ホーム > コラム > 知識・雑学 > コレってあり?なし?意外と知らない「升酒」の正しい飲み方を徹底解説!

コレってあり?なし?意外と知らない「升酒」の正しい飲み方を徹底解説!

皆さんこんにちは。皆さんは「升(マス)」でお酒を飲んだことはありますか?
 
お正月や祝い事の席で目にすることが多いこの「升」は、最近では居酒屋でも良く見かけますよね。飲み会などのお酒の席で、この升でお酒を飲む升酒で提供された時にどのように飲んだらいいか迷った経験がある方も多いのではないでしょうか。

しかしこの升酒には、正しい飲み方・作法があるのをご存知でしょうか?そこで今回は「升酒」にまつわるあれこれを紹介していこうと思います!

そもそも「升」ってどんなもの?

升

「升」とはもともと、米や酒の量を図る計量カップとしての役割をはたしていました。当初は、古来より領主が年貢の徴収や給付を行う際に米の量を図るために使われていて、江戸時代に升の統一規格が制定され、これが現在の升の規格の基礎となっています。
 
居酒屋などで見かける升はだいたい一合(180ml)が入る大きさのものが多いですね。



「升」の種類

続いては、一般的に使用される升にどんな種類があるのか紹介していきます。皆さんもどちらかの升は見かけたことがあると思いますよ。

木升

升


木升は文字通り、木でできた升のこと。主に桧、杉、樅(もみ)の木材が使用されます。ちなみに木が組まれて作られている木升は複数の人が「木(気)を合わせる」という意味合いも込められており、結婚やお祝い事などでめでたいものとして重宝されます。

塗升

升


周囲を漆で塗り固められたタイプの升です。外側を黒く、内側を赤く塗られたものが一般的ですね。素材にはプラスチックなどが使用されます。

升酒はどうやって飲んでるの?

升酒の飲み方って意外と皆さんわからないものですよね。実際に升酒を提供された方の反応を見てみましょう。

やはり、升酒の飲み方がわからないという方が多いみたいです。中には、升酒の飲み方を教えると仲良くなれると言う意見も!これは升酒の正しい飲み方をマスターするしかありませんね。

コレってあり?なし?升酒の飲み方にとは

升


それでは、いよいよ升酒の正しい飲み方・作法について紹介していきましょう。

升酒は縁から飲む?

升に注がれた酒を飲む際、つい角に口をつけて飲みたくなりますが実は平らな部分から飲むのが正しい飲み方。平面に下唇を乗せてすする様に飲みます。

わしづかみはNG

升酒を飲む際、升の横を指でわしづかみにするのはNG。4本の指で升を下から支え、親指だけを縁にかけて飲むのが正しい飲み方です。

角には塩を盛る

升酒は平面な部分から飲むというお話をしましたが、これは升の角に塩を盛っておくためでもあります。昔は塩をつまみに酒を飲むこともあり、升の角に盛った塩を少しづつ舐めながら飲むのです。いかにもツウ!という印象を受ける飲み方ですね。


以上、升酒の歴史や飲み方についていかがでしたでしょうか。日本の伝統と文化を感じられる升酒。普段はグラスやお猪口で飲んでいるという方もたまには気分を変えて升酒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 

升酒が飲めるお店はこちら

升酒は、下記のお店で飲むことができます。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ