ホーム > 飲みに行く > 訪問 > シンガポールで話題沸騰!中華料理・銀座『パラダイスダイナシティ』で新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を合わせたら?

シンガポールで話題沸騰!中華料理・銀座『パラダイスダイナシティ』で新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を合わせたら?

中華料理で頼むお酒といえば、紹興酒。そんな時によく目にする紹興酒といえば、宝酒造の「塔牌(トウハイ)」ブランドですよね。

ですが、その「塔牌」から発売されている、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉はご存知ですか?

〈麗美〉は紹興酒へのイメージがガラッと変わるほど飲みやすく軽やかな味わい。中華料理に限らず、さまざまな料理に合うお酒なんです。 そこで今回は、モデルの大沢真理恵さんと共に、新しいスタイルで話題の銀座の中華料理『パラダイスダイナシティ』にて〈麗美〉を飲んでみることにしました!

▼宝酒造 紹興酒「塔牌」陳五年〈麗美〉の情報はこちら 
http://www.takarashuzo.co.jp/products/touhai/lineup/page03.htm
▼チーズと紹興酒は合うの?南青山『DAIGOMI』で、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!
http://www.nomooo.jp/column/45495/
▼新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみたくなること間違いなし!恵比寿「Le Parc(ル パルク)」のヌーベルシノワとの相性が最高すぎる!
http://www.nomooo.jp/column/le_parc/
▼名物”よだれ鶏”と新感覚の紹興酒〈麗美〉の相性に感動!スタイリッシュに中国郷土料理を味わえる広尾『JASMINE』に行ってきた!
http://www.nomooo.jp/column/jasmine/
▼イタリアン風中華バル?恵比寿『京鼎樓バル』で、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!
http://www.nomooo.jp/column/jin-din-rou/

re160624_12694

 

020人物紹介:大沢真理恵
ポーカーのディーラーの仕事もしているモデル。意外にもキックボクシングに通うほどの体育会系。新潟出身で、お酒は大好き。いつもはビールや赤ワイン派。紹興酒自体が初体験なので、楽しみにしている。

新感覚の紹興酒、〈麗美(リーメイ)〉とは?

re160624_12514

〈麗美〉は、宝酒造が長年、輸入販売する紹興酒「塔牌」の伝統的な製法により、本来の紹興酒の美味しさそのままに、熟成した5年貯蔵酒の中から飲みやすく口当たりのよい原酒を選定し上澄みだけを使用した紹興酒。さらに、アルコール度数を14度と低めにしたことで、軽やかな味わいに仕上がっています。

普段の食卓でより一層映えるようにと採用されたスリムでスタイリッシュなボトルシェイプは、まるでワインのよう。このボトルシェイプと牡丹と唐草をモチーフにしたラベルデザインも、これまでの紹興酒のイメージをガラリと変えた、まさに新感覚の紹興酒です。



シンガポールで話題沸騰のカラフル小籠包の店!

今回お邪魔した「パラダイスダイナシティ」は、シンガポール発祥の店。中華料理の伝統と、国際色豊かなシンガポール料理の融合を目指した、新しい中華料理店なんです。

re160624_0030

8色のカラフルな小籠包が看板商品のこちら。その詳細は後ほど…!

re160624_0001

まずは〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみよう!

早速、〈麗美〉を飲んでみましょう。既にグラスからは豊かな香りが漂ってきます。

re160624_12661

見た目はまるで赤ワイン。一口飲んでみると……?

re160624_12694

芳醇な香りが鼻を抜け、ふくよかな旨みの後に、甘みも感じられる味わい。それでいて驚くほどに爽やかで飲みやすく、新感覚の紹興酒とはまさにこのこと。

「まるでブランデーのようですね」と真理恵さん。

re160624_12686

赤ワインのように少し冷やすことで、さらに凛とした味わいを楽しめます。濃厚な味わいの印象がある紹興酒ですが、〈麗美〉はすっきりとしていて、いろいろな料理にでも合いそうです。

様々なオリジナル中華料理と一緒に〈麗美(リーメイ)〉を味わってみよう!

re160624_12609

今回は5品の料理とともに、〈麗美〉とのマリアージュ(相性)を楽しんでみます。果たして、それぞれの料理とはどんな相性になるのでしょうか?それではひとつずつ、ご紹介していきます。

見た目にも鮮やか!8色小籠包

お待たせいたしました!こちらが看板メニューの8色小籠包。

re160624_12538

色別に、味もひとつずつ違っています。

re160624_12531

手前の黒色から時計回りで、黒トリュフ、チーズ、蟹の卵、ガーリック、麻辣、高麗人参、フォアグラ。そして中央がオリジナルの小籠包です。

re160624_12739

鮮やかな色使いに、思わずテンションが上がります。

レンゲにのせ、熱々のうちにいただきます。ちなみにこちらでは、何もつけずに食べるのがオススメなんだそう。

re160624_12762

食べればジュワッと肉汁が飛び出す、味のぎっしり詰まった小籠包。それぞれの味の風味が前面に押し出されていて、各種まったく違う味わいです。どれもこれも濃いめの味付けで、口いっぱいに味がしみ渡ります。

ここで〈麗美〉を合わせましょう。

re160624_12795

ふわっと香る紹興酒の香りが、食欲をこれまた引き立てます。しっかりとした味の後に一口飲めば、意外にもさっぱりとしていて相性よし!これぞ、味わい軽やかな〈麗美〉だからこそできる組み合わせです。

とろ〜り濃厚!海老のシンガポールチリソース

お次は、不思議な出で立ちの一品。

re160624_12798

ライスペーパーで作られたというお皿に、スパイシーな香りの海老がたっぷり。

re160624_12550

「どんな味がするんだろう?」とウキウキしてきました。いただきます!

re160624_12825

チリソースをベースに、ガーリックなどのエスニックな香りが口いっぱいに広がります。溶き卵も混ざったソースなので、意外にもマイルドな一品。

re160624_12843

「おいしいっ!」と思わずこの表情。ぷりっぷりの海老に絡まった、濃厚なソースが決め手。

re160624_12844

〈麗美〉とは「ぴったり!」とのこと。濃厚な味付けだからこそ、赤ワインくらいに冷やした〈麗美〉が爽やかにマッチ。ついつい飲み進めてしまいます。

re160624_12848

甘酸っぱさがポイント!ザクロソースのきいた美容酢豚

次にご紹介するのは、ザクロソースのきいた美容酢豚。

re160624_12866

中華料理ではおなじみの酢豚をザクロの実で囲んであります。

re160624_12560

さて、どんなお味がするんでしょう?それでは、いただきます!

re160624_12878

噛めば噛むほど、甘いソースとお肉のハーモニーが口の中を満たしていきます。

re160624_12890

こちらもまた、濃いめの味付け。ですが、ザクロの甘酸っぱさも負けず劣らずしっかりときいています。「これは絶対にぴったり!」と安心して〈麗美〉を合わせます。

re160624_12905

「うん、ばっちり合いますね!」と真理恵さん。「酢豚とザクロの甘みが、〈麗美〉の甘みが相まって、お互いに控えめだった甘みが一緒に強調されていきます、すごくおいしいです!」

re160624_12918

 

食欲そそる香り、空芯菜のスパイシー炒め

re160624_13028

箸を持ち上げた瞬間に、「あっ」と思わず声が出るほどに食欲そそる香りが広がっていきます。

re160624_12588

辣油や、ガーリックの香りがたまらないこちらは、空芯菜のスパイシー炒め。

re160624_13009

強い香りは、おなじく強い香りの紹興酒とどのような相性になるのでしょうか?

re160624_13044

シャキシャキッとした食感で、辛うまなこちら。鼻にガーリックの香りが抜けた後に、じんわりと辛さが広がってきます。

re160624_13101

そんなピリリと辛い舌先を、〈麗美〉がやさしく和らげます。まろやかな味わいの〈麗美〉は、スパイシーな食事にもぴったり。

re160624_13108

「不思議なほど、何にでも合うんですね」と一言。

 

牛リブロースとフォアグラのシンガポールペッパーソース炒め

最後のメインディッシュは、牛リブロースとフォアグラのシンガポールペッパーソース炒め。

re160624_12570

シンガポールではおなじみという、コショウがきいた黒いペッパーソースがしっかりと絡んでいます。口休めに、小桃のコンポートを添えて。

re160624_12931

弾力のあるリブロースは、肉の旨みがぎっしり。

re160624_12960

噛みしめれば噛みしめるほど、ジューシーなお肉のおいしさが感じられます。それに合わせてペッパーソースのパンチが効いてくる一品。

そんなインパクトのある味にも、〈麗美〉は合うのでしょうか?

re160624_12971

「飲むと、料理の味がより引き立ちますね」

〈麗美〉のしっかりとしながらもさっぱりと飲める味わいは、料理の引き立て役としても優秀。お肉の旨味をしっかりと強調して、さらに味わい深くさせます。

re160624_12990

「不思議!でも本当に全部にぴったりでした!」と真理恵さんも驚きを隠せません。

おわりに

re160624_12518

風味がしっかりとしながらも、後味が軽やかな〈麗美〉は、どんな料理にもぴったりと寄り添うことがわかりました。特に、濃いめの味付けを邪魔することなく、しっかりと料理の風味を引き立ててくれるのは、〈麗美〉ならではの特徴なのではないでしょうか。ボトルもスタイリッシュなので、手土産にも重宝できそうな一品です。

あなたなら、どんな料理を〈麗美〉に合わせますか?

店名 パラダイスダイナシティ
住所 東京都中央区銀座3-2-15 ギンザ・グラッセ 1F・B1F
電話番号 03-6228-7601
営業時間 [月曜~土曜] 11:00~23:00(L.O.22:00)
[日曜・祝日] 11:00~22:30(L.O.21:30)
定休日 無休
HP http://www.paradisedynasty.jp

 

▼宝酒造 紹興酒「塔牌」陳五年〈麗美〉の情報はこちら 
http://www.takarashuzo.co.jp/products/touhai/lineup/page03.htm
▼チーズと紹興酒は合うの?南青山『DAIGOMI』で、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!
http://www.nomooo.jp/column/45495/
▼新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみたくなること間違いなし!恵比寿「Le Parc(ル パルク)」のヌーベルシノワとの相性が最高すぎる!
http://www.nomooo.jp/column/le_parc/
▼名物”よだれ鶏”と新感覚の紹興酒〈麗美〉の相性に感動!スタイリッシュに中国郷土料理を味わえる広尾『JASMINE』に行ってきた!
http://www.nomooo.jp/column/jasmine/
▼イタリアン風中華バル?恵比寿『京鼎樓バル』で、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!
http://www.nomooo.jp/column/jin-din-rou/
 
提供:宝酒造

 

訪問の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ