TOP / ニュース / 新商品 / 清酒造り400年の東亜酒造が羽生蒸溜所復活!記念のウイスキーニューポットを販売

東亜酒造から、プロジェクト「清酒造り400年の東亜酒造が羽生蒸溜所復活!記念のウイスキーニューポットを販売!」が、2021年4月11日(日)13:00~5月30日(日)18:00にて、応援購入サービスMakuakeで実施中です。

プロジェクト「清酒造り400年の東亜酒造が羽生蒸溜所復活!記念のウイスキーニューポットを販売!」は、手書きの設計図を基に、東亜酒造が20年ぶりに自社蒸溜を再開し造った、樽に入れる前の蒸溜したてのウイスキーのニューポットを先行発売する企画です。

そもそも「ニューポット」とは、蒸溜直後に得られたウイスキーの原液のことを指し、熟成し琥珀色に色づいたウイスキーとは異なり無色透明で、生まれたてのアルコールの鋭さが特徴。同プロジェクトでは、ノンピートと麦芽にピートの香りを纏わせたピーテッドの2種類のニューポットを用意しているそう。

また、今回限定でゴールデンホース【武蔵】【武州】の特別ラベル、ゴールデンホースのエンブレムを刻印したテイスティンググラス2種もリターン商品として用意しているとのことなので、機になる方は是非、応援購入してみてください!

東亜酒造についてはこちら

Makuakeプロジェクトについて

プロジェクト名 清酒造り400年の東亜酒造が羽生蒸溜所復活!記念のウイスキーニューポットを販売!
期間 2021年4月11日(日)13:00~5月30日(日)18:00
URL https://www.makuake.com/project/toashuzo/