ホーム > コラム > 知識・雑学 > なかなか手に入らない幻の泡盛!?「カリー春雨」の魅力に迫る
2018.11.1
焼酎

なかなか手に入らない幻の泡盛!?「カリー春雨」の魅力に迫る

カリー春雨だけじゃない!おすすめの春雨をご紹介

宮里酒造場の泡盛は、バニラのような甘い香りと、バランスのとれたやわらかな味わいが特徴。
古くも香り高く、強くもまろやかに、からくもあまい酒」と詠われ、その美味しさがまじまじとイメージできます。

「カリー春雨」をはじめとした、オススメの「春雨」をいくつかご紹介します。

カリー春雨 30度

スタンダード銘柄!一般酒でありながら、古酒のように口当たりなめらかな酒です。オン・ザ・ロックでいただくのがおすすめ。

春雨 マイルド 25度

深みのある味わいと、コクを生み出す老麹を使用。華やかで洗練された香りと柔らかい甘さが特徴のみずみずしい味わいが特徴です。

喉越しさっぱりなので、食中酒にもぴったり!

春雨 11年古酒 43度

11年物の古酒。アルコールの角が取れ、華やかな香りと深いコク…。お酒好きなら一度は飲むべし。

購入はコチラから

まとめ

沖縄の小規模な酒造が造る、美味い酒。それは戦後の復興と沖縄の発展の祈りを込めた泡盛でした。

「春雨」自体、非常にレアな泡盛。見かけた際は、ぜひ購入してその味わいを楽しんでみてください!

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ほしちゃん

ほしちゃん

都内の某女子大に通っているラーメンとお酒が好きな女子大生。ビールと日本酒が好き!浅草・上野エリアに出没中!!!週3でラーメン食べてます!!

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation