ホーム > レシピ > おつまみ > 【レシピ】ビールにぴったり!エスニックな香り漂う「小松菜のナンプラー炒め」
2018.11.7
おつまみ

【レシピ】ビールにぴったり!エスニックな香り漂う「小松菜のナンプラー炒め」

こんにちは、haruka(@haruka_p_foodie)です。

今回は簡単に作れてしかも美味しい「小松菜のナンプラー炒め」をご紹介します。

このおつまみの決め手は、何といってもエスニック調味料の定番ナンプラー

ナンプラーはタイの魚醤、つまり生魚を塩漬けにして発酵させたときにできる液体です。

独特な香りがしますが魚の旨味が凝縮されておりいつもの料理にひと足しするだけでコクと深みを与えてくれます。

サッと火を通すだけでOKな小松菜でエスニック料理店のおつまみにもありそうな一品を作ります。

材料

小松菜 1袋
ごま油 大さじ2
にんにく(みじん切り) 2カケ
鶏がらスープの素 小さじ1
ナンプラー 小さじ1
飲みたくなるお酒  ビール、焼酎

 

作り方

①小松菜をよく洗い、長さ3㎝サイズに切る。

②ごま油とニンニクを中火にかける。

みじん切りのニンニクはすぐ焦げ付くので、火をつける前にごま油とにんにくをフライパンに入れること。

③ニンニクの香りが立ったら小松菜を入れる。

④全体に味をなじませる。

小松菜の状態によって水分が足らず調味料がうまくなじまない場合は、お酒を大さじ1足してもOK

水分がある程度飛んだら完成!

普段の炒め物にお醤油や鰹節ではなくニンニクとナンプラーを使うだけでエスニック料理に早変わり。

とっても簡単なのでサッと作ってシンハーなどのアジア系ビールと合わせてみてくださいね。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

haruka

haruka

食べるのも呑むのも大好き。旅行にいくと新しい食の発見に興奮し、その食欲は更にスパークする傾向がある。「毎晩自宅で手酌酒」が合言葉。好きが高じて【港区に復活した酒蔵】にて販売スタッフのお手伝いもしています。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation