TOP / レシピ / ダイエット中もOKなおつまみ!『オクラと長芋のこっくりバター醤油炒め』の作り方

夏に向けて体型が気になってくるこの時期、ダイエットを始めた方も多くいるのではないでしょうか?

暖かくなってくるとそれだけで体温が上がりやすく、冬より基礎代謝の消費がしやすいのでダイエットにももってこいの季節です。

でも、「暑い日って冷たく冷やしたお酒をゴクゴクっと飲んでさっぱりしたい‥」そんな誘惑に駆られることはありませんか?

ビールも美味しくなるし、夜はまだ涼しいから夕涼みに一杯やりたいところ。

そう!暑くなってくると、ダイエットしやすいと同時に多くの誘惑が発生する問題があります。

ストイックに我慢!というのも手かもしれませんが、脂肪になりづらいお酒とおつまみを選んで美味しくヘルシーにダイエットするのも成功への鍵ですよ。体に必要な栄養を上手に取り入れ、夏バテ予防もしちゃいましょう。

今回はそんなお酒好きダイエッターに送る、ダイエット中でもOKなヘルシーおつまみレシピをご紹介しちゃいます!

【分量 2〜3人分】

オクラ 1パック
長芋 150〜200g(約1/3本)
醤油 大さじ1
小さじ2
バター 5g
塩・胡椒 それぞれひとつまみ

 

【合うお酒】 ビール、白ワイン、焼酎、ハイボール

作り方

その1:オクラはネットごと水をかけながらこすり洗いする。

002POINT:ネットとオクラを摩擦することで外側の産毛が落ちます。

その2:オクラの水気を切り、縦半分にカットする。

003

その3:長芋は皮を剥き、斜めに輪切りする。

004POINT:長芋を扱う前に酢水に手を浸すと、かゆみが発生しません。

その4:フライパンに油(分量外)を熱し、中火でオクラと長芋を炒める。

005POINT:オクラは写真のように、切った断面を鍋底に当てるようにして先に焼くと、余分な粘りが落ち食べやすくなります。

その5:両面に焦げ目がついたら、醤油・酒をふりかける。

006POINT:中火の鍋に醤油を入れると、すぐに蒸発してほんのり香ばしくなります。弱火にしないで、中火のまま手早く混ぜるのが美味しさのポイントです。

その6:醤油・酒の水分が飛んだらすぐに火を止め、バターを加えて混ぜ、予熱で溶かす。

007POINT:バターは火を止めてから加えましょう。加熱されないことで、香りが少量でも強く残ります。

その7:お好みで塩・胡椒をまぶし、器に盛り完成!

008

夏野菜はよく冷えたお酒と相性ばっちり。野菜だけなのに、少量のバターで絡めているので味はとてもこっくりとして濃厚です。

ほんのり香ばしい醤油の香りも良く、焼いた長芋のシャクシャクとした食感が楽しいです。

焼きオクラも生のネバネバとはひと味ちがう表情を見せるので、馴染みのある食材なのに真新しい味になっていて、満足度の高いおつまみですよ。

お酒はポリフェノールがたっぷり入っている赤ワインや、カリウムが豊富でデトックス効果のある白ワイン糖分がなくプリン体が少ない焼酎がオススメですよ!

焼酎は飲みなれないという方も、炭酸水で割ってレモンを絞ると、女性も飲みやすいさっぱりとしたカクテル感覚で楽しめます。

「どうしてもビールが好き!」という方は、最近は糖質オフの発泡酒があるので、それを上手に取り入れてみると良いかもしれません。

今年の夏は、美味しくヘルシーにお酒を楽しみましょう!