまわって取引をしている、東京の酒屋ではなかなか見ることができない日本酒を約50種類、焼酎・果実酒約50種類を取り揃える。

販売だけじゃない!「沼野酒店」5つの魅力

「沼野商店」はお酒の販売だけでなく、角打ちなども楽しめる古き良き酒屋。その5つの魅力を紹介する。

魅力1:ほぼすべての日本酒が試飲可能

「沼野酒店」ではほぼすべてのお酒の試飲が可能。実際に飲んで気に入ったお酒を購入することができる。

魅力2:角打ち*(有料試飲)スペースあり

「沼野酒店」にはふらっと立ち寄って、美味しい日本酒をお値打ち価格で試飲できる角打ちスペースもある。ノスタルジーな雰囲気の「沼野酒店」で飲む日本酒は特別な味わいに感じられそう。
 
※角打ち(かくうち)…関東では酒屋の店頭で酒を飲むことを「角打ち」と言う。(諸説あり)

魅力3:「量り売り」で好きな量のお酒を購入できる

お酒の量り売りもあるため、好きな量のお酒を購入できる。

魅力4:果実酒・焼酎も楽しめる

日本酒以外にも、日本酒の蔵元が造る梅酒・果実酒、全国各地の焼酎も揃っている。(試飲も可能)種類豊富なので、お酒好きは楽しめそうだ。

魅力5:昔ながらの古き良き酒屋

昭和初期創業の酒屋をそのままにした、古き良き酒屋を大切にしたスタイル。その中で新しいお酒の提案をし、古さと新しさのいいところをマッチングさせた酒屋。一度は足を運んでみたくなる。

クラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」で支援募集!

今回の「沼野酒店」のオープンに伴い、クラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」にて、飲んで、納得して、好きな量で買える新しいお酒の買い方を提案するためのプロジェクトも実施する。今回のプロジェクト限定のお酒もあるので、気になった方はお早めに。

<プロジェクト概要>

タイトル 昭和初期創業の酒屋が営業再開!
赤羽に日本酒の試飲ができる「沼野酒店」オープン!
目標金額 30万円
期間 2016年11月11日(金)〜2016年11月29日(火)
URL http://www.makuake.com/project/numano-nihonshu/
内容 計8種類の支援コース、同プロジェクト限定酒もあり。

【「沼野酒店」店舗詳細】

場所 〒115-0042 東京都北区志茂2丁目38-10
営業時間 13:00〜23:00(予定)
定休日 月曜日(予定)
試飲(無料) 10〜20ml(購入目的のお客さまに限る)
角打ち(有料) 日本酒1杯100mlを300円〜500円で提供(予定)
オープン予定 2016年11月25日(金)
日本酒の種類 約50本
焼酎・果実酒の種類 約50本

 
公式HPはコチラ

新店情報の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ