ホーム > ニュース > 新商品 > 閉鎖された蒸留所の"幻のウイスキー"「ポートエレン 39年」新発売!
2019.5.1
新商品

閉鎖された蒸留所の"幻のウイスキー"「ポートエレン 39年」新発売!

MHD モエ ヘネシー ディアジオから、「ポートエレン 39年」が、2019年4月23日(火)より発売されています。

1825年に創業したポートエレン蒸留所。1983年に惜しまれつつ閉鎖したものの、アイラ島らしいスモーキーさで根強い人気があり、2021年には再稼働を予定しているのだそう。

今回はそんなポートエレンのマスターディスティラー(蒸留責任者)が、唯一無二のポートエレンを表現するために、希少な貯蔵樽の中からアメリカンオークとヨーロピアンオークのリフィル樽を厳選し、閉鎖前の歴史を知る最後の機会のうちの一つとして「ポートエレン 39年」をリリース。

限りがあることから"幻のウイスキー"とも呼ばれている、閉鎖前の原酒は、熟成年数が長くなることでその価値も年々高まっています。

非常に高価で手が出しづらい一品ですが、ウイスキー好きは是非とも知っておきたい味わいではないでしょうか?詳しくはこちら

商品概要

商品名 ポートエレン 39年(Port Ellen 39YO)
容量 700ml
価格 548,000円(税抜)
アルコール度数 50.9度
店頭販売開始日 2019年4月23日(火)
専用ギフトボックスつき
※購入については、お酒の専門店に要問い合わせ。
この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

nomoooニュース

nomoooニュース

nomoooで最新のお酒ニュース情報をお届けします。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation