TOP / お酒を選ぶ / ワイン / 【ソムリエコラム】ワインに入ってる「酸化防止剤」ってどんなもの?身体への影響は?

「酸化防止剤無添加ワイン」ってどうなの?

安いし健康に良さそう?

「酸化防止剤無添加」という文字から、いかにも健康に良さそうなイメージを受けるのではないでしょうか。
しかし前述したように、酸化防止剤にはほとんど人体に影響はありません。ただ、影響が全くないというわけでもないので特別健康に良いとも言えないのです。

また酸化防止剤無添加ワインの普及は、ワインの微生物管理の進歩の賜物と言うこともできますが、安く買えるものの中には加熱殺菌されているようなワインがあるのも事実。そのようなワインからは、ブドウ本来の個性やテロワールなどを感じ取ることは難しいのではないでしょうか。

ビオワインやオーガニックワインとの違い

近年、健康志向が高まっている影響から、ビオワインやオーガニックワインを多く見かけるようになりました。このようなワインも酸化防止剤が入ってないように思われがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。

ビオワインやオーガニックワインの場合、化学肥料を使わずに有機栽培されたブドウを使用していますが、酸化防止剤が添加されているものもあります。

もしアレルギーや健康志向の方で酸化防止剤が添加されていないワインを探すようであれば、「酸化防止剤無添加」と明記されているものを選ぶようにしましょう。

まとめ

このように、酸化防止剤はほとんど健康に影響を及ぼさないと言えるので、心配せずに心置きなくワインを楽しんでくださいね。

ただし、アルコールの摂り過ぎは間違いなく健康に害が出るので、心配するならむしろ飲みすぎに注意しましょう!