TOP / お酒を選ぶ / ウイスキー / ウイスキー好きなら知っておきたい!ウイスキーに関する資格・検定をご紹介

お試しで腕試し

ウイスキー検定」と「ウイスキーコニサー資格認定試験」について説明させていただきました。

「実際にどんな問題が出るの?」と気になった方もいるはず・・!

ということで、「ウイスキー検定」のHPで公開されている、3級と2級の過去問題をそれぞれ5問出題します。全問正解を目指して解いてみてください!

※答えは下記に記載

3級

【問1】
酒は醸造酒、蒸留酒、混成酒の3つに分類できるが、ウイスキーと同じ蒸留酒に分類される酒はどれか。次の中から1つ選べ。

  1. ビール
  2. マッコリ
  3. ジン
  4. リキュール

【問2】
果実や穀物を原料に酵母で発酵させたのが醸造酒だが、醸造酒は別名何と呼ばれるか。次の中から1つ選べ。

  1. 発泡酒
  2. 発酵種
  3. 雑酒
  4. 合成酒

【問3】
蒸留酒はアルコールを含んだ溶液を蒸留することでアルコール度数を高めたものだが、その蒸留酒のことを英語で何というか。次の中から1つ選べ。

  1. ウォッシュ
  2. スピリッツ
  3. マッシュ
  4. ミード

【問4】
ウイスキーの原料として使われないものはどれか。次の中から1つ選べ。

  1. ライ麦
  2. トウモロコシ
  3. 小麦
  4. リンゴ

【問5】
ウイスキーは琥珀色をしていることから「ブラウンスピリッツ」とも呼ばれるが、ウイスキーと同様「ブラウンスピリッツ」に分類されるのはどれか。次の中から1つ選べ。

  1. ジン
  2. ウォッカ
  3. ブランデー
  4. マッコリ

2級

【問1】
発酵は酵母(イースト菌)がブドウ糖や麦芽糖などの糖分を食べて(資化して)アルコールと二酸炭素に分解する作用のことである。この酵母の学名は何か。次の中から1つ選べ。

  1. サッカロミセス・セレビシアエ
  2. サッカロミセス・サケイースト
  3. サッカロミセス・エールビシアエ
  4. サッカロミセス・アクアヴィテ

【問2】
次の中でスコッチウイスキーに分類されないものはどれか。1つ選べ。

  1. バランタイン
  2. ウッドフォードリザーブ
  3. ホワイト&マッカイ
  4. グレンキンチー

【問3】
次の中で蒸留酒でないものはどれか。1つ選べ。

  1. 泡盛
  2. ブランデー
  3. キルシュ
  4. シードル

【問4】
1960年代後半に登場して、「スコットランド産大麦に革命をもたらした」と言われた品種は何か。次の中から1つ選べ。

  1. ベア種
  2. オプティック種
  3. マリスオッター種
  4. ゴールデンプロミス種

【問5】
世界の5大ウイスキーとその種類の組み合わせで間違っているものはどれか。次の中から1つ選べ。

  1. アイリッシュ--ピュアポットスチルウイスキー
  2. カナディアン--ベースウイスキー
  3. ジャパニーズ--フレーバリングウイスキー
  4. スコッチ--グレーンウイスキー

 

 

 

 

 

答え
【3級】3、2、2、4、3
【2級】1、2、4、4、3

もっと勉強したい!

腕試しの結果はどうでしたか?全問正解出来ましたか?

今回紹介したのは、試験問題のほんの一部。まだまだ、ウイスキーの知識は山ほどあります。

ということで最後に、「ウイスキー検定」と「ウイスキーコニサー資格認定試験」で役に立つテキストをそれぞれ紹介させていただきます。

試験を受けたくなった!」という方から、「試験はお金がかかるから嫌だけど、もっともっとウイスキーについて勉強したい!」という方まで、どなたにもオススメできる本です。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

新版 ウイスキー検定公式テキスト&過去問題集

ウイスキー検定」1〜3級までの知識に対応しているテキスト。

ウイスキー文化研究所の土屋守氏が、自ら訪れて学んだ蒸溜所の情報を元に監修されたもの。

受験者必見です!

created by Rinker
小学館
¥2,420 (2021/12/01 09:41:56時点 Amazon調べ-詳細)

ウイスキー完全バイブル

5大ウイスキーの歴史や、人気銘柄を網羅。

代表的な銘柄にはテイスティングノートが記載されています。

またネタになるような面白いウイスキートリビアも盛り込まれた、勉強用から趣味としての一冊としてオススメできる本です。

created by Rinker
¥1,650 (2021/12/01 09:41:56時点 Amazon調べ-詳細)

ウイスキーコニサー資格認定試験 教本2018 上巻

ウイスキーコニサー資格認定試験」もテキストや過去問題集の販売がされています。

難易度の高い試験なので、しっかり勉強してから受験しましょう!

まとめ

ウイスキーを趣味として楽しみたいなら「ウイスキー検定」、職業柄資格として役立てたいなら「ウイスキーコニサー資格認定試験」の受験がおすすめです。

より知識をつければ、実際に飲んだ時にその一杯をより深く理解することができます。

気になる方は、ぜひ腕試ししてみてくださいね!