ホーム > コラム > 知識・雑学 > 実際のところはどうなの?スポーツドリンクと酔いの関連性

実際のところはどうなの?スポーツドリンクと酔いの関連性

出典:flickr.com

スポーツドリンクで悪酔いするという噂は本当でしょうか。お酒には利尿作用があるので、スポーツドリンクで水分を補いたくなりますが、悪酔いするというのが本当であれば困りますね。この記事ではそういわれる理由についてお話したいと思います。

 

お酒とスポーツドリンクは悪魔の組み合わせ?

スポーツドリンクの性質

sec_01_fig_02-1


出典:ポカリスエット
スポーツドリンクは清涼飲料水の一種で、糖分やミネラルが加えられた飲料で、汗をかいて失われた成分を補給することができます。
 
そのなかで体液に近いものをアイソトニック飲料といい、100mlあたりの栄養成分はエネルギ20~25kcal、炭水化物5~6g、ナトリウム40~50mg、カリウム10~20mg、マグネシウム1gぐらいです。代表的な商品はポカリスエットやアクエリアスです。

スポーツドリンクはアルコールの吸収促進剤?

splashing-275950_640


農畜産業振興機構2010年10月5日の記事「スポーツドリンクと糖質」によると、ブドウ糖またはナトリウムだけの溶液より、それら両方を含んだ溶液のほうが、水分が早く吸収されることが実験で明らかになっています。糖質やナトリウムがあると、腸でそれらが吸収されるときに、水分も級数されやすくなるという仕組みです。
 
スポーツドリンクとともにアルコールが早く吸収されるかは、この実験からは分かりません。しかし、スポーツドリンクは水分が体に吸収されやすく設計されているので、お酒と一緒に飲むとアルコールが早く吸収されて悪良いすると言われたのだと思われます。
 
ちなみに、甘いお酒ほどアルコールが早く吸収されるのかという疑問が生じますが、この記事によると、糖質濃度が10%以上であれば、胃から腸に飲料が送り出される速度は遅くなるということなので、違うようです。

スポーツドリンクは飲んだ後に飲もう!

bottles-60474_640


カラダ@イーウーマンの記事によると、石川雅仁氏は、アイソトニック飲料はスポーツをする前に飲むのが良く、運動中や運動後は低浸透圧のハイポトニック飲料を飲むのが吸収されやすいと話しています。
 
このことから考えると、お酒を飲んだ後に体内の水分が少なくなっている状態でアイソトニック飲料を飲んでも、吸収されにくいのではないかと思われます。
 
理論的には、お酒を飲んでもたくさん汗をかいてミネラルを失うわけではなく、糖質やミネラルは食事で摂るので、スポーツドリンクで糖質やミネラルを補給しなくてもよいということになります。しかし、脱水症状にならないよう水分は補給してください。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ